ディズニー英語システム(DWE)

ディズニー英語システムで効果を出す秘訣は?挫折者に多い特徴も解説

投稿日:

「ディズニー英語システムって本当に効果あるの?」

こんな疑問や不安を持つ人、結構多いのではないでしょうか?

価格が価格なだけに「買ったのに、全然効果出ないじゃん!」ってなりたくはないですからね...

そこでここでは「ディズニー英語システムで効果を出す秘訣って何なのか?」について触れていきます!

またそれに合わせて「挫折者に共通する特徴って何?」ということも紹介しますので、参考にしてもらえればと思います。

ディズニー英語システムで効果を出す秘訣は?

①親が子供の英語学習に協力的

「親が子供の英語学習に協力的!」というのは、効果を出す上で必要不可欠ですね!

というのも、どれだけ良い教材を子供のために買っても、子供だけでは学習出来ないからです。

  • 「子供に対して英語でいろいろ質問する」
  • 「空いた時間は、なるべく親も絵本やおもちゃ遊びに付き合う」
  • 「なるべく”日本語”に触れさせない」

など、しっかりと子供が「英語に集中出来る」ように親がいろいろ考えてあげることが大切になってきます。

②生活を”英語漬け”にする習慣に変えている

「今までの生活を”英語一色”になるべく変える」ことも、効果を上げるには大事なことです。

ディズニー英語システムは”幼児向け”の英語教材なので、「第1言語を英語にする」ことを目的としています!

なので、普段の生活にあるあらゆるモノ・コトを「日本語→英語」にシフトしなくてはいけません。

  • 「寝る前にディズニー英語のCDを聞かせる」
  • 「外出中も、子供との会話は英語で話しかける」
  • 「英語で子供に質問し、英語で答えさせる」

いわゆる「英語脳」にするために、生活のスタイルを子供のために変えていくのです。

③イベントや通話サービスといった”特典”をフル活用

ディズニー英語システムでは教材以外にも

  • DWEが主催する多数のイベント
  • ネイティブ先生との通話レッスン
  • スタッフからのサポート体制

といった様々な特典を受けることが出来ます。

イベントや電話では、子供が英語を話せる機会が設けられているので、アウトプットの場としては最適です。

(イベントは同じような子が集まるので、会話も自然と英語で話すことになりますよね)

通話も電話越しで話しますから、ひたすら英語を話す練習に集中出来ます。

教材だけでなく、しっかりと特典をフル活用していくのも効果を最大限にする秘訣だと思いますね!

④親が英語を話せる・好きである

「親が英語をある程度話せる・好きである」ことは、かなり理想になってきます!

というのも、親が英語を話せるのであれば「教材+親」から英語を浴びる生活が出来るからです。

普段の会話も全部、英語を通じて話せればそれだけ身につくスピードも早くなるのは当然ですよね!

公式サイトでも「2000時間」英語に触れることをおすすめしていますが、親が普段から話しかけてあげれば教材と合わせより効果が期待出来るんです。

私たちも無意識に親から日本語に触れているので、比較的早いスピードで日本語を理解して話せるようになります。これは英語も同じ。1日に数時間、英語に触れることで自然と身についてきます。

⑤ワールドファミリークラブ(WFC)に加入している

実は③の特典はすべて「ワールドファミリークラブ(WFC)」に入ることで受けられます!

参加は誰でも出来るわけではなく「正規の手順で教材を購入した人」だけが入ることが出来るもの。

参加するメリットは多く、中でも「イベント」「通話」を通して、子供が自ら英語を話す機会を得られるのは大きいです。

もちろんそれ以外にも「教材の故障対応」だったり、「使い方が分からない時に聞けるサポート制度」などもコミュニティに参加する利点でしょう!

やはり色んな教材を使っていると「この使い方で合ってるのかな?」と不安になることは出てくるもの。そうなった時にすぐ質問できる体制があるのは助かりますね~。]

その一方で、ディズニー英語システムを使って”挫折する人”にはどんな特徴があるのでしょう?

ディズニー英語システムの挫折者に多い特徴って?

