英語

【英語】動詞とは?形容詞や副詞との違いもわかりやすく解説

投稿日:

yuki

英語の「動詞」がよくわからない...

be動詞と一般動詞って何が違うの?

形容詞とか副詞との違いについても教えてほしい

 

こういった疑問について答えようと思います。

 

英語を習いだした中学生は「英語の動詞」で何かとつまづきやすいです。

というのも、日本語はあまり動詞とか意識して話したり書いたりしないから。

しかも英語では「be動詞と一般動詞」の2つ種類があるので、余計に混乱すると思います。

 

そこで今回、ここでお話するテーマは

  1. 英語における「動詞とは?」
  2. be動詞と一般動詞の違い
  3. 形容詞や副詞との違いについて

この3点。

 

英語を勉強する人にとって、動詞の理解は欠かせない内容です。

ここでしっかりと動詞について理解しておきましょう。

 

英語における「動詞とは?」

まず「動詞とは何か」わからない人向けに解説すると...

動詞は「動作をあらわすもの」とおぼえておけばまずOKです。

 

ただ、やっかいなことに英語には「動詞」が2種類あります。

それが「be動詞」と「一般動詞」です。

 

なかでもbe動詞のほうは、私たちがあまり意識しないことが「動作扱い」になってるので...

この「be動詞と一般動詞の違い」についてもかんたんに触れておきます。

 

be動詞と一般動詞の違い

be動詞と一般動詞の違いについてまとめるとこんな感じです。

  • be動詞→「状態」をあらわす動詞
  • 一般動詞→「動作」をあらわす動詞

最初に「動詞は動作をあらわす」といいましたが、厳密には違ったりします。

 

特に英語の場合だと、be動詞が「状態をあらわす」動詞なので、私たちが考える動作とはすこしニュアンスが違います。

be動詞の使い方やより詳しい話は

こちらをチェックしてもらえればと思います。

 

形容詞や副詞との違いについて

英語にも日本語と同じように「形容詞」「副詞」「名詞」といったものがあります。

それぞれの違いについても触れておきますね。

わかりやすく説明するために、あえて「名詞→形容詞→副詞」の順番で解説します。

 

①名詞

「名詞」はそのままのイメージで「人やモノの名前」と思ってもらえればOKです。

(※ちなみに英語だと「動名詞」も同じ名詞として使うことが出来ます)

 

これについてはそこまで難しく考えることはないかと思います。

とにかく名詞のイメージは「モノや人の名前」で覚えておけばまず大丈夫ですよ。

 

②形容詞

「形容詞」は、名詞の特徴をくわしく説明すると理解しておきましょう。

 

いくつか具体例を紹介するとこんな感じ。

  • 「大きな」箱 → a big box
  • 「きれいな」女性 → the beautiful woman
  • 「白色の」スマホ → a white smartphone

私たちも日本語でこういう表現はたくさんしてますよね。

 

ちなみに上の説明だと「形容詞+名詞」といった使い方をしてますが、「be動詞+形容詞」という使い方もできます。

 

  • 私は嬉しいです→ I am happy.
  • 彼は背が高い → He is tall.
  • 彼女はクールだ → She is cool.

 

学校では「be動詞は訳すと~です・~ますで訳しましょう」と教わるかもしれませんが...

中学生であれば、シンプルに「be動詞はイコールと同じ」このイメージでOKです。

(※上の例文でいえば、「私 (I) 」と「嬉しい (happy) 」の関係はイコール関係です、嬉しいのは”私”なので)

 

③副詞

「副詞」のイメージは、シンプルに「あってもなくてもOKなもの」と捉えて大丈夫です。

名前のとおり「副」なので、要するに「サブ」的なものだと思ってください。

 

1つ具体例を挙げると...

She (often) plays tennis after school.

「彼女はよく学校が終わるとテニスをする」という文ですが、これ別に「often(よく)」がなくても問題ないんですよね。

 

というのも、上の英文は

  • She →主語(S)
  • plays→動詞(V)
  • tennis →名詞(目的語/O)

英文を作るのに「必要な要素」がすでに揃っているからです。

とりあえずこの3つがあれば、少なからず「意味がわかる」文にはなりますよね。

 

もちろん日本語でかんがえると

(学校終わりに)テニスをする

(学校おわりに)よくテニスをする

後者のほうが「テニスをする頻度が具体的でわかりやすい」ってイメージはあると思います。

 

ただあくまで意味がわかる英文を作る上では「副詞はあってもなくても良い」ってポジションであることは押さえておくといいですよ。

これを知っておけば、並べ替え問題を解くときに「まず副詞を使わずに英文を作る」ことに集中できますからね。

 

【まとめ】動詞は「動作をあらわす」品詞です【※be動詞との違いも必ず押さえよう】

今回の内容をまとめるとこんな感じです。

  • 動詞とは?→「動作をあらわす」品詞
  • 動詞は「be動詞+一般動詞」の2種類ある
  • 名詞→モノや人の名前をあらわす
  • 形容詞→名詞をくわしく説明する
  • 副詞→あってもなくても良い「変な品詞」

 

中学生から英語を学びだすと、どうしても日本語でいろいろ考えがちです。

もちろんそれで理解できればいいのですが、中には余計に混乱しちゃう子もいますからね...

 

学校の教え方であまり理解できないと思ったら、本屋で売ってる「わかりやすい中学英語」と書いた参考書で勉強するのも手です。

特にこの動詞やほかの品詞の違いはわかってないと、このあとの勉強でも困っちゃいますからね。

 

-英語

Copyright© マナビッシュ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.