DMM英会話

DMM英会話の初心者指南【※おすすめ教材や効果的な使い方を解説】

投稿日:

「初心者向けにDMM英会話の使い方を教えて下さい」

 

と、思っているあなたに向けてここでは

DMM英会話の初心者指南をしていきます。

 

初心者レベルの人も始めやすい英会話ですが...

正しい使い方や教材選びは知っておいて損はないです。

 

ということで今回、ここでメインに話す内容は

  1. 初心者にオススメの教材と選び方
  2. DMM英会話の効果的な受け方
  3. おすすめの講師を選ぶコツ

この3点についてです。

 

ぜひ今後のDMM英会話を利用する上で参考にしてください。

 

ちなみに今回の内容を書いてる私はこんな感じ。
■TOEICスコア:650点
■英会話経験:あり(大学で専攻)
■英会話力:初心者~中級者の間

この辺の知識や経験も含めて紹介していきます。

 

【DMM英会話】初心者にオススメの教材と選び方

個人的に初心者にオススメしたい教材は

  1. Conversation
  2. Side by Side
  3. 瞬間英作文

この3つです。

 

それぞれの特徴や、オススメの理由を紹介していきます。

 

①Conversation【※超初心者向き】

「Conversation」の特徴を一言で言えば

あるテーマについて表現する練習をする

という教材です。

 

こちらを初心者にオススメする理由は3つあります。

  1. 「日常向け」のテーマが多い
  2. 説明文に「日本語」が載っている
  3. テーマ自体の数も豊富である

 

初心者の人はまず「自分に関する」表現から。

その後は、道を尋ねる、外食、物を買うなど、より生活を想定した表現を学べます。

 

またあるテーマについて「議論」するトピックもあるので、自分の意見をいう練習も出来ておすすめです。

 

②Side by Side【※初心者~中級者向き】

「side by side」の特徴を一言でいうと

文法の学習をしたい・やり直したい

という人向けの教材です。

 

こちらをオススメする理由は3つ。

  1. 文法のおさらいがしやすい
  2. イラストが多く、取っ付き易い
  3. 「表現+イメージ」がくっつきやすい

 

初心者にオススメでですが、英語の初学者にもおすすめです。

全体的に「絵が多い」ので、文法の勉強といっても、そこまで固い内容じゃないのがいいです。

 

子供はもちろん、大人が使っても全く問題がない教材だと思いますよ。

 

③瞬間英作文【※言いたい英語が出てこない人向き】

「瞬間英作文」の特徴を一言でいうと

日本語→英語の表現に直す練習をしたい

という人向けの教材です。

 

「言いたいことが英語でスッと出てこないです」

という人がよく利用している参考書でもあります。

 

こちらをオススメする理由は3つ。

  1. 簡単な英語でカンタンな表現を作れる
  2. 英語で言う練習がたくさん出来る
  3. 難しい単語が必要ないので、始めやすい

 

目安として「中学レベルの英語」があれば、始められる点がいいですね。

また、英会話あるあるの「言いたいことが英語で出てこない...」を克服するにも向いてます。

 

レッスン外でも自分で学習していける点も魅力的な1冊かと思います。

 

【選び方】自分が理解できる内容を選ぶと○

DMM英会話は他にも、たくさんの教材がありますが...

 

個人的に大切だと思うのは

自分が内容を見たときに理解ができる教材

を選ぶことです。

 

というのも、初心者といっても色んな人がいるからです。

英語を初めて学ぶ人も、中学英語を忘れた人、英会話が初めての人

どれも言い方の問題で「初心者」と言っても間違いではないので。

 

レッスン前に内容はチェックできるので、自分にレベルに合った教材を選ぶようにしましょう。

 

【DMM英会話】効果的な受け方

教材選びの次に押さえたいのは

英会話レッスンの効果的な受け方

ここも大事です。

 

中でも重要だと思うのは

  1. 発音・文法の指摘は積極的に受けること
  2. 予習・復習は必ずやること
  3. 資格系の勉強も出来れば取り入れる

この3点です。

 

理由を含めて順番に見ていきます。

 

①「発音・文法の指摘」は積極的に受けるべき

1つ目は

発音や文法の指摘は積極的に受ける

ということです。

 

理由はシンプルで

  • 文法:間違った意味で伝わる場合がある
  • 発音:正しい音が出せないと、違う意味で伝わる

こういうことが起きるからです。

 

こんな感じで、自分では気づけないところまでしっかり訂正してもらえます。

「知っている=話せる」わけではないので...

