TOEIC

TOEICのコツやテクニックをパート別に解説【※最後の悪あがき】

投稿日:

yuki

2019年で通用するTOEICのコツを知りたい

パート別に使えるテクニックをぜひ!

試験当日や直前で使えるコツも教えてほしい

 

TOEICで良いスコアを取るために勉強していても...

ちょっとでも楽にスコアが取れる・上がるコツは誰もが知りたいと思います。

試験までの期間がなければ、さらにコツやテクニックに頼りたいハズ...

 

そこで今回は、最後の悪あがきとして

TOEICで使えるコツやテクニック

について、語れるだけ暴露していこうと思います。

 

試験当日や直前に控えている人は参考にどうぞ。

 

もくじ

TOEIC(Part1)のコツやテクニック

パート1におけるコツやテクニックは

  1. 写真で「人の有無」を要チェック
  2. 目立つものが正解とは限らない
  3. 「beenとbeingの区別」に注意する

この3点です。

 

①写真で「人の有無」を要チェック

パート1では写真に「人が写ってるかどうか」がとても重要です。

 

というのも、人が写ってる時点で

完了形の選択肢は間違いの可能性大

ということが判断できるから。

 

逆に進行形は「動作をしてる表現と相性がいい」ので、いろいろ判断がしやすいです。

なので、もし写真に人がいたら「完了形は正解になりにくい」ことを覚えておくといいですよ。

 

②目立つものが正解とは限らない

次は「目立つものばかり意識がいくのは危険」というお話。

初心者の人ほどやりがちなので、これは注意です。

 

どういうことかというと、例えばこんな写真があるとします。

 

車がたくさん写ってるので「乗り物に関する文がくるかな?」と思いきや。。。

  • 道路に「線」が引かれている
  • 建物が「影」を作っている
  • カラーコーンが「1列」に並んでいる

こういった「視点」で聞いてくるケースも実はあります。

 

車ばかり見ていると、こういう視点になかなか気づけないので注意したいところ。

中級者~上級者くらいの人は、この手の問題にも慣れておくとスコアが安定すると思います。

 

③「beenとbeing」の区別に注意する

「been」と「being」の区別もとても大事です。

初心者の人も、しっかりと区別できるようにしておきましょう。

 

「意味の区別くらいは出来るよ?」と思うかもしれませんが、大事なのは「音の区別」です。

ここが意外と難しかったりします。

 

リスニングでの聞こえ方は

  • been:ビン
  • being:ビーン

ナレーターにもよりますが、こんな感じで理解しておけばOK。

(※「been」を「ビーン」と思ってると、まず聞き分けはできません)

 

何度も問題集で意識しながら、何度も何度も聞きまくりましょう。

 

TOEIC(Part2)のコツやテクニック

パート2のコツやテクニックは

  1. 疑問詞はなんとか聞き取る
  2. 答えは「消去法」で選んでいく
  3. 似た音を含んだ文は「まず疑う」

この3つです。

 

①疑問詞はなんとか聞き取る

これは他でも言われますし、参考書でも言われてますが...

初心者の人はまず「疑問詞なんとか聞きとる」ことが大事です。

理由はいうまでもなく、選択肢を絞りやすくなるからですね。

 

これについては、とにかく普段から聞いて「耳に慣れさせる」こと。

リスニングは聞き取れないとまずどうしようもないので...

 

②答えは「消去法」で選んでいく

パート2を解くときは「消去法」で答えを絞るのが1番です。

選択肢が3つしかないので、1つでも自信を持って消去できれば、それだけで正答率は上がります。

 

  • 関係ない単語や表現がでてきた
  • 似た音で引っ掛けてきた(※③で解説)

 

この辺は、消去法で消しやすい特徴のある英文です。

わからない問題でも最悪、2択までは絞っておきたいところ。

 

③似た音を含んだ文は「まず疑う」

パート2あるあるですが「似た音の単語」って不正解のケースが多いです。

これは「1部の単語を聞いただけで、正解されては困る」ことを想定して、こうなってます。

 

なので、裏を返すと「真っ先に不正解になりやすい」わけですが。。。

このテクニックは初心者の人には効果的ですね。

とはいえ、100%そうとも限らないので、1つのコツとして使ってもらえればと思います。

 

TOEIC(Part3)のコツやテクニック

パート3のコツやテクニックは

  1. 先読みは「設問3の読み上げ中」にやる
  2. 先読みのコツは「設問」だけ読む
  3. 文字よりも「イメージ」で記憶に残す
  4. 「完璧主義」は捨てる

この4点です。

 

①先読みは「設問3の読み上げ中」にやる

先読みのテンポとしては

設問3を読んでる間に、次の先読みをする

これが1番、無理なく出来る先読みかなと思います。

 

というのも「設問を聞きながら本文を聞く」のはレベルが高いから。。。

私も何回か、聞きながら設問を見て解いてみましたが、どうも自分には合わなかったですね。

 

