英会話

英会話の聞き流しはNG!リスニング力を上げるコツ3つ【聞き取れない人へ】

投稿日:

英会話のためにリスニング力を上げたい人は多いと思います。

相手の話してることを聞き取ることも、英会話では大切なことだからです。

 

ただ...リスニング力を上げるために

英会話の聞き流しだけしている

こういう勉強法はNGだと言っておきます。

 

「えっ?なんで?」

 

こう思った人に向けて、私の実体験を踏まえつつ

リスニング力UPに聞き流しはNGである

この理由と、聞き取るための具体的なコツについて紹介します。

 

今後のリスニング学習の役に立てば幸いです。

 

英会話の聞き流しはNG!リスニング力を上げるコツ3つ【聞き取れない人へ】

英会話でリスニング力を上げるなら

  1. 英語の意味が文で分かる
  2. 意味を正しい発音で理解できる
  3. 意味とイメージをセットで覚える

この手順で、英語を理解する・聞き取れる必要があります。

 

その理由や具体的な方法について解説していきます。

 

①まず「英語の意味が文でわかる」ようにする

見てわからない単語・英文は聞き取れません

リスニングの大前提として...

見て分からない単語・英文は聞き取れない

ということを知っておきましょう。

 

なぜなら見てわからないということは...

聞こえてきた英語は「ただの音」にしかならないから

 

なので何回、そういった単語や文を聞き流してても意味がないんです。

まずこれを最初に理解しておいてください!

 

まずは文を見て「意味が掴めるか?」が重要

単語にしても、英文にしても大切なのは

自分がその英語・文章を見て、意味が掴めるか?

これをしっかり確認しましょう。

 

  1. 意味がハッキリとわかる
  2. 何となく書いてある意味が読み取れる
  3. さっぱり分からない

 

最低限、自分がその英語・文章を見て「2」くらいになるのが理想です。

「3」に当てはまる場合は、しっかり意味を調べる、文の構造を理解する必要があります。

 

最終的には見たときに

頭にそのイメージが浮かぶ

くらいまでくると、自分の中でしっかり意味が取れていることになりますね。

 

②次に「意味を正しい発音で理解できる」ように

「正しい発音」と「実際の聞こえ方」は違う【※超重要】

「正しい発音と実際の聞こえ方が違う」

次に大切なのがこれです。

 

よく言われる

「発音をしっかり勉強しましょう」

と言われるのですが...あれ実際は言葉足らずのアドバイスです。

 

厳密には

(実際に話される) 正しい発音を勉強する

これが聞き取れるようになるコツです。

 

具体例を1つ紹介すると...

こちらの動画では『got it』の発音の仕方についています。

 

ここで注意して聞いてほしいのは

「got it の実際の聞こえ方」です。

 

中学や高校ではおそらく「ゴット イット」と発音を教わったケースが多いかと思います。

がしかし、動画では「ガディッ」って聞こえるはずです。

(※最後のTはしっかり言わず、飲み込まれる感じ)

 

要するに「got it = ガディッって聞こえるもの」と理解しないといけないわけです。

 

ですが、多くの人はこれを「ゴット イットって聞こえるもの」だと思いこんでるので...

いつまでたっても、聞き取れるようにならないんです。

 

なので聞き取りの練習をしていて

「何回聞いても、ぜんぜん耳に入ってこない...」

という人は、無意識に「正しい発音と実際に聞こえる発音」を一緒にしている可能性があります。

 

「弱形」も必ず知っておくこと

「聞き取りでは”弱形”を必ず知っておく」

これを押さえるだけでも、かなり聞き取りに変化があります。

 

というのも、英会話で聞き取れない原因として

英語が早すぎて聞き取れない

これが正に「弱形」と大きく関係しているからです。

 

具体例をいくつか挙げると...

  • atの弱形 →アト
  • theyの弱形 →ゼ
  • ourの弱形 →アー
  • herの弱形 →ァー

主に前置詞や代名詞、助動詞などが多いです。

 

もっと知りたい方は「弱形を知れば英語は9割聞き取れる」をチェックしてください。

 

英語の音の変化に慣れていこう

ここで一番、伝えたいのは

英語の音の変化に慣れていこう

ということです。

 

リスニングの勉強をしていると

自分が思っていたのと違う聞こえ方のする

英語が山ほどあります。

 

慣れない内は、なかなか昔に習った発音から離れられないかもしれません。

ですが、何度も言うように「正しい発音=実際に聞こえる発音」ではありません。

 

弱形の存在もありますし、単語の前後によって音が変わる英語だってあります。

(※上で触れたgot it も実際は「gotのt」をダ音に変わってますからね)

 

なので聞き取る力を上げるなら、英語特有の「音の変化」に慣れる必要があるんです。

 

③最後は「意味とイメージ」をセットで覚える

より記憶に残しやすくなる

英語の意味とイメージをセットにすることで

「自分の記憶に残しやすくなる」

という利点があります。

 

あれもこれも暗記に頼るよりも、ずっと頭に残りやすいです。

特に動作や感情、モノを表す単語や表現は「意味+イメージ」で覚えることをオススメします。

 

具体的には、写真をネットで探したり、身近なものと関連付けるのがベスト。

 

日本語に直すクセをなくしていく

意味とイメージをセットすることで

「日本語に直す・考えるクセを減らしていける」

こういうメリットもあります。

 

慣れない内は、どうしても英語を日本語に直しがちですが...

 

これをやっていると、時間がかかりますし、何より考えている間にも

相手の英語がどんどん出てくる

ので、処理が追いつかなくなってきます。

 

なので、最終的には耳で聞いた英語が

パッとイメージや英語で出てくる

ようになるのが望ましいですね。

 

【まとめ】聞き流しだけはNG!意味と発音がセットで始めて聞き取りできる

今回の内容をまとめます。

 

  • 聞き流しだけは意味がない!
  • まずは「文を見て」意味を理解できるか?
  • 正しい発音≠実際の発音、である
  • 最後に「英語+音+イメージ」が一緒になると○

こんなところでしょうか。

 

英語に限りませんが、私たちは

言葉と音とその意味がセット

になって、始めてその言葉や文章の意味が理解できます。

 

決して、「音だけ」「単語だけ」「意味だけ」で認識してません。

 

初めの方でも言いましたが

自分がわからない言葉は聞き取れない

これを前提に、これからの聞き取り・リスニング学習を進めてもらえればと思います!

 

-英会話

Copyright© マナビッシュ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.