英会話

英会話の上達方法!独学の学習法や上達のコツを語る【上達しない方へ】

投稿日:

「英会話が上達する方法を知りたい」

「まず英会話教室に行けばいいかな?」

「具体的な勉強法や手順って?コツとかあるの?」

 

英会話をやる上で知りたいのが、上達をする勉強法や手順だと思います。

特にスクールを利用せず、独学で学習しようと考えてる人も多いハズ。

 

そこでここでは、そういった人に向けて

  • 英会話の学習方法
  • 上達のコツ

この2点について解説をしていきます。

 

今回の内容を読むことで

  • 英会話の具体的な勉強法と手順
  • スピーキングレベルの上げ方
  • 英会話教室 (スクール)に行けば上達するの?

これらについて知ることができます。

 

ちなみに私自身も過去、大学で語学を専攻してましたが...

  • 英語での会話はほぼ☓
  • 授業は全部「英語」でやりとり
  • リスニング力も皆無

こんな感じで、今はある程度話せるようになったので、何か1つでも参考になるものがあれば幸いです。

 

英会話の上達方法!独学の学習法や上達のコツを語る【上達しない方へ】

英会話の具体的な勉強法と手順【上達するために】

①まずは発音 (音) を優先して学習

英会話の学習を始める上で

英語の発音を知ること

これは絶対に欠かせません。

 

その理由としては

  1. 英語の聞き取りで困らなくなる
  2. 相手にしっかり伝わりやすい

この2点が大きいですね。

 

で、一般的には「2」のために発音をしっかりやる人が多いと思います。

ですが、実際は「1」の聞き取りを楽にするためにも、発音ってとても大事なんです。

 

聞き取り、つまり「リスニング」も英会話では必要なスキルです。

 

しかし多くの人は

「自分が出せない音は耳で認識できない」

ことを知らないのもまた事実です。

 

なので「正しい発音を知る」ってかなり大切なことなんですね。

 

②文法は「中学英語レベル」を理解する

発音について理解できたら、次は

「中学レベルの文法を理解する」

これをやっていきます。

(※発音の勉強と同時にやってもOKです)

 

その理由は以下の3つ。

  • 文法は「英語のルール」である
  • 文法がわからないと、意味を読み取れない
  • 中学レベルでも、十分会話で使える

 

よく「文法はそこまで重要じゃないよ~」という話を聞きますが...

文法は絶対にやったほうがいいです、というよりやった方が英語を理解しやすくなります。

 

I left the door open.

「私はドアを開けっ放しにした」という意味です。

 

これ1つで考えても、文法を知らない人からすれば

  • なんで動詞が1つの文に2つあるの?
  • openに「s」をつけ忘れてない?
  • 過去のことなのに、なぜ「open」は現在形?

これだけの疑問が出てきます。

 

ちなみにここで使われる「left」は「leave」の過去形。

今回は「leave + O + C」という使われ方をしています。

意味は「OをCのままにする」です。

 

少し細かい話をすると・・・

Oは目的語なので名詞の「the door」

Cは補語なので、今回の「open」は形容詞になる

(※このopenは動詞じゃないので、後ろにsが付かず、過去形にもなりません)

 

使っている単語はシンプルなのですが...

 

文法の知識がないことで

  • 英文の意味を読み取れない
  • 理解できないので、自分が使うこともできない
  • 暗記しても「頭に残らない」

こういったデメリットがあるんです。

 

なので、文法の基礎は必ず押さえておくべきです。

 

③ディクテーション・シャドーイングを徹底してやる

中学の英文法をある程度押さえたら

ディクテーションやシャドーイングを徹底的にやる

これに時間をたくさん使いましょう。

 

その理由は、主に以下の2つ。

  1. ディクテーション:英語を聞き取る力がつく
  2. シャドーイング:英語の語順で意味を掴めるようになる

 

それぞれやることで得られるメリット・英語力を挙げると...

ディクテーション
(※書き取りのこと)

  • 単語を一言一句、聞き取る耳が鍛えられる
  • 特に「細かい音」も聞き取る練習になる
  • 何回も聞くので、耳も英語に慣れてくる
  • 実際の聞こえ方を知る勉強にもなる

シャドーイング
(※音声を追うように読むこと)

  • 英語の語順で理解する練習になる
  • 音をまねて、実際の聞こえ方に慣れる
  • 口の筋肉を動かす練習にもなる

どちらも「耳」を鍛えるという意味では、かなり有効的な学習方法です。

やった分の効果は絶対に受けられるのでオススメです。

 

