グラブル

【グラブル】中級者の目安と日課でやるべきこと7選【※2020年版】

投稿日:

yuki

グラブルで中級者って言える目安は何だろう?

中級者がやるべき日課を教えてほしい

中級者はどんな編成をめざすの?

 

こんな疑問に答えます。

 

今回、お話するテーマは以下の3点についてです。

  1. グラブルの中級者の目安
  2. 中級者がやるべき日課【※優先度順に紹介】
  3. 中級者が目指す武器の編成

グラブルをやってると、初心者から中級者の境目がわかりにくいと思います。

 

一応、公式が中級者の目安を紹介してくれてますが...

正直、シンプルに「初心者・中級者・上級者」って分けられるものでもないです。

ということであくまで1つの指標としてみて参考にしてもらえればと思います。

 

グラブルの中級者の目安【※マグナ編成を4凸】

まず結論からいうと、僕の考える中級者の目安は「マグナ編成の4凸」です。

(※マグナ武器を3凸できるほどの戦力があるという担保になりますしね)

というのも、マグナ武器の4凸って

  • マグナ武器をある程度、自分で集められる
  • 4凸に必要な素材が初心者には少し荷が重い

こういった理由があるから。

 

昔と環境が違うとはいえ、上限解放の素材集めを自分でするのは初心者と大きく違うかなと。

プシュケーやエレメント集めを意識するのも、中級者への1歩としては妥当だと思います。

中級者を目指してる初心者の人は「マグナ武器の4凸」を1つ目の目安にしておきましょう。




 

中級者がやるべき日課【※優先度順に紹介】

ということで次に解説するのは「中級者がやるべき日課」について。

上でいったマグナ編成の4凸が終わってからやるべきことを紹介していきます。

 

ちなみに日課リストを並べるとこんな感じ。

  1. マグナボスの周回
  2. マグナHLの周回
  3. マグナ2で武器集め
  4. 武勲・栄誉の輝きあつめ
  5. アーカルムのチケット消化
  6. イベントのデイリーミッション(MANIACも)
  7. 1部のマルチボスの自発&周回

それぞれの目的や理由を具体的に解説していきますね。

 

①マグナボスの周回

まずは「マグナボス周回」です。

普段はともかく、半額イベントのときは特にやっておきたいところ。

目的はもちろん「スキル上げの餌集め」になるから。

 

中級者になると作成できる武器、上限解放ができる武器も増えてきます。

それに伴って「スキル上げ用の武器」も必要になることが多くなりますよ。

今はもう1度に3回分の自発もこなせるので、効率的に周回できるようになりました。

 

②マグナHLの周回

次は「マグナHLの周回」です。

これも半額時に必要に応じてやっておくといいですね。

 

マグナHLを周回する目的として以下の3つを集められます。

  • 栄誉の輝き:マグナ2武器の交換に使える
  • ビー玉:武器/召喚石の上限解放で必要になる
  • クリスタル:マグナ2ボスの自発で必要

 

中級者になると作成・上限解放できる武器が増える一方で...

同時に必要になる素材もいろいろ面倒になってきます。

特にビー玉あたりは結構いろんな武器で必要になるので、定期的にあつめる習慣をつけておくといいです。

【グラブル】ビー玉が足りない人向けの集め方【※必要な武器も紹介】

yuki ビー玉が足りない... 効率的な集め方を教えてほしい ビー玉が必要な武器と必要数も知りたい   こんな疑問に答えます。   グラブルをやってると以外に必要になってくるのが ...

続きを見る

 

③マグナ2で武器集め

中級者の日課で大事なのが「マグナ2武器集め」になってきます。

初心者のときはマグナ武器集めがメインでしたが、中級者はマグナ2武器がメインですね。

上で出てきたクリスタルはこのマグナ2ボスの自発で使います。

 

中級者が早めに日課にするべき理由として

  • 1日に「1回」しか自発できない
  • 武器は「赤箱・青箱」からのみドロップ
  • 中級者なりたてだと「青箱」のドロップもしんどい
  • 貢献度に応じてドロ率が変動→大人数の連戦がしづらい

こういった特徴があります。

 

ちなみにマグナ2武器は「栄誉の輝き」で月に1本それぞれ交換できます。

初めは武器集めで苦労するので、輝きの交換をメインに集めていくことになると思いますよ。

そういう意味でも、次で紹介する「輝きあつめ」も忘れずにやっておきたいところです。




 

④武勲・栄誉の輝きあつめ

中級者になると「栄誉の輝き」を稼ぐことができます。

武勲の輝きと一緒に、栄誉の輝きも毎週上限まで集めていきましょう。

 

栄誉の輝きを集める目的として

  • クラス4ジョブの証と交換できる
  • マグナ2武器と交換できる

といったメリットがあるので、忘れずに稼いでおきましょう。

 

もちろん武勲の輝きも「ムーン交換」用にある程度は稼いでおくといいですね。

貯まりすぎた場合は、適当な武器と交換して消費しちゃってもOKです。

 

⑤アーカルムのチケット消化

アーカルムのチケットもなるべく消化しておきます。

上限を超えると、余りぶんは繰り越されないので...