①続けられない・途中で飽きてしまう

これは「子供・親ともに起こりうる」ことだと思います・・・。

  • 「子供が途中でディズニーに興味を持たなくなってきた...」
  • 「親が英語に対して苦手意識を持っていた...」
  • 「月々の支払いが家計に響いてくる...」

理由は様々ありますが、ふとしたことで継続できないケースは多いです。

子供もやはり好き嫌いはありますし、ちょっとしたきっかけで興味が移ることは自然なことだと思います。

また親が英語に苦手意識があれば、当然長く続けるのは不可能です・・・。

さらには何とか教材を購入しても、分割払いであれば「教材費+会費+その他」など、お金の面で悩みが出てくるのも不思議ではないですよね。

②”英語漬け”の生活に変えられない

「常に英語ばかりの生活はちょっと...」という人も挫折だったり、後悔しやすくなると思います。

やはり他の学習と違って「言語」を覚えるわけなので・・・

  • CDの歌を聞く時間を必ず確保する
  • DVDを見る習慣も作っていく
  • 空いた時間はおもちゃで遊ばせる

など、ちょっとした時間を使って教材に触れさせる意識は持っておいたほうがいいですね。

「たまには普通のTV見たいよ・・・」

「見たいドラマがあるから、そっちも手放せない・・・」

といった方は、あらかじめ家族間でルールを決めておくとトラブルにならなくて済むと思いますよ!

③教材だけで英語が上手くなると思っていた

「高額な教材だったから、使っていれば自然と上手くなると思ってた...」

こういう人も、挫折しやすいというか効果はあまり望めないと思います・・・。

これもやはり「語学と他の学習を同じように考えている」からこそ陥りやすい挫折ですね。

  • 「教材は最低限、使い込んで英語に触れていく」
  • 「覚えた言葉は、親やイベントなどを通じて話す練習をする」
  • 「なるべく”言葉を外に出す”チャンスを用意する」

言ってしまえば「日本語を子供に教える要領でやっていく」ことが出来れば、しっかりと効果は期待できると思います。

(なぜなら、日本語を教えるのにわざわざ”高額な教材”を使って教える家庭はないですからね!)

なので、教材だけでなく、いろんなモノを有効活用して学習させていきましょう。

④始める時期が少し遅かった

まずこのグラフを御覧ください!

実は子供には「ゴールデンエイジ(0~3歳)」という歳があります。

簡単に言えば「この間であれば、どんな言語にも対応出来るよ~」というもの。

私たちは当然、生まれたときから日本にいたので、日本語を集中的に覚えることが出来ました!

では「日本にいるけど、英語に多く触れる環境にいたら?」

答えはもちろん”英語も日本語も覚える子”になります。

ちなみに「幼児で英語を習得」その後に「日本語も学習させると脳みそが混乱しないの?」という人もいるかもしれませんが問題ないです!どうも英語と日本語を使う部位が異なることが研究では明らかになっているとのこと。→『日本語と英語が混乱しない理由』

⑤ほどほどの英語力でいいと考えている

言い換えれば「英語教育にあまり本気ではない」とも言えますが・・・

こういう方も効果はあまり実感出来ない可能性があります。

もちろん、学校の試験のための英語や資格などであれば、わざわざディズニー英語を買う必要はありません!

(本屋に行けば、すでに英検やTOEIC対策の教材は山ほど売られていますから)

また、もしも途中で「英語をもっと学びたい!」となっても、英会話教室に通う方法もありますので!

【まとめ】ちゃんとした効果を得るには、子供の環境や親の意識もかなり重要!

ここまで「ディズニー英語システムで効果を出す秘訣」「挫折しやすい特徴」について紹介しました。

ディズニー英語システムは確かに高額ですが、それでも「あくまで高い教材」なだけです。

魔法のように、勝手に英語がペラペラになる教材ではないことはしっかり覚えておくべきです!

(ディズニーはランドは魔法の国ですけどネ)

教材だけに頼るのではなく

  • 家族の意識や、親も一緒になって学ぶ姿勢
  • 子供が学習したくなる環境作り
  • 積極的に、英語で話せる場を提供する

といった「家族みんなで英語を学んでいこう!」という意識は、教材以上に重要だと考えます。

間違っても「自然に英語が身につく魔法の教材」という勘違いはしてはいけませんよ!

-ディズニー英語システム(DWE)

Copyright© マナビッシュ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.