TOEIC

TOEICで500点レベルを狙う勉強方法【※参考書の選び方も解説】

投稿日:

yuki

TOEIC500点に必要な英語レベルって?

500点取るための勉強法を知りたい

500点を狙える参考書って何があるの?

という疑問やお悩みをお持ちの方へ。

 

ここでは

TOEICで500点レベルを狙う勉強法&参考書選び

これらについて紹介します。

 

私も最初受けたときは「300点」くらいでした。

そんな私でも「300→500点レベル」は目指せたので、その時の経験談も含めて話せたらと思います。

やることはシンプルなので、英語が苦手な方や高校生も十分狙えますよ。

 




 

TOEICで500点レベルを狙う勉強法【※参考書の選び方も解説】

ここでお話するテーマは

  1. 500点を取るのに必要な英語レベル
  2. TOEICで500点を狙う勉強方法
  3. 500点を目指す人向けの参考書

この3つを中心に解説します。

 

やるべきことが分かれば、500点はそこまで高いハードルではないです。

 

500点を取るのに必要な英語レベル

TOEICで500点を取るために必要な英語レベルは

  • 短い英文ならそこそこ聞き取れる
  • 中高レベルの英文法は7~8割わかる
  • やさしい内容の英文なら読んで理解できる

これくらいを目指せばOKです。

 

公式でも、500点台は「基本的な文法や構文は身についている」と言われてます。

逆に言えば、500点レベルを取るには、文法や構文の知識は押さえる必要がありますね。

これからTOEICで500点を目指す人は、やるべき勉強がわかりやすいので、ある意味ラッキーかもしれません。

 




 

 

TOEICで500点を狙えう勉強方法

TOEICで500点を狙う勉強方法は、以下の4点。

  1. 単語は600点レベルを覚える
  2. 中高の英文法をおさえる
  3. 短い英文は聞き取れる練習をする
  4. パート1・2・5を中心に勉強する

それぞれ順番にみていきます。

 

TOEICの点数配分を知りたいという人は、こちらを参考に。

TOEICの点数配分(配点)の仕組み【※パート別で目安はわかる?】

yuki ■TOEICの点数配分ってどうなってるの? ■1問あたりの配点を知りたいです ■パート別で目安とかわからないの?   TOEICの点数配分ってよくわからないことが多いですよね。 問 ...

続きを見る

 

①単語は600点レベルを覚える

TOEICで500点を狙う人は

600点レベルの単語を覚える

これを目標にしていきます。

 

理由はシンプルで、TOEICで理解できる文がその分増えるから。

 

TOEICのスコア低い人ほど、「何て言ってる・書いてあるかわからない...」こういったことが多くなります。

分からない単語が多いほど、問題が解きにくいのはある意味当たり前です。

 

また単語力を強化することで「選択肢を絞りやすくなる」というメリットもありますね。

 

仮に2択まで絞れなくても、間違った選択肢を外せるのはそれだけ正答率も上がってきます。

なので、単語レベルについては600点を目標に覚えると良いですよ。

 

 

②中高レベルの文法をおさえる

中高レベルの文法をしっかりおさえる

これもTOEICで500点を狙う上で大切なことです。

 

理由は主に3つあります。

  1. 文法の知識は、TOEIC全体でいかせる
  2. リーディングのPart5で有利になる
  3. 英文の意味を間違えずに済む

 

文法って「パート5でしか活かせないでしょ?」って思われがちですが。。。

意外と他のパートでも知識は役に立ちますね。

というか「かなり」問題が解きやすくなるので、本当に時間をかけてやるべきです。

 

実際、私の場合も「文法の理解」を固めたことで

  • Part5と6の解答スピードが上がった
  • 英文の「誤訳」が減った
  • 設問を読むスピードも上がった (先読みがラクになる)

こういったメリットがありました。

 

 

③短い英文は聞き取れる練習をする

500点を狙う人は

短い英文は聞き取れるようにする

これを目指してほしいですね。

 

理由はシンプルです。

  1. 短い文なら、聞き取りも難しくない
  2. 短い文なら英語の意味も理解しやすい
  3. Part1と2は500点の人にとって得点源になる

 

Part1~2は少し難問はありますが、それでも点は比較的取りやすいです。

逆にここで点を稼がないと「Part3~4の長文」で点を取りに行かないといけません...。

 

