TOEIC

TOEICの有効期限が2年の噂【※就活では2年過ぎると危険です】

投稿日:

yuki

TOEICの有効期限が2年ってホント?

就活や履歴書に2年以上のスコアを書いてOK?

企業がTOEICの有効期限を決めることってある?

 

今回は、こういった疑問について答えてきます。

 

TOEICに「有効期限」があるのかどうか気になる人は多いと思います。

せっかく取ったスコアが実は無効です、って言われたら就活や履歴書でアピールできませんからね。

なので有効期限について、正しい情報を知っておくことは大切です。

 

そこで今回のテーマは

  1. TOEICの有効期限は「ない」というお話
  2. 就活や履歴書で2年前のスコアは危険
  3. TOEICの有効期限に関するQ&Aまとめ

この3点について。

 

就活を控えている大学生、転職を考えている社会人の人はとくに参考にしてください。

 

TOEICの有効期限は「ない」というお話

①TOEIC自体に「有効期限はない」です

まず結論から言うと、TOEICのスコア自体に「有効期限はない」です。

1年前も、5年前も、10年前でも自分が取ったスコアが「無効」になることはありません。

 

とはいえ、有効期限がない=いつでも使えるっていうのもまた違う話になってきます。

そこについては後で触れます。

 

その前に、一般的に「TOEICの有効期限は2年」と言われてる理由についても解説しますね。

 

②認定証の再発行は「2年以内のスコア」ならOK

TOEICのスコアは、一定期間の間のものであれば「再発行」してもらえます。

その期限が「2年」というわけです。

 

つまり、もしも2年間に取ったスコアを「就活」や「履歴書」で使いたい方は注意です。

企業によっては「証明証を出してほしい」ってところもあるので。。。

 

過去に取った成績を無くしてる人は、再発行しておくといいですね。

 

就活や履歴書で2年前のスコアは危険

TOEICには有効期限はないですが、就活や履歴書で「2年前のスコアを書くのは危険」です。

 

その理由は3つ。

  1. 認定証を再発行してもらえなくなる
  2. 企業によっては「2年以内のスコア」が条件に
  3. 入社後にTOEICを受ける可能性がある

それぞれ順番に解説します。

 

①認定証を再発行してもらえない

1つ目は、始めにも言ったように「認定証の再発行ができなくなる」から。

別に認定証もかならず無いとダメってわけでもないですが...

とはいえ、受ける企業によっては求められるケースもあるので。

 

ちょっと言葉を選ばずに言うと、TOEICのスコアって「自己申告」で済むんですよね。

というのも、TOEICに疎い人であればそのまま信じてしまうから。

 

一方で、TOEICのことを知ってる人であれば「証明証」を求めてきます。

証明証は「偽造できない」ので、嘘かどうかを見分ける判断材料になりますからね。

 

②企業によっては「2年以内のスコア」が条件に

2つ目は、企業によって「2年以内のスコアが条件」になってるから。

大手や、英語を使うといった企業では覚えておきたいところ。

 

2年以内にこだわるのは「TOEICの傾向が変化しているから」だと思います。

実際、TOEICでは2016年以降、形式が新しくなりました。

その後は変わってませんが、問題の難易度が上がったり、昔のスコアがあてにならないことも起きてます。

 

そうなると「2年以上のスコア=今のスコア」とは限らないってことになります。

そういう意味でも、昔すぎるスコアをあてにするのは危険ですね。

 

③入社後にTOEICを受ける可能性がある

3つ目は、入社後に「確認をかねてTOEICを受ける可能性がある」から。

入社後、内定式のあとなど、場所によってかわりますが...

 

1回高得点を取った人は、特に注意ですね。

上でも言いましたが、TOEICでは問題の傾向がよく変わったりするので。

当時の感覚で解いてると、意外と点が取れなかったなんてことも珍しくないです。

 

加えて「抜き打ち」でやるところもあるので、最後に受けたのが昔すぎる人は、復習しておくのがいいですよ。

 

TOEICの有効期限に関するQ&Aまとめ

 

最後に、TOEICの有効期限に関するQ&Aをまとめました。

1つの参考程度に見てもらえればと思います。

 

①過去のTOEICの受験履歴ってわかるの?

「2年以内のスコア」であれば確認できます。

2年以上、経過した情報は「消去」されるので注意が必要です。

 

TOEICの公式に問い合わせたりしても、教えてもらえない点も覚えておきましょう。

 

②TOEICを再発行したらいつ届くの?

再発行に必要な書類が到着して「4営業日以内」に届きます。

ちなみに「土日を含まない」ので、提出期限が決まってる人は、申込むタイミングは考える必要があります。

 

そして再発行の手続きは「発行に必要な料金の支払いが完了」してからです。

試験センターは「9時~17時」までなので、ギリギリだと翌日に支払いが完了となりやすいかと。

 

③TOEICの有効期限を設けてる企業ってどこ?

結論をいうと「企業によって違うので、確認するべき」です。

企業によって、英語力に対する考え方や重要度は違うので。

 

就活サイトや説明会、公式ページなど、確認できる方法はいろいろあるので、1度チェックしておきましょう。

※中小企業とかだと、あまり指定はない印象で、大手は少なからず指定してる印象

 

【まとめ】TOEICに有効期限はないけど油断は禁物【※就活や転職では要注意】

今回の内容をまとめます。

  • TOEICの有効期限は「ない」
  • 2年間は「再発行できる期限」のこと
  • 古いスコアだと評価されない可能性も
  • 企業によっては有効期限を指定する場所も

 

TOEICには有効期限はありませんが、実質「期限がある」のも間違いではありません。

やはり「新鮮なスコア」の方が、信頼もされますし、試験自体もどんどん傾向が変わってますからね。

自分の英語力をアピールするなら「最近のスコアを使う」のは合理的だと思います。

 

とはいえ、企業によって考え方が違うので、そこは柔軟にどうするか決めてもらえればOKだと思いますよ。

 

-TOEIC

Copyright© マナビッシュ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.