TOEICの解き方と順番【※時間配分やコツをパート別に解説します】

TOEICの解き方と順番【※時間配分やコツをパート別に解説します】 photo 0

「TOEICの解き方を知りたい」

「リーディングの順番ってどうすれば?」

「時間配分のコツもパート別に知りたい」

 

今回は「TOEICの解き方と解く順番」について解説します。

慣れない間って「どういう順番で解けばいいの?」って気になると思います。

また、各パートの時間配分がよく分からない人もいるかもしれません。

 

そこで今回のテーマは

  1. TOEICの解き方と順番【※パート別に】
  2. 時間配分やそのコツ

この2点についてです。

 

ぜひ今後のTOEICを解くときの参考にしてください。

 

もくじ

  • TOEICの解き方と順番【※パート別に】
    • 【Part1】解き方と順番
      • ①上から「消去法」で答えを絞る
      • ②悩んだら「適当にマーク」して次に
    • 【Part2】解き方と順番
      • ①Part1同様、消去法で答えを絞る
      • ②迷ったら「適当にマーク」すること
    • 【Part3】解き方と順番
      • ①必ず「設問を先読み」する【※選択肢は原則無視】
      • ②基本は「3問目の音声→次の先読み」をする
      • ③迷った問題は「捨てる」強さを持つ
      • ④聞きながら解くのは原則NG【※人次第】
    • 【Part4】解き方と順番
      • ①解き方は「Part3」と同じでOK
      • ②1問より「次の3問を取る」つもりで
    • 【Part5】解き方と順番
      • ①まず「選択肢」に軽く目を通す
      • ②問題文を頭からサラッと見る
      • ③基本、日本語で考えず「形で解く」
      • ④訳すのは「副詞・語彙問題」だけ
    • 【Part6】解き方と順番
      • ①長文を頭から読んでいく
      • ②空欄まで来たら「選択肢」を見る
      • ③「文の挿入問題」は場所に応じて対処
    • 【Part7】解き方と順番
      • ①普通にシングルから解く【※私の場合】
      • ②先に「設問」を見てから本文へ
      • ③選択肢は基本見ない【※例外あります】
  • 時間配分やコツ【※リーディング】
  • 【まとめ】解き方は「数やって慣れる」のが1番【※知ってると出来るは違います】

TOEICの解き方と順番【※パート別に】

各パート別に解き方と順番を解説します。

※「合う合わない」あるので、何度か練習問題で試すことをおすすめします

 

【Part1】解き方と順番

①上から「消去法」で答えを絞る

Part1の解き方はシンプルで

上から選択肢を「消去法」で絞っていく

この方法が1番解きやすいです。

 

なぜかというと、Part1は

  • 1つ1つの英文が短い&聞きやすい
  • 正解・不正解がハッキリしている

こういった特徴があるから。

 

よくあるパターンとして

「写真に関係ない・出てこない単語」

これが聞こえると、すぐに選択肢から外せますよね。

 

Part1は特別な解き方はありません。

順番に、聞こえてきた英文を聞いて、選択肢を絞っていくのが無難かと思います。

(※最悪迷っても、不正解を弾いておけば、勘で当たる可能性も上がるので…)

 

②悩んだら「適当にマーク」して次に

「悩んだら適当にマークして次に行く」

これはPart1のみならず、リスニング全般で意識しましょう。

 

理由は言うまでもなく

次の問題の音声を聞き逃す恐れがあるから

 

リスニングは音声が「1回」しか流れません。

1問のために次の問題まで落とすのは良くないので…

迷ったら、適当にマークして進んでしまいましょう。

(※このために消去法をオススメしてます)

 

【Part2】解き方と順番

①Part1同様、消去法で答えを絞る

「選択肢を消去法で絞っていく」

これはPart1と変わりません。

 

Part2は「選択肢が3つしか無い」ので、消去法もより効果的です。

明らかに違うものを1つでも消せれば、正答率は跳ね上がります。

 

疑問文であれば、最初の疑問詞で答えをある程度、想像できます。

いきなり答えを探すのではなく「違う選択肢を消していく」解き方がPart2ではオススメですよ。

 

②迷ったら「適当にマーク」すること

これもPart1と変わりません。

 

リスニングパートで意識するのは

迷う1問より「後の問題を取りにいく」

ということ。

 

迷ってもわからない時はわからないので…

時にはスパッと捨てる勇気を持っておきましょう。

 

