TOEIC

TOEICの新形式まとめ!2018年~2019年の変更点と対策はコレ

投稿日:

新形式のTOEICについて知りたい

2018~2019年の変更点を教えてほしい

各パートの具体的な特徴や難易度は?

対策方法についても気になる

 

こういった疑問に答えていきます。

 

TOEICでは過去に形式が変わり、試験の内容も新形式になりました。

以前とは少し傾向が変わっているので、もし新形式になって受ける人は1度チェックしておくといいです。

久しぶりにTOEICを受ける人は、特に要チェックです。

 

【新形式】TOEICの形式・変更点まとめ (2018~2019年)

新形式TOEICの対策をするならコレ!

■「新形式向けの勉強・対策をしたい!」

■「新形式に効果的な勉強法を知りたい!」

■「旧式と新形式で勉強法って違うの?」

こういったことが気になる方は「スタディサプリTOEIC」がオススメです。

今なら「1週間無料&アマゾンギフトが貰える」キャンペーン中!

※キャンペーンは期間があるので注意

スタディサプリTOEICを無料体験してみる

 

Part1の形式の変更点

Part1の形式・変更点をまとめると

  • 1枚の絵を見て、正しい文を選択する
  • 問題の形式自体は変更点なし
  • 問題数は「10問→6問」に減った
  • 難易度もそこまで変わらず
  • しかし1部、難しい設問は出たりする

 

やはり印象に残るのは

問題数が10から6に減ったこと

この1点です。

 

以前までは10問あった上に、難易度も易しかったので...

どの受験者にとっても、ボーナス的な問題でしたが6問にまで減りました。

 

なので余計にPart1は落とせないパートに変わったとも言えますね。

 

Part2の形式の変更点

Part2の形式・変更点をまとめると

  • 最初の英文に対する、適切な応答を選ぶ
  • Part1と同様、問題数は減り25問に
  • 難易度もそこまで大きな違いはなし
  • ただ、より「自然な応答」が答えになる傾向が

 

Part2についても、そこまで大きく変わっていません。

強いて言うなら「問題数が減ったよ」というくらい。

 

やはりPart2も比較的、点が取りやすいパートなので...

ここを得点源にしていた人は、少しショックかもしれません。

 

またPart2の設問に対して

少し「間接的な応答」が答えになる

こういう傾向も増えてきている気がします。

 

例えば、YES・NOで答える疑問詞で始まるのに、その返しがYESでもNOでもないパターン。

「あの商品の在庫ってまだあるの?」

「ちょっと在庫を確認してみようか」

こんな感じで「日常で交わされる自然な会話」が答えになるケースも増えてますね。

答えが「遠回し」なので、難しく感じる人も多い印象。

 




 

Part3の形式の変更点

Part3の形式・変更点をまとめると

  • 複数人の会話から、正しい答えを選択
  • 2人の会話から3人の会話も追加
  • 問題数は「30→39問」に増加
  • 設問に「図表」や「意図を読み取る」問題が追加
  • より会話全体を理解する必要性がUP

 

Part3の大きな変更点は

登場人物が「2人→3人」になる問題も追加されたこと

なので、より全体的な会話を聞き取る力は求められるかなと。

 

また問題数に関しても、全体の約3分の1。

つまり、10問程度はこの「3人バージョン」の設問が出題されてます。

 

また設問の種類も追加され

  • 正しい図表を選ぶ
  • ○○は何を暗示・意図しているか?

こういった文全体を理解する必要がある問いも増えました。

 

Part4の形式の変更点

Part4の形式や変更点をまとめると

  • 短いトークが流れ、正しい答えを選択する
  • 問題数に変更点なし(30問)
  • 設問の種類は、同じく「表と暗示問題」が追加

 

珍しくリスニングの中でも、変更点が1番少ないパートです。

唯一挙げると、Part3と同様、設問に「図表」と「意図問題」が追加されたのみ

 

Part4も当然、話の全体像を掴むリスニング力は求められます。

 

新形式リスニングの総まとめ

  • 時間配分の変化はあまり無い
  • Part3や4の出題傾向が変わった
  • 話し手の目的や意図、暗示されてる意味を掴む必要も
  • Part2は難易度のバラツキがやや目立つ

こんな感じといったところでしょうか。

 




 

