TOEIC

高校生のTOEIC平均点と勉強法【※初めて受験する学生必見です】

投稿日:

「高校生のTOEICの平均点って何点?」

「TOEICって受験で有利になるの?」

「初めて受ける場合の勉強法を知りたい」

 

こういった疑問についてお答えします。

特に高校生だと「TOEICと受験英語って何が違うの?」こう思う人も多いかと思います。

また受験で有利になるか、TOEICの勉強法など、初めて受ける人は疑問に思うはずです。

 

そこで今回のテーマは

  1. TOEICの平均点や目標点【※高校生】
  2. 初めて受験する時の注意点
  3. おすすめの勉強法や参考書

この3点を中心に解説をしていきます。

 

TOEICの平均点(スコア)や目標点【※高校生】

①高校生のTOEIC平均点(スコア)は「418点」

高校生のTOEIC平均スコアは「418点」とされています。

こちらが高校生が、実際に受けたときの平均スコアです。

 

スコアの内訳をみると

  • リスニング:250点
  • リーディング:168点

このようになっています。

 

TOEICは前半にリスニング、後半にリーディングを解きます。

リスニングは順番に進むので、問題自体は全て答えることができます。

 

逆にリーディングからは「自分のペースで解ける」ようになってます。

なので、時間の管理があまいと「時間が足りない」ってことになりやすく「最後までマークできない」ケースが多いです。

なので、リーディングのスコアが低くなりやすいのかなと思います。

 

②高校生の目標点は「500点」

高校生のTOEICの目標点は

「500点」

これが1つの目安になるかと思います。

 

理由は3つあります。

  • Part5は「文法問題」なので得点源にしやすい
  • Part1~2も、高校生が比較的解きやすい
  • 500点が「受験英語」でも狙える範囲内である

 

TOEICは英検のように「試験の内容がレベルによって違う」というものではありません。

英語力が低い人~高い人まで一律で「同じ試験」を受けます。

なので、高校生で習う英語レベルで解ける問題をしっかり取れば、500~600点は十分狙える範囲です。

 

初めて受験する時の注意点

①高校生にとってTOEICは「難しい」

まず高校生にとっては

TOEICが難しいと感じる

という点。

 

理由は上でも言ったように

全員が同じ試験を受けるようになっているから

 

具体的に言うと、TOEICでは

  • 中学レベルの英語
  • 高校レベルの英語
  • ビジネスレベルの英語

こんな感じで、いろいろな範囲から問題が出されます。

 

なので、この「ビジネス英語」が絡む問題が出ると、問題がどうしても難しく感じます。

「解ける問題」と「解けない問題」の落差が激しいとも言えますね。

 

②TOEIC専用の対策をすること

ということで、高校生が高いスコアを目指すとなれば

TOEIC専用の対策をする

これが必要になってきます。

 

 

受験で習う英語も多少なりは役に立ちますが...

相応のスコアを目指すなら「TOEIC特有の対策」はどうしても必要です。

 

③「受験英語」だけでは通用しないです

TOEICは「受験英語」だけでは通用しないです。

 

というのも、TOEICと受験では「求められる力」が変わってくるからです。

 

具体的にどう違うか具体例を挙げると...

  • TOEICは「書き込み・メモ禁止」です
  • 日本語で考えてると「リスニング」追いつきません
  • 英語の意味が、TOEICと受験英語で違う
  • TOEICは問題を解く「処理速度」が重要
  • リーディングの方が点が高くなりがち(※初回)

こういった特徴があります。

 

誤解してほしくないのが

受験と違う英語の勉強をしてください

というわけではないこと。

 

受験英語は「英語の基礎を固める」意味ではとても重要なので...

その基礎を固めた上で、TOEICの対策に望む必要があるんです。

 

④時間配分は「受験(センター)」よりシビアです

これから受験する高校生に1番言いたいのは

TOEICでは受験より時間配分が厳しい

という点です。

 

というのも、TOEICは試験時間に対して「問題量が多すぎる」から。

慣れない人、初めて受ける人、対策が出来てない人は口を揃えて

「時間が足りない...」

というほど、TOEICの問題は多く、時間は短いです。

 

⑤高校生は「塗り絵」を覚えておこう

「時間が足りません」

という人に毎回おすすめするのが「塗り絵」

 

要するに「最低でもマークだけはしておきましょう」ってことです。

「スコア下がるんじゃないの?」と思われるかもしれませんが、下がらないので大丈夫です。

 

TOEICは

正解の数に応じてスコアが決まる

ようになっているので、勘で当たった問題もしっかり加算されます。

 

最後のあがきとして、少しでもスコアUPするためにおすすめします。

 

【TOEIC】高校生におすすめの勉強法や参考書

高校生におすすめの勉強法と参考書については

TOEICを毎回受けている人が出してる参考書

を使って勉強するのが1番です。

 

理由は言うまでもなく

毎回受けてるので、効果的な勉強法・解き方

を知り尽くしているからです。

 

中でもおすすめの著者は

  • 花田徹也さん
  • TEX加藤さん
  • ヒロ前田さん
  • 関正生さん
  • 八島晶さん

このあたりの人たちです。

 

この5人の人が出している参考書を

実際に本屋で中身を見て

買うようにしてくださいね。

(※個人の英語力や理解度が違い、万人にオススメできる参考書がないため)

 

特に高校生であれば、TOEICを受ける人はほぼ初めてだと思うので...

ベテランが出している人のアドバイスが載ってる参考書の方が、スコアは上げやすいかなと。

 

【まとめ】高校生も平均スコアは十分狙えます【初めて受ける人も安心】

今回は「高校生のTOEIC」に関して

  • 平均スコアや目標点
  • TOEICを受けるときの注意点
  • 勉強法や参考書

これらを解説してきました。

 

高校生は、受験のこともあるのでTOEICで平均点を取るのは難しいと思われがちですが...

受験で英語の基礎をしっかり固めれば十分狙えます。

 

高いスコアはともかく、平均であれば「600点を狙う系」の参考書で、試験全体の概要を知るだけでも有利です。

もしも、大学受験などを見越して受験を考えてる人は、ぜひ受けてみてくださいね。

 

-TOEIC

Copyright© マナビッシュ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.