TOEIC

TOEIC600点に必要な英語レベル【※難易度や就職の評価も公開】

投稿日:

「TOEIC600点に必要な英語レベルは?」

「600点取る難易度って高いの?」

「TOEIC600点って就職で評価されます?」

 

ここでは「TOEIC600点のレベル」に関する疑問について答えます。

いろんな理由からTOEICで600点を目指してる方は増えてます。

それに伴って、様々な疑問も出てくると思うんですよね。

 

そこで今回ここで話すテーマは

  • TOEIC600点に必要な英語レベル
  • TOEIC600点を取る難易度
  • TOEIC600点の就職の評価

この3点が中心です。

 

ぜひ今後、TOEICで600点を目指す人は参考にしてください。

 

TOEIC600点に必要な英語レベル

TOEIC600点に必要な英語レベルは

  1. 基礎の単語や文法は理解している
  2. センター試験向けの英語力がある
  3. 英検2級を取れるくらいの英語力

この3つがわかりやすい目安になると思います。

 

①基礎レベルの「単語」「文法」知識がある

まず1つ目は

基礎の「語彙力」「文法力」がわかっている

これくらいの英語レベルは必要です。

 

というのも、TOEICの試験では

基礎的な英語力は最低限わかっている

という体で、問題が作られているからです。

 

例えば、TOEICではこんな問題が出たりします。

A lot of vehicles (are) running on the bridge.

(たくさんの乗り物が橋を走ってます)

 

リスニングであれば「vehicles」を知っていれば解けますね。

リーディングであれば、カッコ内に当てはまる「be動詞の形」が問われます。

 

TOEICは難しい単語や表現ばかり聞かれると思いがちですが...

意外と「これ中学生でも分かるでしょ?」というレベルも出るんです。

それだけ、英語の基礎をチェックしたいテストだったりします。

 

②センター試験の英語力も役に立つ

TOEICでは「センター試験の英語力」も役立ちます。

 

具体的にどこで役立つかと言うと...

文法の知識を問う「Part5・6」

で活かすことが出来るんです。

 

TOEICではPart5だけでも「30問」。

そのうちの8~9割は、基本的な文法力を聞かれます。

センター試験でも、文法問題が出るので、その知識だけは無駄なく使えるんですね。

 

単語に関しては、やや厳しい面があるので...

しっかりとTOEIC向けの単語を押さえる必要があるので注意です。

 

③英検→「英検2級」くらいの英語レベル

あくまで「大まかな目安」ですが

英検で2級を取れる・合格できる

くらいであれば、TOEIC600点と同レベルと考えてOKです。

 

というのも、英検2級の英語レベルは

「ビジネスシーンでも英語力がアピールできる」

という基準になっているからです。

 

TOEICでも「ビジネスシーン」を想定した会話・英文が多く出ます。

特にリスニングに関しては、より自然な会話でやりとりするものが増えてます。

なので、あえて英検のレベルと比較するなら「英検2級」くらいが目安になるのかなと。

 

TOEIC600点を取る難易度

①TOEIC600点取るのは「難しくない」

個人的には、TOEICで600点取るのは

そこまで難しくないレベル

だと考えています。

 

ちなみに私が最初に受けた時は「300点」くらいでしたが...

実際に600点を取るための勉強をしていると、色んなことに気づけます。

 

  • 中学・高校の文法が理解できてない
  • 学校で習った発音・音声の発音が違う
  • 難しい問題に時間をたくさん使っている

など、英語の知識はもちろん、正しい発音が分かってない、時間配分といった問題点がでてきます。

 

特にこの「英語の基礎知識」は本当に大事です。

 

なので、もしも英語が苦手な人がTOEICを勉強するなら

さきに中学の英語からやり直す

ことを強くオススメします。

 

②英語が苦手な人→「中学英語」から

「英語がもともと苦手なんです...」

という人は、TOEICの対策よりも「中学英語の対策」を優先してください。

 

理由は上でも言ったように

基礎レベルの知識を前提に問題が作られるからです。

 

今は、中学の英語をわかりやすく学び直せる参考書はいろいろ出てます。

本屋に行けば、売ってると思うので「自分でも理解できそう」な本を選ぶといいですよ。

 

 

③初めて受ける人→「1回受験」をオススメ

出来れば、まだ受けたことがない人は

とりあえず1回、TOEICを受けてみる

というのもありだと思います。

 

これをやる目的として

  • 今の「英語力」を確認できる
  • TOEIC試験の流れや雰囲気がわかる
  • 2時間ぶっ続けで受ける感覚がわかる

こういった経験ができるからです。

 

時間やお金の面で余裕がある人は、1度どんな感じなのか受けてみるのも悪くないです。

特に、就職を考えてる大学生とかは、比較的受けやすいのではないでしょうか?

