語学学習

英語学習で失敗しない計画の立て方【※5つのルールを抑えよう】

投稿日:

yuki

英語の学習計画ってどうやって立てるの?

計画を立てる上で気をつけるポイントは何?

計画通りに進んでるか管理する方法も知りたい

 

こんな疑問に答えていきます。

 

英語に限らず、何かを勉強するときは「計画を立てる」のが大事になります。

「計画=ゴールまでの道筋」みたいなものなので、計画がないと途中で迷子になります。

ということで今回は、英語学習における「失敗しない計画の立て方」について解説します。

 

ここでお話するテーマは以下のとおり。

  1. 英語学習で失敗しない計画の立て方【※5つのルールを抑えよう】
  2. 英語学習は「毎日コツコツ勉強する」ことを最優先
  3. 英語の学習を管理する方法【※アプリがオススメ】

ちなみにこれを書いてる僕は、飽き性の性格だったりします。

学習計画で1番良くないのが「続けられない」ことなので...

ここでは「続けやすさ」をより重視した計画の立て方を紹介していきますよ。

 

英語学習で失敗しない計画の立て方【※5つのルールを抑えよう】

英語学習で失敗しない5つのルールは以下のとおり。

  1. 英語学習の「目標」を決める
  2. 1日の勉強時間を「固定化」しない
  3. 英語学習のペースは「一定」を意識
  4. 英語学習の計画は「短期間」で立てる
  5. 学習した内容は記録しておく

特に飽き性な人ほどこの5つを意識しましょう。

ではそれぞれ順番に解説をしていきます。

 

①英語学習の「目標」を決める

1つ目は「計画の目標(ゴール)」をまず決めます。

冒頭でもいいましたが、目標はいわば「ゴールまでの道筋」だからです。

 

きっとこれを読んでるみなさんも、何かしらゴールがあるはずですよね。

  • 受験で英語を○○点取らないといけない
  • TOEICで~日以内に○○○点ほしい
  • 英会話で人と~について話せるようにしたい

などなど、まずは英語学習のゴール設定を決めておきましょう。

 

もちろん決めたあとは「やるべきことを具体的にリストUP」します。

それについては英語学習の目標設定で大事な3つのステップ【※飽き性な僕が解説】で解説してるので参考にどうぞ。

 

②1日の勉強時間を「固定化」しない

2つ目は「1日の勉強時間を固定化しない」こと。

なぜかというと、大事なのは「学習した内容」のほうだから。

 

もちろん、時間を決めて進めるのもいいことなのですが...

「1日に5時間毎日やるぞ」みたいに、時間が目的化するのはダメです。

時間だけ使って、あまり進んでなかったり、身についてないと意味ないですからね。

 

もちろん受験とか資格だと、本番までにポイントを押さえないといけないので...

時には数時間やることもありますが、基本は「その日にやることを決める」のがベスト。

特に飽きっぽい人は、時間よりも内容を具体的にしておくと続けやすいですよ。

 

③英語学習のペースは「一定」を意識

3つ目は「英語学習のペースは一定」にすること。

これも賛否両論あると思いますが、僕は「マイペースにやる」と計画通りに進めやすいと思います。

いきなり飛ばしすぎると、あとで疲れちゃいますからね。

 

例えば、僕はTOEICの勉強をするとき「1日にやる量」はルール化してました。

  • リスニングは必ず聞くようにする
  • リーディングも1題分はやりきる
  • 単語は必ず毎日、目を通す(※無理に覚えない)

なので、上で言ったような「時間を決めてやる」ことはしてません。

時間よりも「自分がやったこと」こちらを重視して学習の計画を立ててました。

 

とはいえ、その日の気分によっては「今日はもう少しやれそう」ってなるときもあります。

僕もノッてると感じたときは、そこでアクセルを踏んで演習を1セット増やしたりしてました。

逆に「今日はこれ以上はキツイな...」と感じたら、そこでキリをつけてストップもしてましたね。

 

あまり甘やかし過ぎるのはダメですが、適度にバランスを取ってやることも大事ですよ。

 

④英語の勉強はなるべく「短期間」で立てる

4つ目は「学習の計画は短期間で立てる」こと。

これは受験とか資格の試験で効果的です。

 

というのも、長期間だと「モチベーションの維持が大変」だから。

1ヶ月や3ヶ月後だと、時間があまりないので集中してやれるのですが...