相手から文法や発音の訂正はしっかり受けるのがいいですよ。

 

②予習・復習は必ずやること

2つ目は

レッスンの予習・復習は必ずやるようにする

ということ。

 

というのも

  1. レッスン時間が限られている
  2. 他の言語だと更に忘れやすい
  3. 見る回数を増やすほうが頭に残る

こういった理由があるからです。

 

特に復習に関しては、出来れば徹底的にやるのが理想です。

少なくとも、日常で使うような表現であれば「いつでも表現が出てくる」くらいがちょうど良かったりします。

 

③「資格系」の勉強を視野に入れる【※人による】

3つ目は

資格系の勉強を取り入れて学習する

ということ。

 

これをオススメする理由は

英語学習のモチベーションをキープするため

これに尽きるのですが...もっと具体的なことを言うと

 

  • 努力が「数字」として表れる
  • 中には「話す力」を試す資格もある
  • 数値以外だと、成長の度合いが測りにくい

こういった要因があるからです。

 

もちろん、無理に取り入れる必要はありませんが、もしも

「何か自分の成長が分かるものが欲しい...」

ということであればオススメしたいです。

 

【DMM英会話】おすすめの講師を選ぶコツ

初心者向けに「オススメの講師を選ぶコツ」も紹介します。

 

コツは大まかに3つあります。

  1. 講師の「評価・コメント」をチェックする
  2. 「日本語OK」を条件に入れて探す
  3. 「共通の趣味・好きな分野」を持った講師を選ぶ

それぞれのメリットについて解説していきます。

 

①講師の「評価・コメント」をチェック

まずは

講師の評価やコメントをチェックする

という方法です。

 

これをやるメリットは

当たりの先生を比較的選びやすいこと

これに尽きるかと思います。

 

どうせ受けるなら、良い先生と楽しいレッスンをしたいですからね。

「学習のモチベを上げる」意味でも、この講師選びは重要視するべきです。

 

具体的には

  • お気に入りされている数
  • 利用者からのコメント
  • レッスン中の雰囲気

この辺を参考に決めるのが良いかと思います。

 

②「日本語OK」を条件に入れて探す

2つ目は

日本語OKを条件にして先生を探す

という方法です。

 

まだ英会話に慣れない初心者の方にはオススメです。

 

理由は言うまでもなく

もしもの時、日本語で対応をしてもらえるから

正直、ここは甘えちゃって良いと思います。

 

受ける側も安心して受けたほうが、余計な心配をしなくて済みますからね。

英語が分からなくて、聞きたいことが聞けないことを防ぐ意味でもオススメです。

 

③「共通の趣味・好きな分野」を持った講師を選ぶ

3つ目は

共通の趣味・好きな分野を持った先生を選ぶ

という方法です。

 

これは言うまでもなく

  • 会話が盛り上がる(特にフリートーク)
  • 英語を意欲的に話すきっかけになる

この2つが大きいです。

 

特にフリートークの時であれば、より自然な雰囲気で会話をしますよね。

レッスンの枠を外れて「言いたいことを話し合う」場になるので、本当の意味で英会話力を上げる機会にもなります。

 

ある程度、英会話に慣れてきたらその辺も意識して、先生を選ぶと良いです。

 

【まとめ】初心者だからこそ「効果的な受け方」をよく知っておこう

今回の内容をまとめます。

 

  • 教材は「自分に合った」レベルの物を選ぶ
  • 文法や発音の指導もあると○
  • 予習・復習にも時間をしっかり使うこと
  • 講師選びは「学習のモチベ」にも影響します

 

DMM英会話は、教材や講師のボリュームが豊富なサービスです。

初心者の方が、英語力を上げるにはピッタリな環境が用意されてます。

 

一方で「効果的な受け方」も英会話の学習では大切です。

今回紹介したのは、あくまで1つの例ですが、もちろん自分に合ったものがあればそちらを取り入れましょう。

 

優先するのは「自分が続けやすい学習スタイル」なので、うまくそれを見つけてもらえればと思います!

 

-DMM英会話

Copyright© マナビッシュ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.