 

ということで「TOEIC600点は就職でどうか?」というお話もしていきます。

 

TOEIC600点の就職の評価

①企業は「平均600点前後」を求めてる

まず結論として企業は

TOEICで平均600点持ってる人を求めている

ということです。

 

 

大学生であれば、就職活動で「TOEIC600点」を持つメリットは大きそうです。

受ける企業によっては履歴書に書いても問題ないかと思います。

 

また、実際に会社に入ってから、TOEICを受験・昇進などの理由で受ける人も多いです。

 

であれば、例え600点が低いスコアと思われても

(異動や昇進)のために高スコア(700~900点)を今後取る

という姿勢が、企業や職種によっては通用するかもしれません。

 

そういう意味では「先にある程度のスコアを持っておく」のはアドバンテージかもしれませんね。

 

②社会人も「600点」が平均くらい

企業に入ってから、TOEICを受験する社会人も「600点」が平均です。

 

社会人になって受験している理由としては

  • 昇進の関係でどうしても必要
  • 海外出張の条件になっている
  • 海外とのやりとりで一定の英語力がいる

こういった背景があるからです。

 

今はこんな感じで、昇進や出張の都合で「TOEICスコアが急に必要になる」ケースは珍しくありません。

そうなると限られた時間で勉強しないといけませんが...

時間が確保しやすいという意味でも「大学生」は取っておいて損はないかと思います。

 

③大学生はTOEICを受けて損はないです

大学生は時間も比較的あると思うので

余裕があるときに受験しておく

のも悪くないと思います。

 

資格として取るも良し。

就職を視野に入れて取るも良し。

大学で留学や、特別な待遇を受けるために取るのもいいです。

 

実際、私も「TOEICで○○点あると授業料が一定額免除」という制度がありました。

なので、割と頑張ってみる価値はあるのではないかと思います。

 

最後に「TOEIC600点に関するQ&A」についてまとめてます。

気になる方は、参考程度に見てみてください。

 

【Q&A】TOEIC600点に関する疑問 総まとめ

①「TOEIC600点の英会話力は?」

A:「日常の簡単な会話レベル」くらいです

 

600点はあくまで「日常会話はある程度問題なし」くらいなので...

滅茶苦茶ペラペラとまではいきません。

 

そもそも「話すテスト」でもないですからね。

 

②「高校生でも600点は狙えますか?」

A:十分狙えます。寧ろリスニングUPになるのでオススメ

 

高校生も600点は十分可能だと思います。

初めの方で言ったように、センター英語の知識も多少は活かせるので。

 

またリスニング力を鍛える意味でも、やる価値はあります。

TOEICはリスニング・ライティングが半分ずつなので、嫌でも鍛えたくなると思いますよ。

 

③「600点超えないのですが...どうすれば?」

A:「結果を見て、不得意なPartを集中的にやりましょう」

 

TOEICの結果には「自分が得意・不得意な分野」がコメントされています。

また自分が受けていて「このパートさっぱりだったな...」と感じる場所もわかると思うので。

 

まずはその不得意なPartを中心に、勉強をし直すといいです。

 

④「テクニックで600点狙えます?」

A:狙えますが、年々通用しなくなってるのも事実です

 

試験では「ザ・テクニック」的なものが少なからずありますが...

TOEICでも一応、そういったテクニックはあります。

 

  • Part2:聞こえた単語・似た音の単語の選択肢は☓
  • Part3~4:先読みをして集中して聞く場所を絞る
  • Part5:訳さずに、形で選択肢を選ぶ

などなど...

 

ただその一方で「長文は摘んで読む」「設問で聞かれた部分だけ読む」など...

昔は通用していたテクニックが使えない傾向にもなってます。

(※テクニックが使えると、真の英語力が測れないので)

 

なので600点に限らず、基本的には正攻法で取りにいくのが無難だと思います。

 

⑤「600点取るための解き方を知りたい」

A:別の記事で話してるのでそちらをみてください。。。

 

 

⑥「塗り絵ってやるべき?点数下がらないの?」

A:やっておきましょう。点数は下がりません。

 

どうしても間に合わない時は「塗り絵」をしてください。

TOEICでは「正解数」に応じてスコアが決まるシステムなので...

間違えても、スコアが下がることはありません。

 

⑦「600点向けのTOEIC参考書をぜひ...」

A:こちらも別記事で紹介してます

 

 

⑧「600点狙う人は、Part7どうすれば?」

A:「なるべく分かりそうな問題を見つけてマークします」

 

600点を目指す人は、Part7もなるべく考えて解きましょう。

 

私の場合は当時

「内容をサラッと読んでテーマが分かるもの」

であれば、時間をかけて解いてました。

 

逆にサッパリな内容は、適当にマークしたり、それっぽい選択肢を選ぶくらいです。

 

⑨「600点を取るコツを教えて下さい」

A:「取れる問題をしっかり取る」これに尽きます

 

600点を目指すなら、あれもこれも取るよりも

「取れる問題を取って、取りこぼしを減らす」

これを意識するほうが、スコアは伸びると思います。

 

中でもリスニングは「Part1~2」リーディングは「Part5~6」を着実に取るのが1番です。

残りの「Part3~4・7」は、自分の得意な方、何とか点を稼げそうな方を選べばOKです。

 

特にリーディングは「自分のペースで解ける」ので、少しでも自分が解ける問題を探すのも大切ですよ。

 

⑩「リスニング・リーディング、どっちを優先?」

A:「お好きな方でOK。でもリスニングは意外と伸びやすい」

 

初めて受ける人、リスニング力が低い人のスコア配分って

リーディング>リスニング

こうなりやすいのですが...

 

しっかり対策や学習をしていくと

リスニング>リーディング

こんな感じでスコアが逆転しやすいです。

 

これはシンプルに「リスニングは聞き取りが出来ると伸びやすい」特徴があるからです。

またリーディングと違い、絶対に「全問ある程度考えてマークできる」ので、点が伸びやすいのかなと。

 

-TOEIC

Copyright© マナビッシュ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.