Part5の形式の変更点

Part5の形式・変更点をまとめると

空欄に正しい語句を選ぶ問題

問題数は「40→30問」に減る

内容自体に変更点はなし

 

Part5については

問題数が30問に減ったよ

というくらいで、他に大きな変更点はありません。

 

Part5も、文法力や語彙力を問う問題なので、得点源になりやすいパートです。

そのPart5の問題数が減ったので、ここもしっかり取りにいく必要性が上がったと言えますね。

 

Part6の形式の変更点

Part6の形式や変更点をまとめると

  • 空欄に正しい語句を選択する問題
  • 加えて、文を挿入する問題が1問追加
  • 問題数は「12→16問」に変更

 

Part6はもともと、Part5とあまり変わらない形式でしたが...

それが新形式になって、「英文を正しい空欄に挿入する」問題が1問追加されました。

 

なので、単に文法力があれば良いのではなく...

長文を読んで、内容までしっかり理解する読解力も必要になりました。

 

Part7の形式の変更点

Part7の形式・変更点をまとめると

  • 長文を読み、正しい選択肢を選ぶ問題
  • 読む文は「1~3」に変更 (旧式は1~2)
  • 問題数は「48→54問」に増加
  • 文を挿入する問題も追加

 

Part7で大きく変わったのは

3つの文、トリプルパッセージが追加された

ことです。

 

これによって、さらに短い時間で多くの文を読む必要があります。

加えて、Part6と同様「文を挿れる問題」も追加されたので...

 

ちゃんと文全体を読んで、内容を理解してね

これが暗に求められる変更になったと言えますね。

 

新形式リーディングの時間配分については

こちらを参考にしてください。

 




 

新形式リーディングの総まとめ

  • 新形式TOEICになって時間配分がシビアに
  • 久しぶりに受ける人は特に注意
  • 新形式の問題集で対策するのがベスト
  • 2019年の傾向はシングルが難化気味

こんな感じといったところでしょうか。

 

新形式TOEICの変更点まとめ

以上の内容を含め、全体的な変更点をまとめると

  • これまで「楽」だったパートの問題数が減少
  • 「自然な会話」を意識した問題も増加
  • 「テクニック的な術」が通用しない傾向に
  • 話の内容を「全体的」に理解する必要性UP

こんな感じになります。

 

全体的なイメージとしては

「より実践で活きる英語力を試す試験になった」

「小手先のテクニックが通用しなくなった」

といったところでしょうか?

 

ただこう聞くと

「新形式になって難易度は上がったの?下がったの?」

こういう疑問を持つ人もいると思います。

 




 

【疑問】新形式になって難易度はどうなったの?

結論から言うと「そこまで変わってない」と言えます。

 

厳密には

「形式は変わったけど、問われる英語力は変わってないよ」

これが正しいかと思います。。

 

というのも、TOEICの人たちは

日常やビジネスで使える英語力を問う

これを軸にしているから。

 

これからもおそらく、どこかのタイミングで「形式」は変わると思います。

ですが「求められる英語力」というのは、これまで通り変わらないかなと。

 

テクニックが通用しない分、「難しい!」と感じるかもしれませんが...

 

逆に言えば

「テクニックに頼らず、しっかり文を読んで解こうね^^」

こういうTOEICのメッセージなんだと思います。

 

新形式の対策法【旧式の参考書はもう役立たず?】

最後に

「新形式になって、旧式の参考書はもう役にたたないの?」

これについても触れておきます。

 

結論を言うと

大きく変更点のあるパートは新形式用の参考書で対策

これがベストだと思います。

 

つまり

  • Part3・4・6・7:新形式の参考書で勉強
  • Part1・2・5:旧式の参考書でもOK

こんな感じで対策をしてもらえればOKです。

 




 

【まとめ】TOEICの形式はいくつか変更点あり→けど必要な英語力は変わらず

ここまで「新傾向になったTOEICの形式や変更点」について紹介しました。

 

内容や問題数、形式に変更点はいくつか見られますが...

求められる本質は変わっていません。

 

どちらかというと、新形式に慣れることが課題になると思います。

というのも、問題数が増えたり減ったりすることで「時間配分」も考え直す必要が出てくるから。

 

なので、本番の前には新形式の問題集を解いて、時間慣れをする必要はあると思います。

-TOEIC

Copyright© マナビッシュ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.