英語

【英語】日付で使う前置詞の使い方【※at/in/onのイメージを解説】

投稿日:

yuki

■日付をあらわす前置詞がややこしい...

■使い分けがよくわからない...

■暗記してもたまに忘れてしまう...

 

こういった疑問やお悩みに答えていきます。

 

日付を表すときに使う前置詞ってややこしいですよね。

「曜日ってinだっけ?onだっけ?」

「時刻や月ってそれぞれどの前置詞だっけ...」

こういう体験をした人は私を含め、少なくないと思います。

 

何かと混乱しやすい前置詞ですが、暗記よりも「イメージ」を持ちながら使うと忘れにくくなります。

日常会話でもよく使うので、しっかりと理解しておきたいところです。

 

そこで今回のテーマはこの3点。

  1. 日付を表す前置詞(at)のイメージ
  2. 日付を表す前置詞(in)のイメージ
  3. 日付を表す前置詞(on)のイメージ

もう2度と忘れることがないように、日付をあらわす前置詞の「イメージ」を掴んでもらえればと思います。

 

関連記事

「乗り物で使うinとonの違いって?」

「時間を表す前置詞がforの理由は?」

「場所で使うinとatは何が違うの?」

といった疑問もある人はこちらもどうぞ

【英語】前置詞とは?使い分けをイメージでわかりやすく解説

 

日付を表す前置詞(at)のイメージ

まず前置詞「at」のイメージから。

atはシンプルに「ある1点」のイメージが意味の中心にあります。

ちょうど「とある1点を針で刺している」感じを想像してもらえればOKです。

 

ある1点をピンポイントで表しているので「時間の幅」はとても狭いわけですね。

なので、atを日時で使うときは...

  • at 10 o'clock
  • at the time
  • at the moment

こんな感じで、どれも「限定的な時間」というイメージが強くなるわけです。

 

日付を表す前置詞(in)のイメージ

inは「空間」のイメージが強い前置詞です。

なので「場所を表現する前置詞」という印象が大きいかもしれません。

ですが、日付で使うときは「広い範囲」を想像する方がわかりやすいと思います。

具体的には「目盛り」をイメージして考えるといいです。

 

例えば「2020年に~した」って言いたいとき、英語では「in 2020」と表現します。

どうしてinが使われるのかというと「in 2020」のイメージ図がこんな感じになっているから。

 

一口に「2020年」って範囲が広すぎますよね?

(※1月から12月まですべて含まれているからです)

 

なので「○月」や「季節」「週」を使うときも、inは相性がいい前置詞とも言えます。

どちらも広い期間を表していますからね。

 

また上で紹介した期間は「1つのかたまりを作る」という特徴もあります。

  • 2020年→1月~12月が合わさったもの
  • ○月→1~30(31)日までが合わさったもの
  • 季節(春)→3~5月が合わさったもの

 

もう1度言いますが、日付におけるinは「広い範囲のとき」に使うことができます。

このイメージを持つだけで、使い分けはかなりしやすくなると思います。

 

【※補足】in+時間が「~以内」ではない理由

in+日付で使うときは「広い範囲の中」という意味になりますが...

in+時間だと「~後」という意味になるので注意です。

なぜ「in+時間≠~以内」ではないかというと、こういうイメージがあるからです。

 

時間における~以内は「within」を使うわけですが...

一方で時間におけるinは「ある1点」を指しているんです。

 

日付を表す前置詞(on)のイメージ

最後は「on」のイメージです。

onは「なにかに接触している」イメージを持つと意味を取りやすいです。

これは日付に限らない特徴でもあります。

 

日付や曜日にonを使われるのですが、イメージは「カレンダー上に出来事が接触している」感じです。

カレンダーを「すごろくのマス」と考えてください。

その上に(※イベントの名前が書かれた)コマが置かれている状態をイメージするとわかりやすいかもしれませんね。

<strong>曜日にonが使われる理由</strong>

なぜ「onが曜日に使われる」かというと、もともとonには接触のほかに「曜日ごとに決まったことをする」という文化的な意味合いがあるから。

わかりやすい例が「協会に行く」だと思います。

つまり「○曜日に必ず協会に行く=行いと曜日が”接触”している」って考えが海外では強いってことですね。

 

  • We will have a meeting on June 5.
  • I will go to a party on next Monday.
  • The accident was happened on April 15.

 

こんな感じでonは「明確な日付」を表現したいときに使うことができます。

 

ここまで「at」「in」「on」のイメージを解説してきましたが、まとめるとこんな感じ。

【①範囲の広さ】

in > on > at

【② 日時の具体的さ】

at > on > in

この関係図をイメージ出来ると使い分けがしやすくなると思います。

 

inは広い範囲を表現できる一方で、日付の具体性はわかりにくいです。

逆にatは、せまい期間しか表現できませんが、日時は具体的ですよね。

 

【まとめ】日付を表す前置詞は「範囲の広さ」で使い分けよう【※イメージが大事】

今回の内容をまとめます。

  • at:ある「1点」を表すイメージ
  • in:「広い範囲」を表すイメージ
  • on:曜日と出来事が「接触」してるイメージ

 

日付を表現する前置詞は「ややこしい」印象が強いです。

特に丸暗記したりすると、いざというとき「あれどの前置詞使うんだっけ?」ってなりやすいんですよ。

 

なので、そのまま覚えるよりも「前置詞のイメージを掴む」ことが大事だと思います。

これは他の前置詞でも同じことです。

 

もし、日時以外の前置詞もよくわかってない人は、前置詞をイラストで解説した本で勉強するのもアリですよ。

暗記よりもイラストのほうが記憶に残りやすいので、頭の中も整理されますからね。

 

-英語

Copyright© マナビッシュ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.