TOEIC

TOEICの申し込み方法【※初めての人向けに流れを解説します】

投稿日:

yuki

■TOEICの申し込み方法がわからない

■初めて申し込むけど、注意点ってある?

■申込みの流れをわかりやすく教えてほしい

 

こういった質問に答えていきます。

 

TOEICを初めて受ける人は、申込みの流れがよくわからないと思います。

時には、うまく申し込みが出来ず「受験できなかった」なんてこともありますからね。

そうならないためにも、申込みするときに気をつけることも知っておく必要があります。

 

そこで、今回のテーマは

  1. TOEICの申込方法と流れ【※インターネット受験がおすすめ】
  2. TOEIC申し込みのキャンセルについて
  3. TOEICを申し込むときの注意点

この3点について。

 

実際に申し込むと、いろいろ戸惑うこともあるので、ぜひ参考にしてみてください。

 

TOEICの申込方法と流れ【※インターネット受験がおすすめ】

TOEICの申込みの流れはこんな感じです。

  • 公式サイトへ移動
  • 自分が受けるTOEICを選択
  • 申込方法を選択
  • 個人情報などを入力して終了

全体的に「数分」で終わるので、個人的にはインターネット受験がオススメですよ。

スコアの結果も少し早めに確認することができますからね。

 

ちなみにコンビニは、専用の機械を使えば申し込みできます。

 

①公式サイトへ移動【※ID登録必須】

まず「TOEICの公式サイト」に移動します。

 

移動すると「TOEIC SQUARE」というページが出るのでログインしましょう。

IDとパスワードが必要なので、初めての人は先に登録を済ませておくこと。

 

登録が終わったら、そのままログインしていきます。

 

②自分が受けるTOEICを選択【※5種類あります】

ログインしたら、自分が受けるTOEICの種類を選びます。

同じくTOEICでも、種類があるので、間違えないように選択しましょう。

 

ちなみに、この画面の下を見ると「テスト結果の確認」ができます。

 

③申込み方法を選択

TOEICの申込みはおもに「個人」と「団体」の2種類あります。

ここは各自で判断して選んでもらえばOKです。

 

④個人情報などを入力して終了

最後は「個人情報」などを入力して申込みを完了させればOKです。

 

ちなみにインターネットで申し込むと「テスト結果のインターネット表示」があります。

これを「利用する」にしておくと、指定日にネットで結果を早く見ることができます。

スコアだけでも早めに知りたい人は、利用するにチェックを入れておくことをおすすめ。

 

TOEIC申し込みのキャンセルについて

結論をいうと、TOEICを申し込んだあとは「キャンセルできません」

なので、1度払ってしまった受験料は「返金」もされないので注意です。

 

当日を含めたキャンセルや、返金についての話は下の記事をどうぞ。

もしも、試験日に「行けるかどうかわからない」人は、申し込む前によ~く考えましょう。

 

受験料が約6000円くらいなので、受けられる保証がないまま申し込むのはちょっとリスキーです。

 

TOEICを申し込むときの注意点

最後に、TOEICを申し込むときの注意点についても触れておきますね。

初めてだからこそ、不安になる疑問点もあったりしますので。

申し込む前、申し込んだあとにでも1度、チェックしておくといいですよ。

 

①支払い期限までに支払う=申し込み完了

TOEICの申し込みなのですが、実際は「支払いが完了」して初めて申し込みが完了です。

クレジット払いであれば、そこまで問題はないのですが...

コンビニ払いを考えている人は注意です。

 

申し込み期限が過ぎた場合は、もちろんTOEICの受験はできないですが...

受験料の支払いを忘れた場合でも、受験ができなくなるので気をつけましょう。

 

そういう意味でも、インターネット受験や申込みをするほうが安心だと思います。

 

②TOEICの会場は受験票が届くときにわかる

TOEICの会場は「受験票が届くとき」にわかります。

つまり「受験料を払ったあと」にわかるってことですね。

 

受験会場の決まり方や、受験地の変更などについては

こちらをチェックしておくといいですよ。

 

公式サイトでも大まかには載ってるのですが、地域によっては載ってない場所が会場になることもあるので。

受験票が来たときには、必ず見ておくことをおすすめします。

 

③TOEICの代理受験はできない

当たり前ですが、TOEICでは「代理受験」はできません。

実際、試験の当日になると「身元の確認」をするので、誰かの代わりに受験をしたり・任せることはできません。

 

TOEICの当日についてはこちらを見てもらえればOKです。

 

また2020年からは「身分を証明する」際にも、新しいルールが設けられます。

具体的には「会社で使う身分証明書はNG」になります。

TOEICを初めて受ける人は、この辺のルールについても一通りチェックしておくと安心です。

 

【まとめ】TOEICの申込みは「期限」に注意【※意外と忘れます】

今回の内容をまとめます。

  • TOEICの申込みは「ネットが楽」
  • ネットだと結果も早く見れます
  • キャンセルは出来ないので注意
  • 申し込み時の注意点も押さえると安心

 

TOEICを申し込むとき、意外とおろそかにしがちなのが「期限」です。

申し込もうと思っても、受験料を払い忘れたり、後回しにしたりして「期限をすぎる」ことはまあまああります。

特にコンビニ払いだと「試験の申込み期限+受験料の支払い期限」の2つがありますからね。

 

なので、TOEICを申し込もうと思ってる人は「期限」は必ずチェックしておくことをおすすめします。

後回しにするとついつい忘れやすいですよ(汗

)

-TOEIC

Copyright© マナビッシュ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.