英会話

英会話の学習法まとめ【※アプリ以外のおすすめ学習方法も紹介】

投稿日:

「英会話の学習方法を知りたい」

「英会話学習が出来るアプリって何がある?」

「おすすめの学習法って結局どれなの?」

 

英会話をやる上で、まず悩むのが「学習方法」だと思います。

本や動画、教材やアプリなど...

種類が多すぎて選べないかもしれません。

 

そこでここでは

英会話の学習法まとめ (※アプリ以外のおすすめ学習方法)

について紹介します。

 

今回の内容を読むことで

  • 一般的な英会話の学習方法
  • それぞれの学習法の良い点・悪い点

について知ることが出来ます。

ぜひ参考にしてみてください。

 

英会話の学習法まとめ【※アプリ以外のおすすめ学習方法も紹介】

①アプリを使った英会話の学習法

英語を耳で聞く練習を優先

アプリを使った英会話の学習では

英語を耳でしっかり聞く練習

を優先してやっていくといいです。

 

なぜなら、英会話では

相手が話していることを耳で聞き取れるようになる

ことも重要だからです。

 

またアプリであれば、空いた時間にサクッと使えるのも魅力。

特に英語を耳に慣れさせるなら、短い時間でも”毎日”出来る方が伸びますからね。

 

なのでアプリを通じて英会話の学習をするなら

聞き取れる英語を少しでも増やす

といった目的で、使っていくのがベストだと思います。

 

ディクテーションの練習がオススメ

聞く練習をするならディクテーションをオススメします。

(※聞こえる英文をそのまま書き取る練習のこと)

 

というのも、ディクテーションをすることで

  • 何回も英語を聞くことになる
  • 単語の一言一句を聞き取る訓練ができる
  • 細かい音まで拾う耳を養える

こういった英語力をつけることが出来るから。

 

ただ闇雲に聞き流しをするよりは、絶対に効果が出ます。

ぜひやってみることをオススメします!

 

アプリ学習は「ラクにリスニングの練習」ができる

アプリ学習の利点として

ラクにリスニングの練習ができる

私はこれがあると思います。

 

もちろん他の教材やサービスでも、リスニングの練習は出来るのですが...

 

  • 準備がめんどくさい(紙やペン、音声機器がいる)
  • 何回も聞くので、楽に聞き直せる方が良い
  • アプリだと操作がシンプル
  • 教材次第では、家でしかできない

 

こういったネックがある分、アプリ学習の強みを活かせます。

特に家でも外でも使えるのは大きいです。

 

②本を使った英会話の学習法

目的に応じた本を選ぶこと

本で英会話をする人は多いと思いますが

「目的に応じた・自分に合った本を選ぶ」

これは覚えておくといいですね。

 

「目的に応じた本」というのは、具体的に言うと

  • 旅行をしたい:旅行用の英会話本
  • 日常会話をしたい:日常表現の本
  • ビジネス会話をしたい:ビジネス会話用の本

こういうことです。

 

一方で「自分に合った本」というのは

  • 英語を始めて勉強:中学英語の参考書
  • マンガが好き:英訳されたマンガ
  • 物語を読みたい:Penguin Readers

こんなところでしょうか。

 

それぞれ自分の目的やレベルに合った本を選ぶことが大切です。

 

「音読」しながら勉強する

本で英会話の勉強をするとき

音読をしながら読む

これをオススメします。

 

というのも、音読をしながら読むことで

  • 英語の語順で理解する練習になる
  • 読んだ英文をイメージする練習になる
  • 音声があれば、シャドーイングの練習も可能

こういったメリットがあるからです。

 

特に英語が苦手だったり、初心者の方にはオススメの学習法です。

日本語と英語は、文の構成が逆なので...

 

英語の語順に慣れる

 

ためにも、やっておいて損はありません。

 

いろいろ手を出すのはNG

本で勉強するときにありがちですが

いろいろな本にあれこれ手を出す

これはあまりオススメしません。

 

新しい本に手を出すのであれば、ある程度その本の内容はやり込みましょう。

正直、あれこれ本に手を出すよりは1つに集中したほうが力は尽きます。

 

旅行用や日常会話の本は1つに絞っていくのがベスト。正直どれもそこまで大きな違いはないからです。一方でストーリーモノであれば、最低限、内容を把握した上で次の本に移ること。

 

③映画を使った学習法

内容を知ってる映画が○

映画で英会話の勉強をするのであれば

「自分が内容を知っている映画」

を最初は選ぶといいですね。

 

というのも、自分が知ってる内容のほうが

セリフに対応した英語がマッチしやすい

という利点があるからです。

 

もちろん知らない映画でやってもいいですが...

内容やセリフを別に把握しないといけませんからね(汗)

出来れば「過去に何回も見た」映画をチョイスするのがベストです!

 

日常表現を覚えることをメインに

映画を使った英会話の勉強は楽しいで非常におすすめですが...

「日常表現を覚えることをメインにする」

これは忘れないようにしましょう。

 

というのも、ついつい映画が好きなあまり

会話じゃあまり使わないような表現

まで覚えようとしがちになるからです。

 

あくまで「英会話」を目的とした勉強なので、まずは日常でよく使う表現を優先しましょう。

(※限定的な表現は、後でいくらでも学べますので!)