  • 先読みをして解く
  • 本文を聞きながら設問を読む

 

ここに関しては賛否両論あると思うので、最終的には「自分がやりやすい方で解く」のが1番かなと。

自分でよくわからない人は、練習問題を使って試してみてください。

 

②先読みのコツは「設問」だけ読む

これも賛否両論あるのですが、基本的に「設問だけ読む」といいです。

というのも、シンプルにあの短い時間で「設問+選択肢まで見る」ってハードだから。

少なくとも、自分は設問を読んで「聞かれること」を頭に残すので精一杯。

 

あとは「余計な情報をいれない」という意味でも、あまりしないほうが混乱しないのかなと。

ここについても、両方試してみて、自分がやりやすい方で解いてもらえればOKです。

 

③文字よりも「イメージ」で記憶に残す

「リスニングの内容を忘れやすい」という人は

文字よりもイメージで頭に残す

これがオススメです。

 

文字よりもイメージの方が印象に残るので、どのレベルの人にも使えるテクニックです。

これはパート4でもそのまま活かせると思います。

 

パート3よりも、パート4の方が文章は長いので。。。

慣れない人は、まずパート3の内容をイメージで記憶に残す練習するのが1番です。

ちなみに私は「嬉しい」「嫌」「怒り」といった感情も通して聞いたりしますね。

 

④「完璧主義」は捨てる

パート3をテンポよく解くために「完璧に解こうとしない」のも1つのコツ。

これをやると、先読みをする時間を減らす要因になるので、本当に気をつけましょう。

 

今はこれを見て「自分も気をつけよう」って思うかもしれませんが...

結構な人は、それでも本番でやってしまいがちです。

 

やはり無意識に「今回は高いスコアを取るぞ!」って思ってるので、分かっててもやりがちに。

練習問題でも、完璧にやろうとしないで、テンポよく解く練習をするといいですよ。

 

⑤3人の会話は「男女の区別」を意識

パート3では、3人の人が会話をする内容もあります。

これが苦手という人は「男女の区別をまず意識する」ことをオススメします。

 

名前で区別できるのが望ましいですが...

早いリスニングを聞きながら、それをやるっていうのは初心者だとハードなので。

それならとりあえず「男性の発言か?女性の発言か?」だけを押さえるほうがまだ楽だと思います。

 

TOEIC(Part4)のコツやテクニック

パート4のコツやテクニックは

  • 先読みのテンポは「Part3と同じ」
  • 時には「捨てる」覚悟も大事

この2つです。

 

①先読みのテンポは「Part3と同じ」

パート4で先読みするときも「Part3と同じ」やり方でOKです。

問題の構成は何も変わってないので、特に変えることはなにもありません。

 

設問を見るか、選択肢を見るかは自分のやりやすい方で。

 

②時には「捨てる」覚悟も大事

パート3でも言いましたが...

リスニングパートはとにかく「1つの問題に固執しない」ことが重要です。

音声も1回しか流れないですし、1つの問題に執着して、次の先読みができないほうがリスク大です。

 

なので、もし先読みに支障が出るようであれば、その1問は捨てて「次の3問を取りにいく」切り替えをしましょう。

 

TOEIC(Part5)のコツやテクニック

パート5のコツやテクニックは

  1. 原則「品詞で解く」つもりで
  2. 選択肢を先に読んでおく
  3. 英文は「全部」目を通すこと

この3点です。

 

①原則「品詞で解く」つもりで

パート5を解くときは「品詞を意識して解く」のが大事です。

というのも、1問ずつ訳して解いてると「時間が足りない」から。

 

特に高いスコアを狙っている人ほど、パート5にかける時間は減らしたいところ。

またパート6も文法問題がでるので、そちらでも時間の短縮ははかりたいですね。

 

②選択肢を先に読んでおく

パート5を品詞で解くコツとしては「選択肢を先に読んでおく」これが大事になってきます。

選択肢を見ることで「何の知識が問われているか?」が分かるからです。

 

文法特急とかで対策してると、意外と訳さなくても解ける問題って多いですよ。

時間が足りなくてやきもきしてる人は、1度パート5の解き方を見直してみるといいですね。

 

③英文は「全部」目を通すこと

パート5を解くときは「英文を最後まで目を通す」ようにしましょう。

というのも、問題によっては「文脈」「用法」で解くものがあるから。

 

空欄の前後だけで考えると、逆にひっかけ問題に引っかかることもありますからね。

意外と空欄のあとを読むことで、問題を解くヒントとかあったりするので、最後まで見ることをオススメします。

 

TOEIC(Part6)のコツやテクニック

パート6のコツやテクニックは

  1. 解くときは「上から順番」に読んでいく
  2. 順番どおりに解く必要はなし

この2点です。

 

①解くときは「上から順番」に読んでいく

パート6を解くときは「上から読んで解く」のがベターです。

パート5のように、空欄の前後だけで解くと、文章を挿れる問題で困るので。。。

 