なるべくチケットが溢れないようにしていく必要があります。

 

アーカルム自体は、召喚石の作成&強化だけでも十分使える性能です。

現状、アーカルムはチケット分しか出来ないので、サボっただけ強化も遅れます。

簡易探索でも良いので、なるべく日課としてやっておくことをおすすめします。

 

⑥イベントのデイリーミッション(MANIACも)

イベントによっては「デイリーミッション」「MANIAC」があります。

こちらもなるべく日課としてやっておきたいところですね。

 

その理由としては

  • デイリーミッション:石がもらえる
  • MANIAC:トレジャー素材が多めにもらえる

こういったメリットがあるからです。

 

デイリーミッションはユーザー関係なく消化しておくといいです。

MANIACは装備によっては厳しいかもですが「クリアできる=中級者くらいの戦力がある」ってことにもなりますよ。




 

⑦1部のマルチボスの自発&周回

最後は「1部マルチの自発&周回」です。

これは特に決まりはないですが、上限解放などで足りなくなった素材を集めにいけばOK。

 

中級者になって必要・需要が増える素材の例も紹介しておくと

  • バハムートの紫電角:バハムートHL
  • 銀天の輝き:グランデ
  • 天司のアニマ:四大天司マルチ
  • ビー玉(○○の輝き):マグナHL
  • プシュケー:マキュラマリウスやナタクのHL

こんなところでしょうか。

 

強化する武器、上限解放するものによって差が激しいので...

この辺の素材は余裕をもってストックしておくといいですよ。

 

中級者が目指す武器の編成

中級者が目指していく武器の編成はこんな感じになります。

  1. マグナ武器の4凸
  2. バハムート武器のフツルス化
  3. 天司武器のSSR化
  4. マグナ2武器の入手&交換
  5. 無垢なる武器の作成

順番はどれからでもOKですが、上からやってくのが始めやすいかなと思います。

 

①マグナ武器の4凸

まずはマグナ武器の4凸からです。

ステータスも上がりますし、上げられるスキルLVも上がってきます。

(※最初はプシュケーやエレメントなどで足止めを受けますが...)

 

とはいえ、全部武器やる必要はなかったりします。

1つの目安として「マグナ2で青箱を狙える火力」分だけ出せればそれ以上、4凸を作らなくてもOKですよ。

 

②バハムート武器のフツルス化

次は「バハムート武器のフツルス化」ですね。

中級者になるとバハムートHLに挑戦できるので、そこで「紫電角」を入手して強化します。

効果量が増えるのはもちろん、ステUPするタイプも増えるので「剣・短剣」あたりは強化しておくといいですよ。




 

③天司武器のSSR化

天司武器のSSR化にも手を付けていきます。

SSR化へのハードルはそこまで高くないので、優先的にやって大丈夫です。

SSR化にすることで、キャラの攻撃力&HPが増えるのでより外せない武器になってきます。

 

④マグナ2武器の入手&交換

上で紹介した武器の強化が終わったら、マグナ2武器集めに入っていきます。

ただ火力が出せない属性での武器集めはしんどいので...

まずは自分が得意な属性で始めるのが無難だと思います。

青箱がドロップしづらいマグナ2武器は「栄誉の輝き」で交換していきましょう。

 

⑤無垢なる武器の作成

最後は「無垢なる武器の作成」です。

いわゆるオメガ武器の1つ手前の武器になりますね。

アルティメットバハムートNで作ることができます。

 

バハムート武器と違うのは「指定された得意武器キャラ」のステを上げる点。

無垢武器ができると、バハムート武器は外れますがおいおい作成するべき武器です。




 

【まとめ】中級者の目安はあいまい→思い切って挑戦もアリ

ここまで「中級者の目安・やるべき日課」について解説しました。

 

中級者の目安は「マグナ武器の4凸」と言いましたが、今の環境だとあまり少し変わってくると思います。

配布もありましたし、キャラのインフレもあるので...

意外と素材集めのハードルや、武器集めの難易度が下がってると感じる人もいるからです。

 

なので編成やキャラの手持ち次第では、思い切って各マルチやコンテンツに挑むのもありだと思います。

団やフレンドに協力してもらって、一気に背伸びできる人はどんどん背伸びしちゃいましょう!

 

-グラブル

Copyright© マナビッシュ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.