TOEIC

TOEICの勉強で毎日やることリスト【※効率よくスコアUPしよう】

投稿日:

「TOEICの勉強で毎日やることって何?」

「初心者が毎日やると良いことを知りたい」

「毎日やるコツやメリットって?」

 

こういった疑問についてお話していきます。

「毎日やるとどんな変化があるの?」ということについて、具体的な経験を紹介していきます。

 

英語学習はビフォーアフターが分かりづらいですので...

実際の私の体験談も交えつつ、毎日やることの重要性を伝えていければと思います。

これからTOEICの勉強をする人の参考になれば幸いです。

 

TOEICの勉強で毎日やることリスト【※効率よくスコアUPしよう】

個人的にTOEICの勉強で

「毎日やるといいこと」

「毎日やるコツ」

を挙げると、この10個が良いかなと思います。

 

  1. 単語を一定数「毎日」見る
  2. リスニングで英語を耳に慣らす
  3. 洋楽の歌詞を「口ずさむ」
  4. 洋書を読む習慣を作る
  5. 勉強時間は「少ない時間」に【※毎日やるコツ】
  6. 「発音」の練習をしてみる
  7. 英字新聞を読む
  8. 「何かのパート」に集中して学習
  9. 毎日「Part5」の問題を一定数解く
  10. 「やること」を重視する

 

それぞれ

  • 毎日やることの「目的」
  • 毎日やるとよい「理由」
  • TOEICで活かせる「場所」

も合わせて解説するので参考にどうぞ。

 

①単語を一定数「毎日」見る【※1回で暗記は不要】

単語を一定数、毎日見る

これをやる目的は、当たり前ですが「語彙力を増やすこと」です。

単語を強化することで、読める・解ける問題を増やしていきます。

 

ここで大事なのは「毎日単語を見る」こと。

毎日、目で見る回数を増やすことで「記憶に残りやすく」なるからです。

その日だけ見て覚えても、次の日には結構忘れてますからね...。

 

そして単語を覚える上で「1回で暗記しようとしない」ことも大切です。

見る回数を増やせば、かなり頭に残ります。

なので1回1回、力を入れて覚えようとしなくても大丈夫ですよ。

 

②リスニングで英語を耳に慣らす【※継続大事】

リスニングで英語を耳に慣らす

これも少なからず、毎日やると効果的です。

言わずもがな「耳が英語に慣れていく」ので、聞き取りが楽になります。

 

ただ、単にリスニングをするだけではなく

小声でいいので、英語を口で言ってみる

これがとても大事です。

 

リスニングの上達で重要なのは

自分が言える・発音できる英語を増やしていく

これに尽きるので、少しの時間を使ってでも継続しましょう。

 

③洋楽の歌詞を「口ずさむ」【※好きな曲でOK】

通学や通勤時に時間があれば

好きな洋楽の歌詞を口ずさむ

これをオススメします。

(※TOEICに関係したものじゃなくても大丈夫です)

 

これをやる目的は

「自分が言える英語を増やす」

「英語の音に耳を慣れさせる」

これがメインだからです。

 

特に歌詞を何回も何回も聞いてると

英語の実際の発音と綴としての発音

に違いがあることに気づくと思います。

 

歌を聞いてると、自然な発音で英語を捉えるようになるので

カタカナ英語や今まで正しいと思い込んでた発音

を矯正する効果があってオススメです。

 

④洋書を読む習慣を作る【※簡単な本で○】

洋書を読む習慣を作る

これって実は「TOEIC全般」で役に立ちます。

 

具体的には、洋書を読むことで

英文を頭から理解して読む

この力やクセを付けることができるからです。

 

洋書といっても、難しいものを読む必要はないです。

自分が読みやすいと思った本を選べばいいので、余裕があれば本屋でチェック。

または図書館などを利用して、易しそうな本を選べばOKです。

 

個人的には「penguin books」の本が読みやすくていいかなと思いますね。

種類とレベル別に本が出てるので、自分に合った本を読める点がオススメ。

 

⑤勉強時間は「少ない時間」に設定【※無理ない範囲で】

勉強時間はあえて少ない時間に設定

これは「毎日やる」コツとしてオススメです。

 

この目的は「TOEICの勉強を継続しやすくする」ため。

特に英語アレルギーが強い人には効果的な方法です。

 

どうしてもTOEICの勉強となると「数時間やろう」となりがちですが...

