中学英語

英語が苦手な中学生向けの教え方【※元英語嫌いの私が解説します】

投稿日:

「中学生の英語の教え方がわからない」

「英語が苦手な子の対処法を知りたい」

「そもそも親もよく分かってない...」

 

こういったお悩みにお答えしていきます。

 

中学生に入ると「英語」も勉強していくのですが...

結構な確率で「英語が苦手」になる中学生が出てきます。

私自身も当時、中学1年生から躓いた学生の1人です...

 

そこで、今回お話するテーマは

  1. 中学英語の教え方
  2. 英語が苦手な中学生への対処法

この2点について解説をしていくので、参考にしてください。

 

中学英語の教え方【※元英語嫌いが解説します】

元英語嫌いの私が「中学英語の教え方」で伝えたいのは

  1. 「英語は結論が先にくる」言語
  2. 文法は「イメージ」で理解する
  3. 文法用語は「あまり覚えなくてOK」
  4. 英文は「頭から理解する」クセを付ける
  5. 単語は「正しい発音」も合わせて教える

この5つです。

 

それぞれ順番に理由を解説していきます。

 

①「英語→結論が最初」に来ます【※日本語は逆です】

1つ目に教えるのは

英語は「結論を先に持ってくる」言語である

ということです。

 

なんでこれを教えるのかと言うと

英語と日本語では、これが全くの逆だから。

だからこそ、習い始めた中学生は混乱しやすいんです。

 

わかりやすい例を1つ挙げると...

日本語:私は昨日、家の近くにあるABC公園に行きました。

英語:I went to ABC park near my house.

 

文を見てもわかるように、日本語は結論が最後にきています。

(※「ABC公園に行った」ことが最後まで聞いて始めてわかる、という意味です)

 

一方、英語では結論が最初に来ていることがわかりますね。

(※まず「ABC公園に行った」ことが最初でわかる、ということ)

 

こんな感じで、日本語と英語では

話の結論(もっとも言いたいこと)が来る場所が違う

ことを知っておく必要があります。

 

②文法は「イメージ」で理解する【※日本語で考えると危険です】

2つ目に教えたいのは

文法はイメージで理解してください

ということです。

 

何故かと言うと、英語と日本語は「違う言語」なので

無理に日本語で考えると、余計にわからなくなる

からです。

 

私の場合、日本語で考えて特に混乱したのが

過去形と現在完了形の「日本語訳」の違い

でしたね。

 

授業では

過去形:~した

現在完了形:~してしまった

と教わりましたが、「どっちも言い方がちょっと違うだけでは???」と混乱しました。

 

ちなみにこの2つの違いは、下の例文で考えるとわかりやすいです。

過去形:He lost his wallet. (彼は財布を無くしました)

過去形のイメージ:「過去の1点だけ」を強調する表現

ニュアンス:「彼は財布を無くしたけど、今はあるかどうかわからない

ポイント:友達にこれを言うと、(今は財布あるの?無いの?)と思われる

 

では、次に現在完了形で考えると。。。

現在完了形:He has lost his wallet. (彼は財布を無くしました)

現在完了のイメージ:あくまで「現在」を強調する表現

ニュアンス:彼は財布を無くした+今も財布が無い状態

ポイント:これを友達に言うと、(今も財布が無いから困ってるんだな...)と思われる

 

日本語で考えると、違いが分かりにくいですが...

イメージで考えることで、グッと理解がしやすくなる文法は多いです。

 

③文法用語は「あまり覚えなくてOK」【※混乱するだけ】

3つ目に教えたいのは

文法用語はあまり覚えなくてOK

ということです。

 

理由は言うまでもなく、ただ混乱するからです。

 

大事なのは、「文法のイメージ」であって、その用語名ではありません。

文法の用語ばかり気にして、余計に混乱しては本末転倒なので...

文法はあくまで「これは何を表現するために使われるの?」を重要視してください。

 

④英文は「頭から解釈する」クセを付ける

4つ目に教えたいのは

英文は頭から解釈をするクセを付ける

ということです。

 

学校の授業や先生は「後ろから訳すとわかりやすい」って言うと思いますが...

これに慣れると「リスニングで意味を掴みにくくなる」デメリットがあります。

 

ちなみに、学生の子で「リスニングで何言ってるかわからない」原因になるのもこれが関係してます。

英文を最後まで聞いてから訳すクセが付いていて、音声についていけなくなるんです。

 

もちろんテストでは「この英文を日本語に直しなさい」って問題が出るとは思いますが...

できれば、最初は「文を頭から理解して読む」クセを付けた上で、日本語で答えを書けるようにするのが理想です。

 

⑤単語は「正しい発音」も合わせて教える

5つ目に教えたいのは

単語は「正しい発音」と一緒に教える

ということ。

 

なぜ発音も合わせて教えるのかと言うと

リスニングで英語が聞き取れない

という悩みを少しでも解消するためです。

 

私も経験しましたが、英語がある程度得意ですら、聞き取りでは少し不思議なことが起きます。

 

それは

「英文を見たら内容は分かるのに、なぜか聞き取れない」

という現象です。

 

なぜこんなことが起きるのかと言うと

英語の意味と発音がセットで覚えてないから

これが結構大きいです。

 

なので、単語に関しては「自分で正しい発音ができる」レベルにしておくのがベストです。

 

英語が苦手な中学生への対処法

英語が苦手な中学生への対処法は2つ。

わかりやすい参考書を使って勉強

日本語よりもイメージでなるべく理解させる

これらが効果的かなと思います。

 

①「わかりやすい参考書」を使って勉強する

わかりやすい参考書を使って勉強する

これは私の経験からもオススメです。

 

というのも、学校の授業では「指定の教科書」を使うので

中学生が理解しやすいか

という配慮がやや欠けているからです。

 

個人的に「英語が苦手」だからこそオススメしたいのは

この3冊。

 

本屋にもあると思うので、1回中身を見て、分かりやすそうなものを選ぶといいですよ。

中学生がわからなくなるポイントを把握した上で、わかりやすく解説をしてくれてます。

 

②日本語ではなく「イメージ」で理解させる

上でも言いましたが

英語は日本語ではなくイメージで理解する

この方がかなり頭に残りやすいです。

 

文法はもちろん、動詞や前置詞、副詞なども日本語よりも「イメージ」の方が理解しやすくなります。

「覚えるのがとにかく苦手!」って子には、イメージで意味を定着させる学習法をオススメします。

 

中でもオススメしたいのは

この3冊です、どれも「世界一わかりやすい」で有名な関正生先生の参考書です。

 

【まとめ】英語が苦手でも大丈夫!教え方次第で一気に分かることもあります

今回の内容をまとめます。

 

  • 英語は「イメージ」や「考え方」が重要
  • 日本で教えると逆効果になることも
  • 用語は無理に覚えなくてOK
  • 苦手な子は「わかりやすい参考書・教材」で学ぶのが1番

 

私も中学生のころは「大の英語嫌い」でした...

(当時は塾で何とかわかるようになりましたけどね)

 

ただ、他の教科と違って「英語」は親の人が教えるのは難しいのもまた事実です。

なので、英語が苦手な子は特に「教わり方を変える」ことが重要です。

 

もちろん私のように、塾を検討するも良し。

参考書を利用して、理解できないか試すも良し。

プロの講師から授業を受けるサービスを利用するも良し。

 

今は学校以外でいくらでも、わかりやすい教え方をしてくれるサービスはあります。

なので、「英語はもうみるのも嫌」になる前に、その子にあった教え方を見つけてあげてくださいね。

 

-中学英語

Copyright© マナビッシュ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.