TOEIC

【絶望】TOEIC100点台の現状と勉強法【100点未満の人も】

投稿日:

yuki

TOEICが100点台だったんだけど...

100点台ってどれくらいヤバイの?

100点台の人は何から勉強すべき?

こういった疑問について答えていこうと思います。

 

いきなり結論ですが、100点台の人は「英語の基礎力」がかなり抜け落ちてます。

どちらかというとTOEIC対策よりも「中学・高校の英語」をやり直すのが正解です。

 

そこで今回はこの3つのテーマでお話します。

  1. TOEIC100点台の現状【※基礎英語をやり直そう】
  2. TOEIC100点台の人向けの勉強法
  3. 基礎がないままTOEIC対策するのはキケン

100点台で絶望してる人も心配はいりません。

やるべき勉強法がわかっていれば、スコアはグングン伸びるので。




 

TOEICが100点台の現状【※基礎英語をやり直そう】

【現実】基礎的な英語力が「かなり不足」してます

結論から言うと、TOEICで100点台取る人は「基礎的な英語が不足している」

これをまず理解しておきましょう。

 

ココで言う「基礎的な英語」というのは

  • 中学生レベルの基礎がわからない
  • 単語や文法の意味もわかっていない
  • 語順の理解もあいまい

という意味です。

 

当たり前ですが、基礎が分からないとTOEICでスコアを伸ばすのは難しいです。

 

TOEICでは主に「リスニング」「リーディング」の2種類あるのですが

  • リスニング→何を言ってるのか全くわからない
  • リーディング→読んでも意味が読み取れない

おそらくほとんどの人がこうだと思うんですよね。

 

なので、まずはとにかく「基礎英語のやり直し」からです。

この次で具体的な勉強法について解説していきます。

 

TOEIC100点台向けの勉強法【※流れを解説】

主な手順は以下のとおりです。

  1. 中学生レベルの英語からやり直す
  2. 高校生レベルの英語を学習・復習
  3. まずは600点を目指してTOEIC対策

それぞれ順番に解説をします。

 

①まずは「中学生レベル」の単語と文法から

まずは「中学生レベルの単語や文法」から始めます。

 

具体的には...

  1. 「be動詞」とは何か?
  2. 疑問文や否定文の作り方
  3. 過去形・未来形のルール

この辺の基礎から丁寧にやり直すといいです。

 

というのも、TOEICではこういった「基礎知識」も当たり前のように問われるからです。

(※特にPart5でそのまま活きてきますよ)

 

実際にTOEICでは

  • Where→「場所」を聞いてるのがわかる
  • How many→「数」を聞いてるのがわかる
  • will ◯◯→◯◯に入る「動詞の形」は何か

こんな感じの理解をするだけで解ける問題がありますからね。

 

ちなみに中学レベルの英語をやるのであれば

この辺りを選んでOKはまずOKです。

どれも理解しやすい作りになってますので。

 

とにかく初めは「中学レベルの英語」から鍛えていきましょう。

 

②次に「高校生レベル」の文法をやる

中学英語の基礎が固まったら「高校生レベルの文法」です。

この理解をしっかり固めておきましょう。

 

ここで気をつけたいのは、「文法の参考書選び」です。

わかりやすい解説もあれば、かなりわかりづらいものまでピンきりです。

 

特に中学英語からやり直している人は「解説がとにかくわかりやすい」ものを選ぶとOK。

高校英語になると、どうしても内容も複雑になってきます。

無理に暗記で乗り切ろうとしても、後で忘れやすくなりますからね。

 

個人的にはこの3つがオススメです。

どれも同じ人が教えてるのですが「なぜそうなるのか?」を親切に解説してくれます。

文章で理解できればそれでOKですし、動画で解説してほしい人はスタサプあたりは超おすすめ。

暗記が苦手な人ほど「理屈で理解する」ほうが頭に入って来ますよ。

 

③まずは「600点」を目指してTOEIC対策

 

基礎の英語がそこそこ理解できたら、いよいよTOEIC対策です。

個人的にはまず「600点を目指す問題集」を使って勉強するのがオススメです。

 

理由は3つあります。

  • 自分が取るべき問題がわかる
  • 逆に捨てるべき問題もわかる
  • 問題も難しくないのでやる気もでる

いきなり700とか800点を目指すのは現実的ではないですからね...

TOEICの形式になれる意味でも、まずは600点を目指すくらいの気持ちがちょうどいいです。

 

後、あまりに上級者向けの問題集に手を出すと「ぜんぜん正解できない」ってなる可能性もあるので。

勉強のモチベを下げる要因にもなるのであまりオススメしません。

 

600点を目指す問題集もいくつか紹介しておきます。

 

基礎がないままTOEIC対策はキケン【※モチベ下がります】

「TOEICを解きながら基礎のおさらい出来るのでは?」

こう考える人もいると思いますが、個人的にはオススメしません。

 

理由はシンプルで「解説を読んでもわからなくなる」からです。

これは実体験ですが、自分もスコアが300点くらいの時に「公式問題集」で始めたんですよね。

でも解いた後、解説を読んでも「え?なんでそれが答えになるの?」みたいなケースが結構あったんですよ。

 

あくまで問題集の解説は「最低限の知識は理解できてる」前提で載ってます。

特に文法に関してはそうで、そもそも論からは説明してくれないですからね...

なので、最低でも中高レベルの英語は理解した上でTOEIC対策するのがベストです。

 




 

【まとめ】TOEIC100点台は「基礎英語」を優先【※TOEIC対策は後回し】

今回の内容をまとめます。

  • 100点台は「中学の英語」も怪しい
  • まずは「中学の英語」から復習
  • 「中学英語→高校英語→TOEIC対策」が無難
  • まずは「600点目指す問題集」がオススメ

 

TOEICは「基本的な英語力」が試される試験です。

なので、基礎的な知識が不十分だと、結構スコアを取りにくくなります。

 

でも、言い換えれば「基礎的な知識がわかる」なら、スコアは比較的、伸ばしやすいとも言えます。

もちろん、TOEIC特有の難しさは少なからずありますが...

基礎を押さえるだけでも、点の伸びはかなり変わるのでぜひ頑張ってくださいね。

 

-TOEIC

Copyright© マナビッシュ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.