TOEIC

TOEICの点数配分(配点)の仕組み【※パート別で目安はわかる?】

投稿日:

yuki

TOEICの点数配分ってどうなってるの?

1問あたりの配点を知りたいです

パート別で目安とかわからないの?

 

TOEICの点数配分ってよくわからないことが多いですよね。

問題用紙に配点が書いてないので、試験が終わってから自分が何点くらいなのかも不明のままです。

 

結論として「TOEICの点数配分はわからない」わけなんですが...

大まかな目安くらいは知りたいハズなので、今回はその方法も含めて解説します。

 

自分のスコアを知る1つの目安として見てもらえたらと思います。

 

TOEICの点数配分の仕組み【※パート別で目安はわかるの?】

冒頭でいきなり結論を言ったので、具体的にどういう仕組になってるのか解説します。

1部ややこしい話もありますが、なるべく噛み砕いて説明しますね。

 

①TOEICの点数配分は「統計」で決まる

まずTOEICの点数配分は「統計」を使って、スコアを出しています。

実際どんな計算や統計をとっているかはわかりません。

 

ただ1つ言えるのは

1問あたりの配点は「採点後にきまる」ということ

TOEIC側は、事前に配点を決めて問題を作ってるわけではないんです。

 

では「なぜそんな方法でスコアを出してるの?」についても合わせてお話します。

 

②なぜ統計?→「正しい英語力」を調べるため

結論からいうと

受験者の正しい英語力を調べるため

これに尽きます。

 

前提として、TOEICの難易度は毎回バラバラです。

簡単な回があれば、その逆もあります。

本来、同じ英語力を持った人であれば、当然「同じくらいのスコア」になるはず。

 

ですが、実際は問題の難易度が毎回変わるために

  • 易しい回はスコアが一気に上がる
  • 問題の難易度が異常にムズすぎる
  • 答えが複数あるような問題
  • 受験者の解釈しだいで答えがわかれる

こういう回や問題があると、スコアの上下が激しくなるので、正しい英語力が計れません。

 

なのでTOEICではややこしい統計をとって、受験者のスコアを出してます。

 

yuki

あまりに正答率が低い問題は「その問題はなかったこと」になります。

間違えた覚えがあるのに、満点だったというのはこのためですね。

 

③点数配分の目安は「問題集」を見ればOK

では

「TOEICはスコアの目安もわからないのか?」

と聞かれればそうではありません。

 

出典:TOEIC究極の模試

自分のスコアの目安を知るなら「問題集のスコア換算表」を見ればOKです。

おそらくTOEICの問題集であれば、基本付いてると思います。

 

もし、大まかでも自分のスコアを知りたい方は上の画像を参考に。

 

パート別に点数配分を知ることはできません

ここまでのお話で分かったと思いますが...

TOEICではパート別の点数配分も知ることは出来ません。

 

出来るのはあくまでも

自分が正解できた数を覚えて換算表でチェックする

ことくらいです。

 

ただ、上の換算表をうまく利用すれば

  • スコア別に必要な正解数
  • リスニング400点に必要なレベル
  • 8割正解したときの総スコア

などなど、必要に応じて自分が目指すスコアの指標にはなるかなと。

 

TOEICは「優先順位」を決めて解くことも大事

正解数に対するスコアが分かると

TOEICは優先順位を決めて解くことが大切

であることも理解できるかと思います。

 

逆に言えば、自分が目標にしているスコアに対して

「何問ミスでも何点は取れる!」

ってことが分かるわけなので、精神的にもリラックスして臨めるハズです。

 

もしもすでに目標にするスコアが決まってる人は、前もってどのパートを優先して取るか決めておくといいですよ。

スコア帯によっては、効率的に勉強することにも繋がりますからね。

 

【まとめ】TOEICの点数配分は「統計」で決まる【スコア換算表を利用しよう】

今回の内容をまとめます。

  • TOEICの点数配分→統計で決まっている
  • 「1問=何点」という決まりはない
  • 換算表でスコアに対する正答数の目安はつく
  • 優先順位を決めて解くことも大事である

私も当時は、TOEICが「1問=5点」だと思ってましたが違うんですね。

 

点数配分が複雑である以上、いかに自分が正解できる問題を解いていくのかは重要です。

悪問を当日に解いても、スコアに影響はないのであれば、正解できる問題を取るのが賢いですからね。

 

-TOEIC

Copyright© マナビッシュ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.