TOEIC

TOEICが「難しい」と言われる理由【※600点台の僕が本音解説】

投稿日:

yuki

TOEICは難しいと言われるけど...

具体的に何が難しいんだろう?

いまTOEICの勉強をしてる人の本音を知りたい

 

こんな疑問に答えようと思います。

 

今回お話するテーマは以下について。

  1. TOEICが「難しい」と言われる理由【※600点台の僕が本音解説】
  2. 【結論】TOEIC初心者は「対策」して受けるべき

 

まず結論からですが、TOEICは難しいテストです。

もちろん対策をしたり、英語力を磨くことでスコアは伸びるのですが...

世間やネットで言われるように、カンタンに高スコアを狙えるものでもないかなと思います。

 

ということで今回は「TOEIC600点台」の僕目線で、TOEICの難しさについて解説しようと思います。

「高スコアの解説のほうが説得力あるのでは?」という声もあると思いますが、低スコアだからこそ見えてくるモノもあるので。

TOEICに興味がある人、これから受けるか迷ってる人は参考にどうぞ。

 

TOEICが「難しい」と言われる理由【※600点台の僕が本音解説】

僕の考える「TOEICが難しい」と言われる理由はこの5つです。

  1. 試験の特徴が「独自」
  2. 試験時間に対して「問題数」が多い
  3. リスニングに慣れてないと「???」状態に
  4. 毎回「ひねくれた問題」が数問、混じっている
  5. TOEIC対策をしても「時間不足」から脱却しづらい

問題の内容もありますが、それ以外の理由もわりとあったりします。

それぞれ順番に解説をしていきますね。

 

①試験の特徴が「独自」

まずTOEICの試験が「独自」というのがあります。

具体的になにがどう独自なのかというと

  • リスニング音声は「1回のみ」→大学受験は2回が基本
  • 問題用紙に「メモは禁止」→受験ではOKの場合が大半
  • リスニングは「約45分」ぶっ続けで解く必要アリ
  • リスニング中に「リーディングを解く」のはNG

ザックリ挙げるとこんな感じでしょうか。

 

英語の試験といえば「センター試験」がおそらく思い浮かぶと思いますが...

そのセンターとはまた大きく試験の内容・特徴が大きく変わってきます。

僕も初受験したときは面食らいましたが、メモ禁止とかリスニングを45分間やるのはキツかったですね。

 

あと問題用紙もすべて「英語表記」というのも、人によっては驚くかもしれません。

 

②試験時間に対して「問題数」が多い

TOEICは「試験の時間に対して問題数が多い」のも難しいと言われる理由の1つ。

これも僕が初めて受けたときに思ったことですし、今もなお「多い」と感じます。

後ろのほうで触れますが、単純に「75分で100問のリーディングを解く」と思えばOKです。

 

③リスニングに慣れてないと「???」状態に

リスニングは対策してないと、終始「???」な状態になりがちです。

僕がまさにそんな感じで、リスニングの練習をまったくしなかったので、サッパリでした。

しかも先ほど触れたように、リスニングの音声は「1度のみ」なので、聞き逃したらもうアウトって感じでしたね...

 

ちなみに少し余談ですが、TOEIC初心者のほとんどは勉強するほどスコアは「リスニング>リーディング」になりやすいです。

耳が慣れてない分、1度慣れてしまうとスコアもグーンと伸びやすくなるから。

僕も実際にグッと伸びたので、リスニング嫌いの人も心配しなくてOKです。

 

④毎回「ひねくれた問題」が数問、混じっている

TOEICでは毎回「少しひねくれた問題」が出ることが多いです。

地味にやっかいなので受けるときは注意したいところ。

 

いくつか具体的な例を挙げておくと...

  • Aさん「この電車は○○駅にとまりますか?」←音声で流れる文
  • Bさん「向こうに(その電車の)表がありますよ」←正解の選択肢

まずはこういった感じの問題ですね。

「イエス・ノー」で返せばいいのに、あえて遠回しに返事をしてます。

 

一方でこんな問題も出たりしました。

  • Aさん「ノートPCとデスクトップPC、どっちをよく使うの?」
  • Bさん「遠くに出張することが多いんだ」←これが正解

正直「???」ってなる人が多いと思いますが、少し解説を加えると

  • 遠くに出張することが多い
  • 出張ということは、電車や新幹線に乗っている
  • つまり持ち運びがしやすい「ノートPCをよく使う」ことを意味する
  • ※デスクトップは持ち運びしづらい

こういったことを暗に示していることになるわけです。

 

「え?そんなのアリ?」と思うかもしれませんが、実際にこういう問題も出ることがあります。

英語力よりも、切り返し力みたいなものも必要になってきますよ。

 

⑤TOEIC対策をしても「時間不足」から脱却しづらい

②で「時間に対して問題が多い」と言いましたが、言いかえると「時間不足」になりやすいです。

僕もかれこれ何度も受けてますが、それでもなかなかこの「時間が足りない問題」は解消されません...

 

厄介なのが、TOEIC対策をしてもなお時間不足になる点。

  • 時間内に終わるよう早く解く→設問の正答率が低い or 安定しない
  • 正確さを重視して解く→時間内に問題が解き終わらない(※数問あまる)

おそらくこんな感じで悩む人が多いと思います。

 

スピードを重視すれば、その分スコアが落ちてしまい。

正確さを重視すると、今度は時間内に問題がそもそも解けなくなる。

つまり「早く正確に解ける英語力」をつけないといけないということですね。

 

【結論】TOEIC初心者は「対策」して受けるべき

ということで、TOEICを受けるときは「対策」をしてから受けるべきです。

(※特にTOEIC初心者)

 

理由は上でいったこととほぼ同じですが、それ以外も触れておくと

  • TOEIC試験の特徴や流れがわかる
  • 本番にテンパる心配が少しは減る
  • 2時間続けてのテストは精神的にしんどい
  • 今後、TOEICの受験自体が難しくなる可能性もある

こんなところでしょうか。

 

やっぱり大半の人が今まで受けたことがないような試験なので、ぶっつけ本番だとパニックになりやすいです。

僕がそうでしたが、リスニングの進み方とかわかってないと「え?今どこやってるの?」ってことにもなりかねないので。

 

あとシンプルに「2時間続けての試験がしんどい」、TOEICの受験が「今後は思うように出来なくなる」というのも何気に大きいです。

特に大学生や社会人の人は、進学や会社の都合で受けないといけない人も多いと思うので。

なるべく念入りに準備してから望むのがベストだと思いますよ。

 

【まとめ】TOEICは「難しい」試験だと僕は思う【※高得点取るのは大変】

ここまで「TOEICは難しいのか?」について解説してきました。

最初でも言ったように、TOEICは何だかんだ「難しいテスト」だと思います。

ネットやSNSなどを見てると、700~900超えの人が結構目立ちますが...

 

やっぱり基礎的な英語力はもちろん、TOEICの対策をしてないと意外と伸び悩むテストです。

また同じ英語力であっても、解き方とか取るべき問題を判断できるかでも、スコアの結果が変わりますからね。

「単純な英語の知識を問うテストではない」という意味でも、TOEICは難しい気がします。

 

-TOEIC

Copyright© マナビッシュ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.