【Part3】解き方と順番

①必ず「設問を先読み」する【※選択肢は原則無視】

Part3でまずやることは

「必ず設問を先読みして、音声を聞く」

ということ。

 

先読みが必要な理由は

  • 設問で聞かれる内容がわかる
  • 集中して聞くべきことがわかる

こういうメリットがあるからです。

 

音声を集中して聞くためにも、先読みは必ずしましょう。

 

②基本は「3問目の音声→次の先読み」をする

先読みをする時間を作るために

「3問目の音声が流れるとき」

に次の問題の先読みをするようにします。

 

おおよそですが、設問の3つ目が流れて、選択肢を読み終えるまで「12~13秒」くらいの時間があります。

この時間を次の問題の先読みに宛てます。

 

これを意識して「テンポよく問題を解いていく」流れがPart3では重要になってくるんです。

 

③迷った問題は「捨てる」強さを持つ

Part3からはPart1~2以上に

迷った問題は捨てる(適当にマークする)

という強さが必要になってきます。

TOEICの解き方と順番【※時間配分やコツをパート別に解説します】 photo 1

 

理由はいうまでもなく

次の問題の「先読み」が難しくなるから

 

1問のために、次の問題を3つとも落とす方が致命的なので…

Part3からは、なるべく迷った問題は潔く捨てるメンタルが大事です。

 

④聞きながら解くのは原則NG【※人次第】

好みの問題もありますが…リスニングでは

「聞きながら設問を解いていく」

これはあまりオススメしません。

 

私もそうですが、設問見ながら音声を集中して聞くのはハードです。

リスニングが得意な人は、問題ありませんが、王道ではないのかなと。

 

これは実際に、両方試して「自分がやりやすい方で解く」のが1番だと思います。

 

【Part4】解き方と順番

①解き方は「Part3」と同じでOK

Part4もPart3と解き方は変わりません。

 

  1. 先読みを必ずする
  2. 先読みが出来る時間を必ず確保
  3. 迷った問題は適当にマークして次に

 

この3つを守って望んでもらえればOKです。

 

②1問より「次の3問を取る」つもりで

高スコアを取る人にありがちなのが

「どの問題もしっかり取りに行かないと…」

と思いがちですが、逆効果です。

 

上でも言ったように、1問のために次の3問を取り逃すほうがダメージが大きいです。

(※逆にスコアを減らす原因にしかなりません)

 

なので、どのスコアを目指す人も

「1問よりも次の3問をしっかり取りにいく」

これを意識してもらえればと思います。

 

【Part5】解き方と順番

①まず「選択肢」に軽く目を通す

Part5の解き方としてまず

選択肢に軽く目を通す

ということ。

 

理由は簡単で

何の知識が問われる問題なのか判断するため

 

具体的な例を言うと、選択肢を見たとき

  • who・where・when・that
  • be・will be・being・to be
  • reject・intend・consider・practice

これを見たときに「何の知識が聞かれてるんだろう?」か判断します。

 

これが分かるようになると、Part5は早く解くことにも繋がります。

 

②問題文を頭からサラッと見る

選択肢を軽く見たら

問題文も頭からサラッと読むようにします

 

空欄の前後だけ見ない理由は

引っ掛け問題に引っかからないため

 

私が以前引っかかったのは

答えが「so that」で済むのに、「so」に気づかずに空欄前後だけで解いてしまったこと。

もちろん空欄の前後だけ見て解ける問題もありますが…

問題によっては、前後だけ見ると逆にハマることもあります。

 

なので、Part5は慣れてない人ほど「サラッと文の全体を見る」のが無難だと思います。

 

③基本、日本語で考えず「形で解く」

Part5の基本的な解き方として

日本語で考えずに形で解いていく

これが中心になってきます。

 

リーディングパートはとにかく「時間が足りない」ので…

少しでも時間を稼ぐために、時間のかかる解き方はやめましょう。

 

実際、文法は「英語のルール」みたいなものですからね。

知っていれば「2~3秒」で解ける問題もあったりします。

 

④訳すのは「副詞・語彙問題」だけ

Part5は形で解けない問題として…

副詞と語彙力を問う問題も出ます。

 

この場合は、形で解くのは無理なので

日本語で考えて文脈に合うものを選ぶ

という解き方をしていきます。

 

これはPart5の問題集を解いていく内に、「形で解けるもの・解けないもの」の区別ができるようになるかなと。

 

【Part6】解き方と順番

①長文を頭から読んでいく

Part6はまず

長文を頭から読んでいく

これが基本の解き方になります。

 