なので最低でも、Part1~2の短い文を聞き取れるリスニング力はつけたいところ。

言い換えれば「Part3~4の基盤になる」ので、時間をかけてでもやるべきです。

 

 




 

TOEICで500点を取る人向けの参考書

TOEICで500点を狙うのにオススメな参考書は以下の通り。

それぞれ、参考書の特徴やオススメの理由も解説してます。

 

※実際は「500点から600点」狙う人が使ってもOKです

 

①世界一わかりやすいTOEICテスト(600点)

「世界一わかりやすいTOEICテスト(600点)」

 

これの特徴やおすすめする理由は

  1. TOEICの特徴まで載っている
  2. とにかく解説がわかりやすい
  3. どこで点を稼ぐべきかわかる

 

600点を目指す人の参考書ですが、500点目指す人にもおすすめです。

 

なぜなら、600点を取ることに特化した参考書なので

「どのPartのどの問題で点を取りにいくべきか?」

このコツやノウハウは500点を目標にする人にも活かせるからです。

 

「勉強したいけど、どこから勉強しよう...」

こう悩んでいる人には向いている参考書だと思います。

 

②TOEICの公式問題集

「TOEICの公式問題集」

 

これの特徴やおすすめする理由は

  1. 本番に近い形式で対策ができる
  2. 自分に足りない力を発見できる
  3. TOEICで求められる英語力がわかる

 

公式が直に出している問題集なので、本番に限りなく近い対策ができます。

出題される問題も、公式が厳選してる点グッドポイント。

 

全く見当違いのTOEICの対策をしなくて済むのは利点ですね。

 

③世界一わかりやすいシリーズ(Part1~7)

「世界一わかりやすいシリーズ(Part1~7)」

 

これの特徴やおすすめする理由は

  1. どれも解説がわかりやすい
  2. リスニングは聞き取れない人向け
  3. リーディングは解き方を簡潔に解説
  4. TOEIC初心者の入門にピッタリ

 

世界一わかりやすいシリーズは「初心者」におすすめです。

 

演習を多くやるのではなく

「どう解いていくべきか?」

「どう考えて解くのが重要なのか?」

「どう対策していいのかわからない」

どちらかというと、こういったことを知りたい人向けの参考書となってます。

 

④TOEIC L&Rテスト でる1000問

「TOEIC L&Rテスト でる1000問」

 

これの特徴やおすすめする理由は

  1. 得点源であるPart5~6の対策が可能
  2. 問題数も多く、演習向き
  3. 解説も丁寧である

 

リーディングのPart5~6は、対策すればするほど点が安定します。

文法問題なので、他のパートよりも結果が点に反映されやすいんです。

 

これは1000問あるので、まず演習として十分でしょう。

特に500点台を狙う人は、この文法問題でスコアを稼ぐのが大事なので...

文法を強化したい人にはおすすめしたい参考書です。

 

⑤新形式精選模試 リスニング

新形式精選模試リスニング

 

これの特徴やおすすめする理由は

  1. リスニング対策が徹底的に可能
  2. 解説もしっかり載っている
  3. 模試5回分なので、演習も十分
  4. Part1~2の問題は本番に近い

 

リスニング学習はコツや対策がないと思われがちですが...

この参考書は、リスニングで正解を導く考え方も解説されています。

 

Part3~4は逆に模試よりも少し難しいので、600点以上を視野に入れるときにやると○

500点を目指す人はPart1~2を繰り返し解くのがいいですね。




 

【まとめ】500点を取る勉強方法はシンプル【※壁は高くないです】

今回の内容をまとめます。

  • 500点のハードルはそんなに高くない
  • 取れるパートの問題を取ればOKです
  • 初心者向けの参考書もちゃんとあります

 

意外と500点を取るのに必要な勉強法はシンプルです。

必要な知識は押さえつつ、取るところは取るつもりでやれば十分狙えるからです。

 

今回紹介した参考書を使えば、最低限

「どこで点を稼ぐのが500点狙いやすいのか?」

「得点源になるパートの対策や勉強法」

これらがわかるので、ぜひ活用してもらえればと思います!

 

-TOEIC

Copyright© マナビッシュ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.