TOEIC

TOEICの点数の目安をスコア別に紹介【※自分の英語力を知ろう】

投稿日:

yuki
スコア別に英語力の目安を知りたい

■スコアごとのレベルも気になる...

TOEICで企業に評価される点数は何点?

大学生は何点を目指すと良いんだろう

 

TOEICを勉強していると「スコア別の目安」って結構気になると思います。

スコアにおける英語力や評価、英語レベルが分かってると、モチベや自信にも繋がりますからね。

 

そこで今回は

TOEICにおける点数の目安

をいろんな視点で紹介していきます。

 

公式で言われてること・言われてないこと諸々含めているので、本当に「1つの目安」として見てもらえればと思います。

 

TOEICの点数の目安をスコア別に紹介【※自分の英語力を知ろう】

スコア別の目安として

  1. 全体的な英語レベル
  2. TOEICにおける英語レベル
  3. 企業の評価

この3点に絞って見ていきます。

 

「これくらいのレベルなのね」という感覚で見てもらえればと思います。

 

①100~300点の目安

全体的な英語レベル

100~300点の英語レベルは

英語の基礎はあまり理解できていない

と言うレベルです。

 

本当に簡単な英語を使ったやりとりは出来ると思いますが...

少しでもわからない単語や表現が出ると、会話で支障が出ます。

 

聞き取りも、簡単な表現を使ってもらえばなんとかやりとりができるレベル。

 

TOEIC100点台の英語レベルについては

こちらで詳しく紹介しています。

 

TOEICにおける英語レベル

TOEICのスコアで考えても

基本的な英語の知識が欠けている

といったレベルになっています。

 

上でも言いましたが、シンプルな英語や表現は理解できるレベル。

ただ、難しい表現や長い英文になると、理解が一気に難しくなるかと思います。

 

全体的に「中学レベルの英語」「基本的な文法が弱い」段階です。

またリスニングでは「聞こえた単語で何とか内容を予想する」のが精一杯とも言えますね。

(※300点だった私はリスニングがまさにそんな感じでした...)

 

 

企業の評価

言うまでもなく。。。

TOEIC100点台は企業での評価はよくありません。

 

600点の目安でも触れますが、企業がまず指標にしてるのは「600点」からです。

これは就職だけでなく、昇進などでも1つのラインです。

企業によっては、TOEICのスコアが条件になっているので、達成できないと昇進ができないこともしばしば。

 

600点に関することは、下の記事を参考にしてくださいね。

 

②400点の目安

全体的な英語レベル

400点の英語レベルは

基本的な英語の知識がそこそこ理解できる

と言えます。

 

もちろん分からない部分も多いのですが...

それでも分かる部分は、ある程度自信を持って答えられる英語レベル。

ただ、難しめの英語や長い文はまだ苦手に感じるレベルでもありますね。

 

TOEICにおける英語レベル

TOEICにおけるスコアで考えても

基礎的な英語や文法は(一定量)理解できている

と言われています。(※公式より)

 

ただ実際は、英単語の知識や文法の知識に「やや穴がある」と言えます。

なので400点台の人がやるべきことは「中学~高校英語のやり直し」がベストです。

またリスニングも、長めのものはやや苦手に感じる段階かと。

 

私が400点台取っていたときも

  • リスニング:短めの文なら何とかわかる
  • リーディング:易しい文法や簡単な文なら読める

こんな感じで解いていたと思います。

 

400点台に関するお話は

こちらで触れています。

 

企業の評価

TOEIC400点台も100~300点台と同じく

企業からの評価は受けられない(低い)

と言えますね。

(※450点も正直、就活ではアピールしにくいです)

 

もしも履歴書でのアピールを考えているなら、600点まで我慢です...。

 

③500点の目安

全体的な英語レベル

500点の英語レベルは

英語がそれなりに理解出来始めている

と言えます。

 

短い英文であれば、細かく分からなくても

「こういうこと言ってるんだろうな」

くらいの英語力が付いている状態です。

 

長い文でも、内容によっては理解が出来始めるころです。

 

TOEICにおける英語レベル

TOEICのスコアで考えると

何とか文を理解して解いていける

くらいの英語レベルです。

 

基礎的な知識もそれなりに付いてるので、勘で解くといった必要が減っています。

特にパート1や2、5あたりは理解して解ける問題が増えてるハズ。

 

ここまで来ると600点も十分目指せる力も付いてます。

 

企業の評価

企業の評価としては

就職なら場所しだいで何とか書ける

といったレベルでしょうか。。。

 

もちろん大々的にアピールできるかといえば、そうではないのですが。。。

このラインが1番、就活で書くべきか、書かないべきか悩むと思います。

最終的に「600点を取れる英語力はあってほしい」という場合であれば、履歴書に書く選択肢も。

 

④600点の目安

全体的な英語レベル

600点の英語レベルとしては

1部穴はあるけど英語がそこそこ身になってる

といった感じです。

 

単語はもちろん、文法も100~500点台よりも理解は出来ています。

ただ1部だけ完璧に理解できてない、怪しい部分があるというレベルかと。

 

日常で使われる表現であれば、聞いて意味を掴める力がついてるとも言えます。

 

TOEICにおける英語レベル

TOEICで600点を取れると

基本的な英語力は身についている

という目安が公式でも設けられています。

 

試験でも、パート1~2、5だけでなく

3~4、7でもわかる問題はしっかりわかる

というレベルに達しているハズです。

 

細かい内容を掴んだり、ややこしい内容だと戸惑うと思いますが...