最低限、内容が掴めていないと

文を挿入する問題が解けなくなる

TOEICの解き方と順番【※時間配分やコツをパート別に解説します】 photo 2

ので、軽くでいいので内容は軽く押さえておきましょう。

 

②空欄まで来たら「選択肢」を見る

空欄まで来たら、Part5のように

選択肢をサラッと見て、問題のパターンを把握します。

 

形で解けそうであればそのまま解いてOKです。

文脈の問題とかであれば、一旦スルーして先を読むのも手です。

 

Part6の文法問題は、長文の内容に絡んでくる形式が多いので

長文の内容も合わせて解いていく

のがPart5と大きく違う点かもしれませんね。

 

③「文の挿入問題」は場所に応じて対処

文の挿入問題は

空欄の場所によって対処を変える

のが無難かなと思います。

 

というのも、文の挿入問題って

空欄の場所によって難易度が結構かわってくるから

 

具体的には

  • 文頭:話の内容が分からないので選びにくい
  • 文中:話の展開がまだつかみにくい
  • 最後:展開が大体わかるので選びやすい

こんな感じになるかと。

 

なので、文の前半あたりに空欄があれば「とりあえず読み進める」

後半に来たら「照らし合わせて読む」

これが解きやすいんじゃないかなと思います。

 

【Part7】解き方と順番

①普通にシングルから解く【※私の場合】

Part7の解き方として

普通にシングルから解いていく

私もこの順番で解いています。

 

特にこれといった理由はありません…

Part7を解く順番は「自分がやりやすい順番」でいいと思いますね。

 

リスニングが終わって、余力がある内にエネルギーを使う「トリプル」からやる。

マークずれの不安・トリプルは好きじゃないから「シングル」から始める。

 

これといった正解はないと思うので。

 

②先に「設問」を見てから本文へ

どのパッセージを解くときも

設問を先に読んで本文を読んでいく

私も含め、この解き方を徹底しています。

 

理由はPart3~4と同じで

聞かれる内容を押さえて、本文に集中するためです。

 

ただリスニングと違って

選択肢は後で読んでも困らない

のも事実なので、先に本文から見るという方法もアリです。

 

③選択肢は基本見ない【※例外あります】

長文の解き方として

選択肢は基本見ないで解く

これがPart7を解く上で、やりやすいと思ってます。

 

何故かと言うと

本文の前に余計な情報が入ってしまうから

 

あとは純粋に選択肢まで見ても「内容まで覚えきれない」のもあります。

なので、私も基本的に選択肢までは見ないようにしています。

 

NOT問題は「選択肢を読む」と○

「NOT問題」は、逆に選択肢を読むのがオススメです

■3/4が「正しい情報」

■本文の内容を掴むヒントになる

■違和感がある選択肢を即選べる

こういったメリットがあるからです

 

時間配分やコツ【※リーディング】

時間配分(リーディング)や時間内に解くコツは

Part5の時間配分・コツ

  • 1問を「15秒」前後で解く
  • 日本語に直さない
  • とにかく文法問題をこなす

Part6の時間配分・コツ

  • 10分で解ききることを目標
  • 文の挿入問題は最悪「適当にマーク」
  • ある程度、文を読む早さを鍛える

Part7の時間配分・コツ

  • Part7に「55分」残せる時間配分を
  • 「英文を頭から読んで理解する」力をつける
  • 読み返し・戻り読みはしない(※1回で読み切る)
  • 飛ばし読みはNG

【まとめ】解き方は「数やって慣れる」のが1番【※知ってると出来るは違います】

今回の内容をまとめます。

 

  • 各パートの解き方は最低限知っておこう
  • 知った上で「実際に試す」練習もかなり大事
  • 問題を捨てる判断力も養っておこう

 

TOEICでは「解き方」はもちろん大切なんですが…

実際にそれが出来るかどうか演習することも大切です。

 

頭では分かっていても、いざ解いてると

「思うように先読みが出来なかった」

「捨てる決断がなかなか出来なかった」

「分からない問題に時間をかけすぎた」

こういう失敗や後悔をしてしまうものなので…

 

何度か模試をやって、自分のクセや弱点もメモしておくと良いですね。

 

Оцініть статтю
TOEICの解き方と順番【※時間配分やコツをパート別に解説します】
アニメを英語の字幕つきで見られるサイト7選【※一部無料あり】 photo 0
アニメを英語の字幕つきで見られるサイト7選【※一部無料あり】