英語の必要性

英語の必要性は今後どうなる?【※翻訳以外で必要性を解説します】

投稿日:

yuki

英語の必要性って今後どうなるの?

必要性を感じないから勉強しなくてOK?

AIや翻訳が発達してるから不要では?

 

こういった疑問について答えようと思います。

 

英語の学習って聞くと、必ず話題になるのが「英語の必要性」です。

特に、日本に住んでる私たちにとっては「英語を学ぶ必要性」ってかなり低く感じるはず。

なのに学生は、少なくとも6年間も学ぶので、英語教育の必要性にも疑問を持つと思います。

 

そこで今回のテーマは

  1. 英語の必要性は今後どうなるの?
  2. 無理して英語を学ぶは必要ないです
  3. なんのために英語をやるのかが大事

この3点について。

 

ちなみに「翻訳が発達してるから~」という話は今回しません。

どちらかというと、”今の現状”にフォーカスを当てた上での必要性について触れてます。

 

英語の必要性は今後どうなるの?【結論→必要になると思う】

話の結論としては「英語を学ぶ必要性は上がる」と思います。

具体的な理由は下の3つ。

  1. 2020年から英語が教科化される
  2. 幼児の英語教育は意外と無駄ではない
  3. 企業も「英語の必要性」を重視する傾向が強い

それぞれ順番に触れていきます。

 

①2020年から英語が教科化される

まず1つ目の理由は「2020年で英語が教科化される」から。

小学生5年生から、英語が「必修化→教科化」されるので、英語の必要性は嫌でも上がります。

他の科目みたいに、成績がついてしまうので、英語だけおざなりには出来ないんですよ...

(※特に中学入試を考える子であればなおさら)

 

具体的に2020年から「幼児の英語教育はどうなるか?」については

こちらを見てもらえればと思います。

 

子どもに関しては、英語の必要性は「昔よりも上がる」と思ったほうがいいですね...

中学生なんかは「授業を英語でやる」システムになりますからね。

将来、英語を使う使わないではなく「入試や成績」に直接関わってくるので「やらざるを得ない」って感じです。

 

②幼児の英語教育は意外と無駄ではない

2つ目は「幼児の英語教育は意外と無駄ではない」から。

英語教育において「幼児からやっても無駄でしょ?」と思われがちですが...

実は、思わぬところで無駄ではなかったりします。

 

具体的には「英語のリスニング」まわりでアドバンテージがあります。

幼児から英語教育って聞くと「バリバリ英語漬け」ってイメージがあると思いますけど。

ただ、実際は「英語の”音”を耳に慣れさせる」ことから始める家庭もチラホラ。

 

英語の音だけを慣らすなら、そこまで日本語の習得に影響はないですからね

(※英語と違って音の区別が遥かにラクだから)

 

③企業も「英語の必要性」を重視する傾向が強い

3つ目の理由は「企業も英語の必要性を重視してる」から。

これは大人の視点で見たときの必要性についてです。

 

わかりやすい例を挙げると「昇進の条件にTOEICスコアが必要」ってところでしょうか?

まあこれに関しては「昇進に興味ないから別にいいや」って人は無視してOKです。

ただ、企業の現状として「昇進するなら一定の英語力は必要だよ」ってことは知っておいて損はないかなと。

 

とはいえ、実際に英語が子どもや大人に必要かって聞かれれば「NO」だと思ってます。

特に、無理して英語を学ぶ必要はないと思ってOKです。

 

無理して英語を学ぶ必要性はないです

上で触れた3つを見ると「やっぱ英語って必要では?」ってなるかもしれませんが...

無理して英語を学ぶ必要性はないです。

なぜなら、英語を勉強しなくても、選べる選択肢はいくらでもあるから。

 

  • 幼児→他にさせたいことにリソースを割く
  • 小学生→中学入試を無理して受ける必要なし
  • 大人→無理して出世する必要なし

 

確かに、英語を勉強しないことで不利になる場面もありますが、そこまで深刻ではないですよ。

ほとんどの人は、生活で英語が必要になることはありませんからね。

 

正直なことをいうと、9割の人は「英語が無駄な勉強」になってると思います。

将来、必要な人は、そもそも英語が必要不要とか考えませんから。

何となく勉強する、英語をなんのために勉強するかよく分かってない人は、他のことに時間を割くべきです。

 

なんのために英語をやるのかが大事

つまるところ、これが1番の結論になると思います。

というのも、英語に限りませんが「言語の勉強」って他の勉強よりもハードルが高いから。

何となくで始めるにはあまり向かない学習なんですよね。

 

とはいえ、英語をやるといってもいろんなケースがあります。

  • 海外旅行で、少しは会話できるようになりたい
  • 仕事の都合で、ビジネス英語を学ばないといけない
  • 海外の映画やゲームをするために勉強する

 

人によって目的が違う以上、最後に勉強するかどうかは「自分で決めるべき」です。

誰かに決めてもらうのも変な話です。

みんな境遇が違えば、環境も違うので、英語に対する価値は違ってて当たり前なので。

 

なので、人に後押しされて決めようか迷ってる人は、まず必要ないと思いますよ。

ただ、親の立場で子どもに教えるべきかどうか迷ってる人は「英語の発音」くらいは教えてもいいのかなと。

冒頭でも言いましたが、学校の都合で「英語が成績や進路に影響する」ことは少なからずありますからね。

 

【まとめ】英語の必要性は自分で決めるべき【※子どもや親は頑張ろう】

今回の内容をまとめます。

  • 英語の必要性:今後も上がると思う
  • 子どもは「成績や入試」に絡むので必要性UP
  • 大人も「出世や昇進」を考えるなら必要になる
  • 結局は「自分で必要性を決める」ことが大事

 

英語の必要性は、今後もずっと話題になることだと思います。

実際は、これといった正解はなくて「必要性は自分で考えて決める」ことが大事になってきます。

 

まあ、子どもについては何度も言うように「やらざるを得ない」状況なので...

入試が終わった大学生や、社会人の人は自分で必要性を決めたほうがいいのかなと。

ただ現実問題として、英語力が求められる場面がある以上、そこは受け入れるしか無いと思ってます。

 

昔はまだ「英語なんて勉強しなくてOK」という風潮が強かったですが...

教育や、社会の流れとして「英語をやらざるを得ない」状況が増えたのは変えられないですからね。

 

-英語の必要性

Copyright© マナビッシュ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.