TOEIC(勉強法)

大学生向けTOEICの勉強法【※参考書の使い方がマジで大事な件】

投稿日:

yuki

大学生になってTOEICに興味を持ったけど...

具体的にどう勉強するのが良いんだろう?

就活や大学院で必要になるし、勉強法を教えてほしい

 

こんな悩みに答えていこうと思います。

 

ここで話すテーマは以下のとおり。

  1. 大学生向けのTOEIC勉強法【※参考書の使い方がマジで大事な件】
  2. 大学生は参考書をアレコレ買う必要ナシ【※お金の無駄】
  3. 大学生TOEICのユーチューブ動画を見ておこう【※特に初心者】

 

大学生になって「TOEIC」に興味を持つ、必要になる人は多いと思います。

就活で英語力のアピールになるし、大学院に進む上で必要になることが多いからです。

とはいえ、TOEICがそもそもどんな試験かわからないので、勉強法で悩む大学生も多いハズ。

 

ということで、ここでは「大学生向けのTOEIC勉強法」について解説します。

「勉強法に大学生も社会人も関係ないのでは?」と思われがちですが、意外とそうでもないですよ。

今回は学生向け、学生の利点にフォーカスして勉強法を紹介していきますね。

 

大学生向けのTOEIC勉強法【※参考書の使い方がマジで大事な件】

これからTOEICの勉強をする大学生は、この3点を知っておきましょう。

  1. 「問題を解く→答え合わせ」で終わるのはNG
  2. 参考書は「カンペキにする」つもりで回す
  3. 英語初心者は「解説が優しい」参考書を選ぶべき

僕の経験上、参考書の使い方はホント大事ですよ。

 

①「問題を解く→答え合わせ」で終わるのはNG

当たり前かもしれませんが、TOEICの勉強法として「問題を解く→答え合わせ」これで終わるのはNGです。

まず間違いなくスコアは伸びにくくなります(※僕の経験上)。

 

というのも、TOEICの点が伸びるかどうかは「解いたあとの見直し&復習」ここにかけた時間がものを言うから。

単純にTOEICって「リスニング」と「リーディング」があるのですが、それぞれ勉強法というか復習法も少し変わってくるんですよね。

リスニングに関しては「耳で何度も聞く」ことでかなり効果を実感できると思いますよ。

 

例えば僕の場合はこんな感じの勉強法を取り入れてます。

  • リスニング:音声を使って「シャドーイング&暗唱」を徹底的にやる
  • リーディング:「知らない単語&表現をなくす&音読」を徹底的にやる

僕は特にリスニング力に問題ありなので、リスニングの復習にはかなり時間を使ってますね...

 

正直、TOEICの勉強は復習も含めてかなり時間がかかると思います。

とはいえ、かけた分の効果はあとからしっかりと付いてきます。

1~2周間で挫折してしまう人もいますが、ここはちょっと辛抱して頑張ってください。

 

②参考書は「カンペキにする」つもりで回す

次に大事なのは「参考書はカンペキにするつもりで回す」こと。

少なくとも「この参考書に出てくる単語や表現は理解している」レベルまでやり込むべきです。

 

というのも「参考書の問題を○周やった!」これにあまり意味を持たないから。

大事なのは「参考書に出てる英語を理解できてるか?」であって、参考書を回した数ではないですからね。

僕も初めは同じミスをしてましたが、長く勉強するうちに自分の間違いに気づけました。

 

ちなみに「模試1回分」をカンペキにするだけでも、かなり大変だし、時間もかかると思います。

その日に覚えた単語や表現、聞き取りが出来たものも時間が少しすぎると「忘れてる」ケースもあるので。

 

③英語初心者は「解説が優しい」参考書を選ぶべき

英語の初心者、苦手な人は「解説が優しい参考書を選ぶべき」です。

理由はいうまでもなく「解説読んでもわからない」ってなると、点数が思うように伸びなくなるから。

あとはシンプルに「勉強するモチベ」も下がりますからね。

 

実はTOEICの参考書の中にも、合う合わないが結構はげしいです。

  • もうちょっとこの問題の解説を詳しくしてほしい...
  • この問題って「A」じゃなくて「C」でも正解では?
  • 実際、どうアプローチして正解を導き出せるの?

などなど、人によって解説が不親切だったり、自分が知らないことが「前提知識」になってることもあります。

 

なので、英語の初心者ほど「解説がしっかりされてる参考書」を選ぶといいですよ。

ある程度、自分で考えられる人は公式問題集あたりから始めてOKかと。

逆に不安な人は、本屋にいって「中身を読んで決める」のがベストです。

 

大学生は参考書をアレコレ買う必要ナシ【※お金の無駄】

大学生がTOEICの勉強をするときは「参考書を買いすぎない」ようにしましょう。

理由はシンプルに「お金の無駄になる」から。

もちろん、ある程度の投資は必要なのですが「あれもこれも買っちゃえ」というのはおすすめしません。

 

ネットで「TOEIC向けの参考書」をググると、いくらでも情報は出てきますが...

正直いうと僕は「本屋に実際にいって自分に合うものを探す」のが1番ベストだと思います。

 

ぶっちゃけ、ここで「これがいいよ!」という参考書は紹介できますが...

そもそも僕とみなさんで「英語力」が違いますし、どうしても参考書の「合う・合わない」はあるので。

実際に自分の目でみて買うほうが、結果的に使うお金も最小限で済みますからね。

 

大学生が見るべきTOEICのユーチューブ動画【※必見】

最後に僕がオススメする「TOEICのユーチューブ動画」も紹介しておきます。

  • TOEICとはどんなテストなのか
  • パート別の勉強法や解き方

この辺を最低限でもいいので知っておきたい人は必見ですよ。

 

TOEIC向けのユーチューブ動画

 

【まとめ】大学生は「同じ参考書を使い回す」のがオススメ【※時間は取れると思う】

今回の内容をまとめます。

  1. 参考書は「解く→答え合わせ」だけで終わらない
  2. 参考書は「中身をカンペキにする」までやり込む
  3. 初心者ほど「解説が優しいもの」を選ぶべき
  4. 大学生は参考書をアレコレ買う必要ナシ(※お金の無駄)
  5. TOEICユーチューブ動画を見るのもオススメ

 

はじめでも言いましたが、TOEICの勉強で大事なのは「参考書をやり込むこと」です。

時間こそかかりますが、大学生は社会人よりも「勉強時間」は確保しやすいほうだと思います。

なので、いろんな参考書にアレコレ手を出す前に、しっかり着実に英語力を鍛えられるハズ。

 

もちろんもともと英語力があれば、どんどん問題を解いて演習するのが1番ですが。

いまだに600点台の僕は、まだまだ力不足なので同じ問題集をじっくりやってる感じですね。

TOEICに限りませんが、勉強では「時間あることがとにかく武器」なので、大学生はかなり有利ですよ。

 

-TOEIC(勉強法)

Copyright© マナビッシュ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.