④英語(英文)とイメージをリンクさせる

英単語や文を覚えるコツとして

「単語」や「英文」をイメージとリンクさせる

ことを強くオススメします。

 

その理由として

  • シンプルに暗記よりも記憶に残りやすい
  • 意味だけだと、とっさに言葉が出てこない

こういったメリット・デメリットがあるから。

 

単に

「There were many cars on ABC bridge today」

(今日、ABC橋でたくさん車が混んでたよ)

こう覚えるよりも

こういうイメージを持ってたほうがかなり覚えやすいと思います。

(※逆に写真を見て、英文が言えるとかなり良い)

 

⑤日常で使えそうな「型の文」をストックする

「とっさに言葉が出てこない...」

という人に特にオススメしたいのがコレ。

 

わかりやすく例をいくつか挙げると

  1. I like baseball.
  2. I want to buy a book.
  3. I don't know what you mean.

こういった「1部変えるだけで色んな文が作れる」型の文を覚えます。

 

もしも「1」の文をいつでも、すぐに言えるようになると...

他に「好きなもの」を言うときは「baseball」だけ変えればいいですよね。

 

同じように「2」でも後半の「buy a book」だけ変えれば、いくらでも文を作れます。

(※go to~、get~、study~、read~など)

 

「3」についても

  • I don't know what to talk about.
  • I don't know where to go.
  • I don't know when he (she) comes.

最初の「I don't know」を軸にして、いくらでも派生した文を作れます。

 

こうやって1つ、その文の型を決めておくと、かなり言いたいことをとっさに言いやすくなります。

(※疑問系なら、それこそ使う頻度が多くなるのでオススメ)

 

【疑問】英会話スクールに行けば上達するのか?

「英会話のスクールに行けば、上達するのか?」

 

この疑問に対する私の結論は以下の3つです。

  1. 最低限のインプットはするべき
  2. スクールの目的はあくまで「アウトプット」
  3. スクール外で学習する時間は絶対にいる

それぞれ、具体的に解説します。

 

結論① 最低限のインプットはすること

まず前提として

「最低限の知識はインプットする」

これは必要だと思います。

 

その理由はシンプルで、最低限の知識がないと

そもそも話すことが出来ないから

 

もし、本当に英会話を上達させる目的で通うなら

自宅で中学英語の参考書で勉強

してから、通っても遅くないです。

 

今は、英語初学者向けにもわかりやすい本はたくさんありますから。

 

ただし、スクールに「英語の基礎から教えてもらえる」サービスがあるならそっちもアリかと。直接、人から教わるほうが安心するという人もいると思うので。そこは自分の正確や自分に合った方法を選んでもらえればOK。

 

結論② スクールはあくまで「アウトプット」の練習

英会話スクールは基本的に「アウトプット」の練習をする場です。

(※英会話を軸に考えるのであれば)

 

つまり、事前に自分で英会話の勉強をしてから

  • 学んだ英語・英文をしっかり話せるか?
  • 発音はどうか?相手に伝わってるのか?
  • 意味的・文法的に変な使い方をしていないか?

これらを確認する場だと思っておきましょう。

 

結論③ スクール以外で学習する時間もかなり重要

当たり前ですが「スクールだけの時間」で英会話は上達しません。

 

なので必ず

スクール以外で学習する時間や機会

を自分で用意する、作る必要があります。

 

日本語とは別の言語を学んでるわけなので、英語に触れる時間は大いに越したことはありません。

 

特別、まとまった時間がとれなくても

  • 寝る前に、1日あったことを英語で表現
  • 電車内で英会話の音声を見聞きする
  • 周りで起きてることを英語で言ってみる
  • スマホの言語設定を「English」にしてみる

やり方はいくらでも見つかると思います。

 

【まとめ】正しい方向で勉強すれば英会話は上達します

今回の内容をまとめます。

 

  • 発音と文法は必ず押さえよう
  • ディクテーションは聞き取りの練習に○
  • シャドーイングも英会話では効果的
  • 英語とイメージは一緒に覚えると良い
  • 英会話は「インプット」を十分にしてから

 

英会話の学習では、まず「単語」とか「表現」よりも

英語の音や文法と言った「英語のルール」

を先にやるのが、上達の近道なのかなと思います。

 

もちろん、ゆくゆくは単語やフレーズの勉強はしていくんですが...

ルールを知ってるのと、知ってないで勉強するのでは後々、大きな差が出ますので。

 

なかなか上達の実感がわかなくて「焦る」こともあるかと思いますが、まずは

基礎をしっかり固めて、次のステップへ進む

これを意識して、英会話の学習をしてもらえればと思います!

 

-英会話

Copyright© マナビッシュ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.