自分の身の丈に合わないやり方をしてると、途中で「挫折」する可能性があります。

(※与えられた時間が少なければ、多くやる必要はありますが)

 

ある程度、時間や期間に猶予がある人は

少ない時間にして「毎日勉強」しやすい環境を作る

これも1つの工夫なのかなと。

 

もちろん、慣れてきたら徐々に時間を増やしていくのが理想です。

 

⑥「発音」の練習をしてみる【※リスニング力大幅UP】

TOEICの勉強とは別に

英語の発音自体の練習をする

これも毎日やるとことで、リスニングがしやすくなります。

 

②でも言ったように

自分で発音できる英語は聞き取れるようになる

ので、時間に余裕があれば発音まで練習することをオススメします。

 

【関連本】:発音ができるとリスニングができる

 

⑦英字新聞を読む【※好きな分野がオススメ】

気になる英字新聞を読んでみる

文を読む練習をするならこれが効果的です。

 

主に

  • 英語を頭から読んで理解する練習
  • 長文を読むことに慣れる
  • さまざまな英文の構造に慣れる

こういった目的がメインです。

 

英語に限りませんが、長い文に慣れる・早く読めるようになるには「とにかく読む」のが近道です。

洋書を読むのが苦痛に感じなくなった「次のステップ」になるかと思います。

 

⑧「何かのパート」に集中して学習【※質を重視する勉強を】

何かのパートに集中して毎日学習する

これも何気に大事なことかなと思います。

 

あれこれ色んなパートを1度にやろうとしがちですが...

それぞれ「必要になる英語力」が違うので、中途半端になりやすいです。

 

  • 単語が弱いなら単語を徹底的に強化する
  • 文法が苦手なら、文法の基礎をやる
  • リスニングが弱いなら、聞き取りの練習

 

特に、これからTOEICの勉強を始めますという人は「どれかに集中する」学習をオススメします。

意外と、1つに特化してやるほうが、他のパートに派生した力がついたりするものです。

 

⑨毎日「Part5」の問題を一定数解く【※同じ問題集でOK】

毎日「Part5」の問題を一定数解いてみる

時間がない人ほどオススメの勉強です。

 

これをやる目的は

  • 短い時間で解く練習ができる(早さ)
  • 文法の理解度をチェックできる(理解力)
  • 毎日やって脳に染み込ませる(反応力)

この3つを鍛えるためです。

 

文法力が問われる「Part5」は、リーディングの中でも

もっとも短い時間で処理する必要がある

パートだと言えます。

 

TOEICの初心者の方であれば「スコアを固める」ために。

中級者以降の人は「より高いスコアを目指す」ためにやって損はありません。

 

⑩「やること」を重視する【※時間を目標にしてはNG】

時間ではなく「やること」を重視する

これは特に大事にしてほしいことです。

 

よく「TOEICで○○○点取るなら~時間は必要です」という話を聞きますが...

時間を目標にした学習をしても、スコアは伸びないです。

 

大事なのは「自分がやってる学習の質」です。

これに関しては「問題を解いた後の復習」で決まります。

 

「解いて答え合わせして終わり~」では、結果に繋がりにくいですので。

しっかりと質を重視した学習・復習をしてくださいね。

 

【まとめ】TOEICでは「毎日」やることで、伸びる力がたくさんあります

今回の内容をまとめます。

  • 毎日やることで、伸びる力がある
  • 学習時間を短めに設定する→長続きする
  • リスニングは「毎日」やると変化は必ずきます

 

TOEICでは毎日やることはたくさんあります。

今回、紹介した内容を全部やるのは流石に大変だと思うので...

 

1つでも何か出来るものがあれば、ぜひ「毎日」続けてみるといいです。

もちろん、英語力によって必要なもの・不要なものあると思いますが。

まずはやれそうなことから、少しずつ毎日の学習に取り入れてみてください。

 

 

-TOEIC

Copyright© マナビッシュ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.