TOEIC

新形式TOEICのオススメ公式問題集【※利用者の感想付きで紹介】

投稿日:

yuki

TOEICの公式問題集ってどれ選べばいいの?

数が多いからオススメを教えてほしい

実際に使った人の感想とかあれば知りたい

 

こういった疑問について答えていきます。

 

TOEICの勉強をするときに「公式問題集」を使って対策する人は多いです。

一方で、公式問題集はいろいろ出てるので、どれを選べばいいか迷うハズ。

値段も安くはないので、あれこれ買うことも難しいですからね。

 

そこで、今回お話するテーマは

  1. 新形式でオススメの公式問題集【※利用者の感想付き】
  2. 公式問題集以外でオススメの問題集
  3. 公式問題集や模試はたくさん買うべきか

この3点について。

 

あくまで「新形式」にフォーカスして問題集を選んでいます。

その辺を踏まえた上で参考にしてください。

 

新形式でオススメの公式問題集【※利用者の感想付き】

結論をいうと「最新の公式問題集」と「韓国の公式問題集」がオススメ。

特に英語力に自信がある人は、韓国版の公式問題集が最強です。

それぞれオススメの理由を解説していきます。

 

①公式問題集5

TOEIC公式問題集の「5」をおすすめする理由はシンプルで「1番新しい問題集だから」です。

また公式が出してるので、新しいほうが「より本番の傾向を知りやすい」というのも大きいですね。

 

TOEICは、2016年を堺に「新傾向」に変わりました。

なので、基本的に新しく出た問題集を選んでもらえば間違いないです。

 

ちなみに買うのであれば「音声付き」を強くオススメ。

リスニングはもちろん、リーディングも音声があれば、音読やシャドーイングがしやすいですからね。

本番の試験に向けて使うのであれば、これ以上の教材はありません。

 

とはいえ、せっかく良い問題集を買っても「使い方」がわからないと意味がないです...

そこそこの値段ですし、どうせならフル活用していきたいハズ。

 

なので、初めて受ける人や英語が苦手という人は

こちらもチェックした上で使っていくといいですね。

 

②韓国のTOEIC公式問題集

次にオススメなのが「韓国が出している公式問題集」

正直、英語力がそこそこある人ならこっちのほうがいいかもです。

 

というのも、韓国のTOEIC問題集は「過去に出たもの」をそのまま問題集にしてるから。

日本では問題集は必ず回収されるので、過去問は絶対に売られることはないのですが。。。

韓国では、内容を開示してしまう人がいるため、過去問として売られているんです。

 

実際に出た問題をそのまま解けるのは嬉しいのですが、解説はすべて「韓国語」なので注意。

なので初心者~中級者くらいだと、不正解の理由がわからなくて困る可能性があります。

その点を考えて、買うかどうか決めるといいですよ。

 

公式問題集以外でオススメの問題集

公式問題集は高いので、それ以外のオススメ問題集もいくつか紹介。

演習をメインにしたものだけを厳選してます。

 

①TOEICテスト精選模試1(L&R)

まずは「TOEICテスト精選模試1」

2000円ちょっとで「リーディングの模試5回分」まで演習ができます。

 

もちろん、リスニング版も出てるので、4000円くらいで5回分の演習ができると考えればコスパは良いです。

問題の解説も公式よりは親切なので、その点でも強くオススメできます。

 

ただ難点をいうと「問題の難易度が少し高め」という点。

なので初心者が最初に手を出す問題集には向かないかと思います。

数をこなしたい上級者くらいがちょうどいいです。

 

②TOEICテスト精選模試2(L&R)

同じく「精選模試2」もオススメです。

オススメする理由や、問題集の特徴は上で触れたとおり。

価格に対するコスパは高いと思います。

 

③至高の模試600問

最後は「至高の模試600問」

こちらは初心者から上級者まで使いやすい1冊です。

特に英語が苦手な人は、公式問題集以外でTOEICの対策をするのが無難かと。

 

TOEICのベテランがだしてる問題集なので、精度はお墨付き。

わかりやすい解説以外にも、コツやテクニック・TOEICの傾向が知りたい人にはおすすめですね。

あと3000円と公式問題集と同じ値段なのに、1回分多く解けるところも○

 

公式問題集や模試はたくさん買うべきか

結論をいうと、すぐにあれこれ買うのはオススメしません。

というのも、値段のこともありますし、何より1冊をやり込むだけでも十分な対策になるからです。

1回分の模試でも、その中に入っている英語量はそうとうなものですからね。

 

 

正直、1冊をしっかりやりこむだけでも結構な時間がかかります。

モチベが続けば、複数冊あってもいいのですが...

途中で「TOEICのパターンってもしかして使いまわしされてるのでは?」って結局気づくと思います。

 

なので無理して問題集や模試をたくさん買う必要はないですよ。

 

【まとめ】TOEICのおすすめ公式問題集→1番新しいものを買えばOKです

今回の内容をまとめます。

  • おすすめの公式問題集→1番新しい本でOK
  • 公式問題集以外にも、おすすめの問題集はあります
  • 問題集をたくさん買う必要はなし【※まずは1冊に集中】

 

TOEIC自体、頻繁に試験が行われるので、その分傾向が掴みにくくなります。

なので、初めて受ける人や勉強をする人は「1番新しい問題集を買う」のがベストです。

また問題集だけでなく「使い方」も大事なので、それも合わせた上で使ってもらえればOKです。

 

 

-TOEIC

Copyright© マナビッシュ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.