TOEIC

TOEICで点数が取りやすい月があるって本当?【※受験者必見です】

投稿日:

yuki

TOEICっていつ受けると点が伸びやすいの?

点数が取りやすい月があるって本当?

どうせなら上がりやすい月に受けたい

 

こういった疑問について答えていきます。

 

「TOEICは○月に受けると点が上がりやすいよ!」

こんな噂を聞いたことがある人が、一定数いるのではないかと思います。

どうせ受けるなら、点数が取りやすい月に受けるほうが嬉しいですからね。

 

でも結論として「そんな月はないのでは?」というのが私の答え。

ここではその「理由」を含めて話していこうと思います。

 

ということで、今回のテーマは

  1. TOEICで点数が取りやすい月はない理由
  2. TOEICはどんな採点をしてるのか
  3. TOEICの難易度は変化しているのか

この3点について。

 

これからTOEICを受けようと思ってる人は、特に要チェックです。

 




 

TOEICで点数が取りやすい月はない理由

TOEICで点数が上がりやすい月はない理由は3つ。

  1. ①TOEICは「難易度の調整」を毎回している
  2. ②点数は「自分の英語力」に即して出されている
  3. ③単純な「1問=○点」方式でスコアを出していない

それぞれ順番に解説していきます。

 

①TOEICは「難易度の調整」を毎回している

TOEICでは、テストごとに「難易度の調整」をしています。

これは言うまでもなく、試験によってどうしても簡単に感じたり、難しく感じるケースがあるからです。

 

具体的な調整のしかたは公開されていませんが...

公式サイトでは、以下のようにコメントされていました。

TOEIC L&Rの試験問題は公開テストの度毎に、新しい問題が作成されていますが、毎回のテスト毎に評価基準にズレがでないようにEquatingと呼ばれる難易度の調整が行われています。これは世界最大のテスト開発公共機関であるETSのノウハウを駆使してはじめてできることであり、そのための統計学の専門家がこれにあたっています。

 

要するに「統計でTOEICのスコアを調整してますよ」ってことですね。

 

②点数は「自分の英語力」に即して出されている

TOEICのスコアはあくまで「自分の英語力」に即して出るとされてます。

つまり「同じ英語力なら同じくらいのスコアが出るよね」って過程のもと、スコアを出してます。

 

これは聞いてみれば当たり前のことで

  • 600点の人「易しい問題はしっかり取ったけど、難問はあまり解けなかった」
  • 600点の人「全体的に分からなかったけど、適当にマークしたら600点取れた」

数字ではどちらも「同じ600点」ですが、英語力まで同じかと聞かれればNOです。

これでは、正しい英語力を測れてるとは言えません。

 

TOEICではこういうことがないように、上でも言った「統計」を用いてスコアを調整してます。

 

③単純な「1問=○点」方式でスコアを出していない

TOEICは、他の試験と違って「1問=何点です」という決め方をしてません。

何度も言ってますが、TOEICは「テストの公平性」を重視してるので、主に統計で配点を決めています。

 

問題集とかを見てもらえればすぐ分かりますが...

どの問題にも「1問ごとの配点」は書いてないです。

 

分かるとすれば「正解数に対するスコアの目安」くらいですね。

公式問題集や模試を買うと、こういったシートがあるので大まかなスコアを知るならオススメです。

 




 

TOEICはどんな採点をしてるのか

結論から言って「TOEIC側しかわからない」というのが正直なところ。

ただ、これまでの内容から見て「単純なスコアの出し方をしていない」のは理解できたかと思います。

 

TOEICの公式を見てもらえれば分かりますが、実際には統計だけではなく

  • 「受験者の心理面」もスコアを決める要因に反映
  • 「3分の1の正解数=300点台」とは限らない
  • かなり複雑なスコアの出し方をしている

こういった特徴があるわけです。

 

1問ごとにいろんな統計や、スコアごとの正答率を照らし合わせてる分、受験者側はずっと「スコアの出し方」はわかりそうにもないですね。

 

TOEICの難易度は変化しているのか

最後に「TOEICの難易度の変化」についても。

実際にテストを受けてる身としては、難易度は「高くなってる」と感じてます。

 

もちろん自分の英語力がまだ未熟ということもあるのですが...

それでも、旧式よりもテクニックが通用しづらくなったので、そういう意味でも難しくなったと言えます。

 

だからこそ「点数が取りやすい月」といった情報が広まるのだと思いますが...

確かに月ごとに「難易度の変化」はありますが、TOEIC側がその調整をしてると考えれば、あまり関係ないのかなと。

スコアの変動が極端にあれば、スコアを下げた問題は「悪問」として処理されますからね。

 




 

【まとめ】点数が上がりやすい月は無いと思う【※平均点はスコアに影響しない】

今回の内容をまとめます。

  • TOEICの点数が上がりやすい月はなし
  • TOEICは「統計」を中心にスコアを出してるから
  • 1問=何点という決め方もしていない
  • 実際のところ「公式」しか正しい採点法を知らない

 

自分も昔は「1月や9月は初めての人が受けやすいからスコアが伸びるのでは?」と思ってました。

ただ、TOEICが「英語力に応じたスコアを結果として出す」ということであれば、あまりいつ受けるかは関係ないのかなと。

 

公式サイトでもしっかり名言されてるので、妥当なルールでスコアを決めていると考えるのが無難だと思います。

 

-TOEIC

Copyright© マナビッシュ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.