英語

【英語】分詞(構文)とは?動名詞の違いもわかりやすく解説

投稿日:

yuki

英語の分詞とは何者?

分詞と動名詞の違いってなに?

参考書を読んでもわかりにくい...

 

こういった疑問に答えていきます。

 

「分詞」や「分詞構文」は英語の勉強で大きな壁になる人が多いです。

というのも、分詞とは何なのかよくわからないってケースが大半だから。

私も高校生のとき、文法書で解説を読んでも「???」って状態でした...

 

そこで今回のテーマはこの3点。

  1. 分詞とは【※形容詞的な使い方ができるもの】
  2. 分詞と動名詞の違い【※分詞→形容詞、動名詞→名詞です】
  3. 現在分詞と過去分詞の違い【※この1点を押さえよう】

現在分詞や過去分詞を苦手に感じる人はわりといるはずです。

今回の内容でぜひイメージを掴んでもらえればと思います。

 

分詞とは【※形容詞的な使い方ができるもの】

まず「分詞とは?」というお話から。

文法書だとややこしい説明をしてるものもあるので、シンプルにいうと...

分詞は「動詞が形容詞になったもの」このイメージでとりあえずOKです。

 

Student taking the special course will need to buy the textbook.

特別なコースを取る学生は教科書を買う必要があります。

 

英語が苦手な人は特にこの文をみると「taking」が動詞だと思いがちですが、実は違います。

その後ろにある「will need」が本当の動詞です。

(※英語では1つの文に動詞は1つというルールがあるので)

 

なのでtakingがここでいう「分詞」にあたります。

will needの手前にある「Student taking the special course」が主語になるってわけです。

もっと噛み砕いていうと「Student (taking the special course)」という形で、(特別なコースを取る)学生って関係になるので...

分詞はまるで「形容詞」みたいなはたらきをしてることになりますよね。

 

ちなみにこの「動詞が形容詞になってる」がポイントです。

ここが分かってると、この後で解説する「分詞と動名詞の違い」もすぐ理解できると思います。

 

分詞と動名詞の違い【※分詞→形容詞、動名詞→名詞です】

先ほど「分詞は動詞が形容詞みたいになる」とお話しました。

でも中には「動名詞もingあるから違いがよくわからない」って人もいるかもしれません。

なので動名詞との違いについても触れておきますね。

 

動名詞の違いは以下の通りです。

  • 分詞:動詞→形容詞になったもの、つまり「形容詞」
  • 動名詞:動詞→名詞になったもの、つまり「名詞」

 

なので...このルールにそって言うなら分詞は「動形詞」といったところでしょうか?

「分詞」って聞くと「何だそれ?」みたいなイメージになりますが...

 

A girl is singing a song on the stage.

be動詞のうしろに来てるので「動名詞(名詞)」

Look at the girl singing a song on the stage.

the girlを後ろから説明してるので「分詞(形容詞)」

日本語で考えるとパニックになりやすいですが、「品詞を意識」すると違いがわかりやすいと思います。

どちらも品詞が違えば、はたらきも当然変わってきますからね。

 

現在分詞と過去分詞の違い【※この1点を押さえよう】

最後に「現在分詞と過去分詞の違い」について触れておきます。

きっと「どんなとき現在分詞で、どんなときに過去分詞を使うの?」って迷う人が多いと思うので。

あらためて整理をしておきましょう。

 

①現在分詞の特徴

現在分詞の大きな特徴は「名詞と分詞の関係が~している」点です。

 

わかりやすいのが上で挙げたこちらの英文。

Look at the girl singing a song on the stage.

ステージの上で歌を歌っている少女を見てください。

まさに名詞と分詞が「~している」関係になっていますよね。

 

この後に「過去分詞の特徴」に触れますが、見分けるときは「名詞と分詞の関係」はまず1番最初にチェックするといいですね。

 

②過去分詞の特徴

過去分詞の大きな特徴は「名詞と分詞の関係が~される」点です。

 

Look at that broken car on the street!

道路にあるあの壊れた車をみて!

 

ここでの名詞は「car」で過去分詞は「broken」です。

関係を考えると「車が(何かを)壊す」のではなく「車が(何か・誰かに)壊される」ので、形は過去分詞になります。

 

こんな感じで、現在分詞と過去分詞の違いは「名詞と分詞の関係性」なのですが...

とはいえ、その中でも「感情をあらわす動詞」の区別が苦手な人っていると思います。

その見分け方・考え方についても触れておきますね。

 

③紛らわしい「ing」と「ed」の見分け方【※感情編】

まず感情をあらわす動詞というのは

(人に)~させる

というニュアンスが総じてあるということ。

 

ポイントなのは感情を表現する動詞は「人に作用する」ものであって「物には作用しない」ことです。

(※当然ですがものが喜んだり、驚いたりするわけではないですからね)

 

なのでまずは下のポイントを押さえておくといいですね。

モノ(人以外)+感情動詞→モノが~させるので現在分詞「ing」

Tokyo station is too wide, so it's confusing many people.

東京駅は広いので、多くの人は混乱します。

人+感情動詞→人が(その感情に)~させられるので過去分詞「ed」

Tokyo station often makes me confused because it's too wide.

東京駅は広すぎるので私はよく混乱させられる。

 

中学で「I'm interested in~」という表現を習ったと思いますが、これも1つの感情動詞です。

もともと

  1. 私は◯◯に興味がなかった
  2. 神様によって私は◯◯に興味をもつ状態にさせられた
  3. だから、私は◯◯に興味をもっている

という発想が英語圏の人にあるわけです。

 

こういう成り立ちを知ってるとよりイメージが掴みやすいかもしれませんね。

 

【まとめ】分詞は「形容詞」、動名詞は「名詞」のはたらきがある

今回の内容をまとめます。

  • 分詞→動詞が「形容詞」になったもの
  • 動名詞→動詞が「名詞」になったもの
  • 現在分詞と過去分詞→「させる関係」か「される関係」かチェック
  • 名詞と分詞の「関係性」を見ると見分けやすい

 

分詞って言葉がそもそも「わかりにくい」ので苦手に感じる人が多いと思います。

とはいえ、実際は「動詞が形容詞になったもの」と考えるとわりとシンプルになります。

 

現在分詞と過去分詞も「名詞との関係性はなにか?」を考えるとだいぶ見分けやすくなるはずです。

日本語だと逆にパニックになるときもあるので、苦手な人ほど「名詞VS分詞の関係」を意識して読むといいですね。

 

-英語

Copyright© マナビッシュ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.