 

非日常系の映画はあまりオススメしません

また映画で英会話をする上で注意したいのは

非日常系の映画

で勉強をしてしまうことです。

 

理由はシンプルで...

  • セリフがやや限定的になりやすい
  • 日常で使える表現が少なくなりがち
  • 専門的な単語が多くなる傾向アリ

こういうパターンになりやすいから。

 

なのでまずは「日常で良く使われやすい表現」を押さえるために

  • 家族をテーマにしたもの
  • 日常をテーマにしたもの

などに絞っていくのがベストです。

 

④動画(Youtube)を使った学習法

アニメや洋楽を見る・聞くのがベスト

「アニメや洋楽を見る・聞く」

英会話を勉強するにはピッタリな方法です。

 

特にYouTubeであれば

  • 海外のアニメを気軽に見られる
  • 洋楽の種類も豊富
  • 字幕・歌詞付きでも学習可能

こういった利点があります。

 

私も英語の学習を「継続」させるために、まずは短めのアニメ(ミッキー)を見ていました。

短い話から見ることで、英語に少しずつ慣れることも出来るのでオススメですよ。

 

また洋楽であれば「好きな歌」を思わず口ずさむ習慣ができます。

何度も”口に出す”ことで、発音の練習にもなってお得です。

 

英語とイメージをリンクさせる学習を

アニメを含めた動画を見ながら勉強するなら

英語とそのイメージをリンクさせる

これを意識した学習をすると効果的です。

 

なぜなら、英語に限らず何かを覚えるときは「意味+イメージ」で覚えるほうが、記憶に残りやすいから。

 

動画を見ながら英語を勉強していれば

「この表現はこういう場面で使うんだな」

「文の意味とシーンがリンクして印象に残りやすい」

 

こんな感じで、無理やり「暗記」をすることなく、自然にスーッと頭に入ってきますよ。

 

疑問に思ったことを調べる使い方も○

YouTubeであれば

「疑問に思ったことを調べることも出来る」

こういった使い方もできてオススメです。

 

というのも、動画をメインにしたコンテンツが多いので

  • ~っていう意味の表現ってある?
  • ○○と■■の音の違いを知りたい
  • 発音の仕方を学びたい
  • 実際、▲▲はどういう音で聞こえるのか

音声が一緒にある分、リスニング関係の学習もはかどります。

 

YouTubeでの英会話学習は、いろんな英語力を鍛えるいい教材になると思いますよ。

(※見ながら・聞きながら口に出す練習も出来ますからね)

 

⑤オンライン(英会話)を使った学習法

英会話なら「話す練習」がたくさん出来る

英会話は「会話」がメインになるので

人と英語で話す練習がたくさんできる

これが大きなメリットになります。

 

単語や表現を勉強して、インプットするのは大事なことですが...

それを実際に表に出す場も必要ですからね。

 

手段はなんであれ、とにかく

「実際に人と会話をする機会を設ける」

これは必ず押さえておきましょう。

 

1対1で話すと、効果がさらにUP

英会話には「マンツーマン」と「集団」の2通りあります。

 

その中でも、特にオススメしたいのは

1対1で相手と話せる英会話サービスを選ぶ

これがオススメです。

 

理由はいたってシンプルで

  • 講師の先生を”独占”できる
  • 自分のペースで会話・学習ができる
  • 英語を話す機会が自然と増える

こういったメリットがあるからです。

 

集団だと逆に

  • 複数いるので、話す機会が減りやすい
  • 周りを気にしてうまく話せなくなる
  • 質問もしづらくなる

こういった不安や心配が予想されますからね。

 

英会話は「話す機会が多い」ほど、上達が早くなるのは確かです。

なので、効率的に英会話の力を上げるなら「マンツーマン」がオススメなんです。

 

手軽に「話す場を作る」意味でもオススメ

やはり英会話の勉強をする中で、最も感じるのは

「英語を実際に話す場面がまわりにない」

ということ。

 

知り合いや友達に英語を話せる人がいれば、問題ないのですが...

そういう人が実際に多くないのが現実だと思います。

 

ですから、英会話を習って自分から「話す場を作りに行く」のは大切なことです。

一人で2役やるという方法もありますが、やはり違う人のほうがリアル感ありますからね。

 

今はスクールじゃなくても、ネットで手軽に「オンライン英会話」も出来る時代です。

価格もかなり安いので、料金面を気にしてなかなか通えない人にもピッタリかと。

 

「安い上に質がいい英会話サービスを知りたい!」

という人は、【100円台も】安いオンライン英会話10選!話し放題のサービスは?の記事を参考にしてみてくださいね。

 

【まとめ】英会話の学習法はさまざま!自分に合った学習法を選ぼう

今回の内容をまとめます。

 

  • 英会話学習はアプリ以外にも沢山ある
  • 学習の目的にあったものを選ぶのが重要
  • 会話の練習は「1対1の英会話」が効率的

 

英会話の学習といっても、本当にいろんな学習方法があります。

 

なので

「どれが1番自分に合ってるか?続けやすいか?」

これを重要視してほしいですね。

 

自分がやってて楽しい方法で勉強したほうが、結果的にモチベUPに繋がるので。

また自分から進んで英語に触れるものでやるほうが、英語へのアレルギーも解消されますよ!

 

-英会話

Copyright© マナビッシュ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.