大まかな概要がわかるくらいの英語力がついてます。

 

企業の評価

TOEIC600点の評価というと

就職や昇進で求めれるレベルをクリアしている

と言えるでしょう。(※企業・部門によります)

 

この600点という点数は、大学生が目指すべき1つの目安でもありますね。

大学生が履歴書に書ける点数・就職で使えるレベルでもあるので、大きな分岐点です。

 

リクナビで見ても、600点台から募集をかけてる企業がチラホラ。

大学生は卒業までに600点台を取れると、応募できる幅が広がると思いますよ。

 

大学別のTOEICスコアの平均は

こちらで解説してるので、参考にどうぞ。

 

⑤700点の目安

全体的な英語レベル

TOEIC700点の英語レベルとしては

英語がそれなりに読めてくるレベル

と言えます。

 

基本的な英語力がついてるので、難しい単語があっても大まかな意味が掴めてきます。

ここまで来ると、英語の学習も楽しくなってくる段階。

 

また聞き取りに関しても、かなり上達しているハズです。

長い文でも言ってる内容はある程度理解できるレベルに。

 

TOEICにおける英語レベル

TOEICで考えると、600点までと比べて

  • リスニング:長文も内容を理解して聞き取れる
  • リーディング:長文を頭から読んでも理解できる

これくらいの力がすでに付いています。

(※内容があまりに複雑だと、答えを選ぶのに迷ったり、戸惑うケースはちょくちょくアリ)

 

英語やTOEICの勉強も、あまり苦にならない段階にも来ているはずです。

 

企業の評価

企業の評価としては

履歴書で十分にアピールできる点数

かと思います。

 

大学生であれば、狙えるならぜひ目指したい点数です。

また就職だけでなく、企業から昇進の条件に出されるスコアでもあります。

収入を上げたいと考えている人は、ここを目指すべきです。

 

また大手を考えているのであれば、入社時点で求められるケースも。。。

勉強時間のことを考えると、大学生の内に取りたいところですね。

 

⑥800点の目安

全体的な英語レベル

TOEIC800点のレベルとしては

英語はかなり出来る(と見られる)

というレベルと言えます。

 

難しめの英語の文も見聞きできる力が付いてます。

ここまで来ると、周りからの目も変わってくる段階。

 

TOEICにおける英語レベル

TOEICのレベルとしては

  • 難しい表現や文も理解ができている
  • 細かい情報まで意識できる余裕がある

こういった英語力が身についてます。

 

TOEIC自体が「ビジネス」を意識したテストでもあるので...

社会人の人にとっては、企業からの評価も変わる点数です。

 

企業の評価

800点における企業の評価は

  • 就職ではアピールできる武器になる
  • 昇進や海外転勤も視野に入ってくる

こういった恩恵やメリットが出てきます。

 

中でも大きいのは「いろいろとチャンスを掴みやすいスコア」という点。

正直、入社して自分のために勉強する人って実は少ないです。

TOEICで考えたとき「語学」を学習するわけなので、上昇志向の人じゃないと意外とやりません。

 

上で言われてるように、考え方次第では「コスパが良い資格」とまで言われるほど。

スコアで周りの目が変わる分、費用対効果は最高というのは間違いではないのかも。。。

 

⑦900点の目安

全体的な英語レベル

TOEIC900点の英語レベルは

英語の仕事を任せられる

レベルだと言えます。

 

聞き取りはもちろん、高度な英文も理解できる英語力がついてます。

全体的な割合を見ても、900点を取れる人は「数%のみ」です。

 

この後で触れる企業の評価でもかなりの武器に。

 

TOEICにおける英語レベル

TOEICにおける英語レベルは

  • 長文も内容を把握して聞き取れる
  • 細かい情報も押さえて、理解ができる
  • TOEICの勉強法が少し変わってくる

こんな感じです。

 

ここまで来ると、TOEICの勉強法や解き方が大きく変わるラインでもありますね。

もし900点台を取るのであれば、これまで以上に勉強の質を考える必要があります。

 

企業の評価

TOEIC900点の評価は、上でも言ったように

英語に絡んだ仕事を任せられる

レベルになってきます。

 

これまでのスコアと大きく違う点は

  • 海外勤務も視野に入ってくる
  • 英語関連の機会に恵まれる
  • ライバルがかなり少ない

この3点が大きいですね。

 

800点でも言いましたが、ここまで英語を勉強する人って実はかなり少ないです。

なので、もし自分が頑張れそうなら思い切って900点を狙うのも全然アリです。

(※ライバルが少ないので出し抜きやすい点もGOOD)

 

-TOEIC

Copyright© マナビッシュ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.