英検

英検が大学受験で有利になるのは何級から?【※大学で違うので注意】

投稿日:

yuki

英検が大学受験で有利になるらしい

何級取れると有利になるの?

大学ごとに違ってたりするの?

 

新しい大学受験になって、英検の重要度が高まってますね。

センター試験が廃止されたので、少しでも受験を有利にしたい学生は多いハズ。

 

そこで今回、お話するテーマは

  1. 英検が大学受験で有利になるのは何級から?
  2. 大学によっては得点換算してくれる
  3. 大学ごとに必要な級が違うという話

この3つについて。

 

受験の制度がややこしいので、ある意味受験生にとってはチャンスかもしれません。

ぜひ今回の内容を参考にしてみてください。

 

英検が大学受験で有利になるのは何級から?

【結論】「英検準2級」が1つのラインです

受験生はまず「準2級」を取ることを目安に考えましょう。

英語レベルとしては「中級の高校英語」が分かっていればOKです。

 

受験を意識した高校3年生であれば、そこまで難しく感じることはないと思います。

準2級である理由についても触れておきます。

 

【理由①】準2級から「3技能」が試験に含まれる

1つ目の理由は準2級では「3技能」が試験に含まれるから。

 

センター試験を廃止した背景には

読み書きだけでなく、聞く話す力も重要視する

こういった事情もあります。

 

なので、高校レベルの英語の4技能のうち、3技能までを計る「準2級」はピッタリです。

ちなみに準1級からしっかりと「4技能」まで試験で求められます。

 

 

【理由②】準2級がボトムラインの大学が多い

2つ目の理由は「準2級がボトムラインの大学が多い」からです。

これは、英検の公式サイトで大学別に必要な英検レベルを調べられます。

【参考】入試活用の大学検索

 

こんな感じで、大学ごとに有利になる英検レベルがわかるようになってます。

自分が志望する大学はどれくらいあれば良いのか、前もって調べておくと動きやすいと思います。

 

大学によっては「得点換算」してくれる

上で紹介したサイトで「得点換算・試験免除」を条件に含めると...

英検のスコアに応じて、入試のスコアを優遇してくれる大学も見つかります。

 

試験自体が免除になるケースもあれば、大学側で出された試験の結果に英検のスコアを反映させるケースも。

 

大学によって、制度や換算の幅が違うので、ここも含めてしっかりリサーチしておくといいですよ。

ここまで調べて受ける受験生はあまり多くないと思うので。

 

大学ごとに必要な英検レベルが違うという話

英検の公式サイトを見ればわかりますが...

大学によって必要な英検レベルは変わってきます。

 

まだ中には普通の英検だけでなく、TEAPやIELTSといった試験も使える大学もあります。

試験が違えば、大学が条件に出してるレベルも違うので...

受験生の子は、そこも考えて「どの英語の試験で有利にするか?」を考える必要があると思います。

 

【まとめ】受験生は「準2級」をまず目標にする【※事前のチェックが大事】

今回の内容をまとめます。

  • 大学受験を有利にするなら「準2級」から
  • 準2級=高校英語の3技能を計るレベル
  • 大学によって英検のレベルが違います

 

冒頭でも言いましたが、センター試験が廃止になって入試の制度がかなりややこしいです。

今回はあくまで「普通に受けられる英検」の話でしたが、大学入学共通テストではまた別の英検を受ける必要があります。

 

なのでもし、入試の優遇と大学入学共通テストの両方で、英検を活かすならその違いについても把握しておきましょう。

 

-英検

Copyright© マナビッシュ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.