これが半年後、1年後ってなると「まだ時間に余裕あるし...」ってなって、サボる原因になりやすいです。

 

一方で、英会話とかになると「長期的な計画」になりやすいので、モチベの管理がより大事になりますね。

いかに楽しくやるか、継続できるかがポイントになってきます。

英語学習の継続や、続かないときの対処法についてはコチラをどうぞ。

 

⑤学習した内容は「記録」しておく

5つ目は「学習した内容は記録に残す」こと。

というのも、記録に残すことで「自分の努力がはっきりわかる」から。

 

英語学習はなかなか上達した実感がわきにくいですからね...

飽き性な人ほど「目で見てわかる」形で、自分の学習を記録しておくといいですよ。

 

具体的には終わりの章で触れますが、オススメなのは「アプリ学習」です。

学習の記録方法について知りたい人は、次の章を飛ばしてOKですよ。

 

英語学習は「毎日コツコツ勉強する」ことを最優先

やっぱり英語学習は「毎日コツコツやる」これが何だかんだポイントだと思ってます。

もちろん英語に限らず何でもそうですけどね?

 

冒頭でも言ったように、僕は「飽き性」なので...

僕に限ったやり方をいうと「毎日コツコツやれる量にする」これがカギです。

 

そのために、僕自信が意識していたのは以下の3つです。

  • あまり結果をはやく求めない
  • とにかく自分のペースを大事にする
  • 昨日の自分と比べて成長してればそれでOK

 

特に語学は慣れないときは、無理すると「アレルギー」になりやすいですからね。

少しずつ習慣化していって、やることを増やしたり負荷をかけるのが無難です。

長続きしない人は特に意識してほしいポイントです。

 

英語の学習を管理する方法【※アプリがオススメ】

英語学習の記録を管理するやり方はいろいろあります。

  • 手帳やノートに記録
  • カレンダーに書き込む
  • 学習アプリについてる機能を使う
  • SNS(特にTwitter)でつぶやいておく

個人的には「アプリを使って記録する」のがオススメです。

 

その理由は3つあります。

  1. 自動的に学習した内容を記録してくれる
  2. その日の学習した時間や日にちを記録できる
  3. 自分でわざわざ書いたりする手間がなくなってラク

 

例えば僕の場合、スタサプTOEICで学習記録を残してますがモチベ維持にも役立ってます。

というのも、アプリ内で「学習した時間や日数が数字で丸わかり」だから。

カレンダーやメモでも記録に残るし、振り返りもしやすいですが...

 

こんな感じで、「数字」としてハッキリしてるほうがいろいろとやる気出ます。

特に学習日数なんか、増えれば増えるほど「ここまで積み重ねてきたし途中でやめられん!」って気持ちになりますからね。

思った以上に「数字で自分の努力がわかる」って嬉しいものです。

 

飽き性だったり、継続がなかなかできない人は「学習アプリ」を使って記録を残すといいですよ。

自分で何か書いたり、メモする必要もないのでめんどくさがりやにもピッタリです。

 

【まとめ】学習計画を立てるときは「自分に合った」立て方を意識しよう

今回の内容をまとめます。

  • まずは計画を立てる「目標」決めから
  • 学習時間にあまりこだわらない
  • 学習ペースは「一定」をキープする
  • 試験の計画は「短期間」がオススメ
  • 学習内容は「記録」するといろいろ捗る

 

基本的に、この5つのポイントを意識して計画を立てれば問題ありません。

あとは細かいところで「自分に合ったやり方」を足していくだけです。

 

例えば、勉強法でも「教材」「アプリ」で分かれますよね。

学習するものによっては、アプリの方が楽だったり、継続しやすいとかもあります。

上では触れなかったですが「勉強に使うツール」も自分に向いたものを選んでやりましょうね。

 

「継続は力なり」って言いますが、「継続できる工夫」もまた計画通りに進める大事なポイントですよ!

 

-語学学習

Copyright© マナビッシュ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.