またパート6は文法問題が確かにでるのですが、内容を理解してないと、結局選べない設問も多々あります。

特に選択肢がすべて「名詞」「副詞」ってなると、文脈で判断する必要がありますからね。

パート6は実質「パート7」の感覚で解くのが良いと思います。

 

②順番どおりに解く必要はなし

パート6では「順番どおりに解く必要はない」です。

特に文を挿れる空欄が「冒頭~やや冒頭」あたりだと、まず無視してOK。

 

なぜかと言うと、冒頭部分だと「話の内容や展開」がわからないので、答えを選びにくいから。

であれば、とりあえず挿入問題はスルーして、文法問題を先に片付けたほうがいいです。

 

私も基本的に、始めの方で空欄があれば、まずスルーしてます。

後半まで読めば、ある程度、内容は掴めるのでいきなり解くよりは早くマークできますよ。

 

TOEIC(Part7)のコツやテクニック

パート7のコツやテクニックは

  1. シングルP→設問の順番でヒントが出やすい
  2. ダブルP→照らし合わせで解くことを視野に
  3. トリプルP→順番どおりに解くクセはやめる
  4. 速読のコツ→「とにかく読む練習」
  5. 長文のコツ→「主語と動詞」を意識する

この5点です。

 

①シングルPは「設問の順番」でヒントが出やすい

シングルパッセージは「設問の順番でヒントが出やすい」です。

  • 1問目:本文の冒頭あたり
  • 2問目:本文の中間あたり
  • 3問目:本文の終わりにかけて

なので、基本的には順番に解いていくやり方でOK。

 

シングルパッセージについては、特にコツやテクニックはないです。

正攻法で解いていけば、まず問題はないと思います。

 

②ダブルPは「照らし合わせ」で解くことも視野に

ダブルパッセージから「照らし合わせて解く」ことを意識します。

シングルと違い、設問の順番とヒントの位置が必ずしも、一致してるわけではないです。

 

なので、1枚目の文章を読んで「設問のヒントがないような...」と思うのは普通のこと。

2枚目の文章にヒントがあるかもって、すぐ切り替えることが大事。

 

  • 設問1:1つ目の長文にヒント
  • 設問2:2つ目の長文にヒント
  • 設問3:1・2の長文を総合して判断

 

こういう感じで考えてもらえばOKです。

 

③トリプルPは「順番どおりに解く」クセはやめる

トリプルパッセージは「順番どおりに解く」クセはNGです。

3つも長文があるので、ヒントがそれぞれ散りばめられてるからです。

 

なので、解くときは「設問だけ頭に入れて、分かるものから手を付ける」のがベスト。

無理して順番どおりに解く必要はありません。

 

問題によっては始めの設問なのに、ヒントは「3つの長文に実はありました」ってことも珍しくないので。

なかなかヒントが出てこないと不安になりますが、トリプルだとそういうこともあるって覚えておきましょう。

 

④速読のコツ→「とにかく読む練習」です

パート7で「早く読むコツってなんですか?」って声をよく見ますが...

個人的には「読む練習をするしかない」と思います。

 

当たり前ですが、知らない表現や構文は、知るまでずっと知らないままなので。。。

ここに関しては、量をこなしていくしかないと思います。

 

とはいえ、中高で習うような文法や構文を押さえるだけでも、読める文は増えるはずです。

実際はやたら読むよりも、次で触れる「精読」をまずやったほうがいいと思いますよ。

 

⑤長文のコツ→「主語と動詞」を意識しよう

長文を読むときに大事なのは「主語と動詞を意識して読む」ということ。

文の内容を理解するためにも、これは大事です。

 

たまに「文を読んだのに内容が頭に入ってない...」ことってないですかね。

あれは結局、読んだつもりでも、内容が理解できてないので頭に残ってないパターンが多いです。

なので、長文を読むときは「何がどうしたか?」を整理して読まないとダメです。

 

  • 内容が把握できる→記憶にのこっている
  • 内容が把握できない→記憶にのこらない

です。

 

特に、パート7で「何度も読み返してしまう」人は、とりあえず目を通してるだけの可能性が高いです。

スピードを求めた結果、また返り読みしてると本末転倒なので...

内容の理解を重視して読むためにも「主語や動詞」は意識して読むべきです。

 

【まとめ】TOEICは「コツ・テクニックが通用しない」傾向も強くなっている

ここまで「TOEICのコツ・テクニック」を紹介してきました。

 

個人的な意見ですが、TOEICはコツやテクニックが通用しない傾向が強くなってると思います。

いわゆる「知識がなくても答えが出せる」といった方法ですね。

 

なのでここで紹介したコツやテクニックは、あくまで「最終手段」として使ってもらえればと思います。

といっても、リーディングパートはコツと言うよりも「正攻法」に近いものばかり紹介してましたが...

ぜひ参考にしてスコアUPを目指してくださいね。

 

-TOEIC

Copyright© マナビッシュ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.